ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

結局、Androidの画面割れにはマウスが最高だった件

August 18 2016

嫁さんのXPERIA J1 Compactの画面が割れました。
自分もUL使用時代には3回ぐらい画面割ってきてるので、
リカバリーは容易いと思い、引き受けてみたのですが
なんと開発者モードにするのを忘れていたために、Android Controlは使用不可。
画面割れているのでビルド番号タップ出来ませんw
いや、もしかしたらなんぞ方法あるんかもしれませんけども。

PCからAndroid端末をコントロールしてデータを救い出す方法

そしてrootも取ってないが故にパターンロックも解除出来ません。
さあ、これはお手上げって思ったんですけども、自分の書いた記事を読んでいて
「画面が割れてて操作ができないだけなら、USB変換コードでマウスを繋げば
それで操作が出来るのだけど、画面が点灯しないからそれも無理。」というのを発見。

そうか。そういえば持ってなかったねUSB変換ケーブル。

というわけでプライム対応のこいつを購入。

手持ちのワイヤレスマウスを繋いでみるとあっさりと動作。
マウスポインタがスマホの画面上に現れて、パソコンの様に扱えるように。

・・・・・・今まで苦労して色んなアプリでやってきたのがアホみたいなぐらいに
簡単にロック解除も出来るし、データ救出も簡単でありました・・・

Androidスマホを使ってる人はこのケーブルは絶対に持っていた方がいいかもです。
もっと早くこいつを買っておけばよかったよ・・・

Quick Charger 3.0対応のシガーソケット充電器を購入・使用してみました

August 16 2016

Xperia X Perfomance(SOV33)にしてから、ちょいと不満げな事がありまして。
それは今まで使ってたモバイルバッテリー、そして車内のシガーソケットでの充電が
やたら遅くなった、という事。

ようやくモバイルブースターを購入 – Astro M2 7800mAh

今使っているのがこのAstro M2 7800mAh。
こいつで充電するとたまに増えもせず減りもせずという状況になる時が多いんですな。
恐らく端末温度との兼ね合いもあるんでしょうけども、端末を使いながらの
充電だともう絶望的な状況になることが多いので、充電中は放置するしかないのです。

XPERIA X PerformanceはQuick Charger 2.0対応なので、このAnkerのモバブーの場合
PowerCore+というシリーズがQC2.0に対応しております。

価格もそれなりにこなれており、こいつを買おうかなとも思ったんですが
ソレより前にまずは車内のシガーソケットを買ってみようって事でこいつをまず購入。

2016-08-17 13.05.16

届きました。

2016-08-17 13.24.33

今まで使っていたのはAmazonの2A対応の奴ですが、とりあえずこれを試してみました。

ampe

Androidの電圧測定では定番の「Ampere」で測定してみた結果、新ソケットチャージャーは
1840mAという出力を確保してくれております。
ちなみにUSBケーブルはどちらも同じ物を使いました。
PLANEX製のデータと充電のスイッチが付いてるやつです。

6%のバッテリー残量から55%まで45分程度という、個人的にはとても満足出来る早さに。

今まで見たことない急角度での充電量の上昇

今まで見たことない急角度での充電量の上昇

さて、このQuick Charger2.0という規格ですが詳しくはこちらに
車に関するとソケット→ソケット充電器→バッテリー→スマホという流れになるので
ケーブルの質などももしかしたら関わってくるのかも知れませんが、
今回の結果には個人的には満足なので、それを検証することはしないでおきます(笑)

さあ、次はモバイルバッテリーをどうするか、やなあ。
何度か外出してみて「これは困った」となると買おうという気になるんでしょうけども
長距離電車移動でもない限り、困る場面がなさそうなんですよねこれがまた。

« Dec 2017 January 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31