ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

自撮りがいつまでも苦手な理由

July 07 2016

XPERIA X Performance(SOV33)に機種変更してカメラ性能が大幅にアップした。
なんせ前機種がXPERIA UL(SOL22)だったもんで格段の進化には違いないけど
おまかせプレミアムモードに料理も入ったのが地味に嬉しい。

2016-07-07 17.29.08

これはナスビのエスニック風揚げ物(レシピはこちら)ですが
明らかに発色が良くなっていてとても美味しそうに見えます。

そしてフロントカメラの画素数が1320万画素という
SOL22の31万画素から格段のスペックアップ。

とは言え、自撮りなんてスマホにしてからはほぼ使った事がない。
試しに起動してみた。
液晶に映る自分の顔など、もはや吐き気しかしねえ。
1320万画素なんていうスペックにはもったいない顔面スペックである。
地デジ非対応フェイスとも言うべきか。
そういや、上からかざすとよく見えるってなんかで読んだのでかざしてみる。
・・・・・・その行為を客観的にイマジンする。
そして僕は途方に暮れてカメラをそっと閉じる。

instagramやFacebookに飛びかう自撮りの数々。
その中に自分の物を放り込んでいくのは年齢的にも非常にキビシー。
いや、問題は年齢だけではない気もするが。

自撮りが苦手な理由。
それは自分一人で試行錯誤して「ああでもないこうでもない」と
数度のテイクを重ねた事を悟られる事なのかもしれない。
ステージやってる時はそれなりに見える自負はあるが
スマホを手にしているモードの普段の45のおっさんなど誰が見たいと思うのだろうか。

その葛藤を越えた先に自分も自撮りリア充の仲間入り出来るのかも知れぬ。
圧倒的性能のフロントカメラを搭載したスマホを手に
僕は様々な所に出かけていくだろう。
そいつが映し出す自分の顔を受け入れるのには自意識との葛藤、そして
「ああはなりたくねえ」という数々のサンプルを振り払う必要があるな。

そういえばARエフェクトってのが今回から内蔵されてる。
撮影する際に様々なレイヤーをリアルタイムで合成出来る機能だ。

2016-07-06-13.38

なるほど。

ボケが必要なんですよ結局。カメラ性能自体もコンテンツ自体もねw

| Posted in Android・iPhone関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Nov 2017 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31