ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Instagramの「SuperZoom」の音が出ない問題を解消する(Android版)

May 28 2018

インスタね。
一応非公開アカウントでけっこう前から使ってはいますが、あらゆる宣伝に向いてるのかは正直疑問。
エロを廃除した健全世界が建前である以上、おっさん向けとしてはほぼ効果ないんじゃないだろうかと。
拡散機能も通知機能もないので、ごく限られた(というより元々知名度がある人間や店舗)ケースでないと集客には繋がらんわね。
元々のユーザーへのリピート狙い、という目的であれば有効な気はしますが。
ハッシュタグいっぱい付けて投稿してもスパム業者に収集されるだけな気しかしません。

画像のエフェクトを簡単に利用出来るからと使い出したのやけど、いつの間にか「キラキラ」なるネーミングでカテゴライズされた人達の承認欲求を満たす為の世界になってたのは驚きでしたね。
若さってのはそれだけで評価される、って事をいずれ年を取ってからしみじみと感じる様になる。
きっと必ず、だ。
その時には自撮りなんていう物はなんの輝きどころか腐臭しか残らなくなってる事にも気付くんだよ。
カメラを起動した時、なんかの弾みで反転されていてそこに映るなんの心構えもしてない自分を見た時、そのままスマホを壁に投げつけたくなるからね。

さてと。今回の本題はそのInstagramの機能である「SuperZoom」について。
この「SuperZoom」、4種類のプログラムされたオートズームに音楽が自動で付く動画を撮影出来る機能である。
これをなんで知ったのか、というと以下の動画がきっかけ。

家族全員でハマリにハマっている「仮面ライダービルド」のキャスト達のオフムービー集。
各キャストがInstagramなどで配信したムービーを集めた物。
これの中にInstagramの「SuperZoom」を利用した物がたくさん収録されているのを見た子供達が
「あれやりたい!」と言い出したのである(笑)

へええ、そんな機能あるんかとInstagramを起動して項目を探すとあったよ「SuperZoom」。
で、使ってみたんですけどね。

動画を撮影しても音が鳴らない問題が発生

確かにオートズームによる動画は撮影出来る。
しかし、音が鳴らないのである。
もしかして撮影時だけか?と思って再生してみても鳴らない。
動画に音声自体が録音されていないのである。

自分のスマホはXperia X Performance(SOV33)で確かにもう2年前の機種なのですわね。
「ああ、スペック不足なんかもねー。iPhoneアプリではちゃんと動くんやろねー」と
「アカンわ、お父さんの電話古いからちゃんと動けへんわ」で逃げようとしたけども
そんな理由で子供達は許してはくれませんわね・・・・

なので、原因究明の旅に出ることになったのだ。

再起動、キャッシュクリアなどなどを試すが解決せず。

アプリの調子が悪い時には?みたいなのにはまずは再起動。
そしてアプリのキャッシュクリア、そしてアプリの再インストールと。

しかし、これでも問題は解決せず。
相変わらず動画の音は出ない。

手持ちに古いiPhone(5S)があったので、それにもInstagramをインストールしてみたけども同じ状況。

ただ、問題の糸口として

  • 再インストールしてすぐは「SuperZoom」の項目自体がなかった事。
  • SuperZoomの項目がしばらくしたら出現したが、使おうとすると「接続を確認中」というダイアログが出た事。

という事は・・・・何かバックグラウンドでダウンロードをしてんのか?と。

キャッシュ内に「SuperZoom」の機能がある様子

アプリをもう一度再インストール。そして起動しないまま機内モードにしてみた。
この時点でキャッシュはゼロ。
「フィードをリフレッシュ出来ませんでした」というダイアログが出るも無視してカメラを起動。
「SuperZoom」に切り替えようとしても項目がない。

これで確信。
最初は最小の構成でアプリをダウンロードさせてインストールさせる。
そしてその後バックグラウンドで「キャッシュ」として追加機能をダウンロードしとるなこいつ。

機内モードのまま30分ぐらい放置しても「SuperZoom」は画面上に現れず。

機内モードを解除して、カメラの画面のまま数分放置するとひょっこりはんと「SuperZoom」の項目追加。
しかし、この時点で撮影をしても相変わらず音が鳴らなかった。
もう3分ほど放置を続行。
4つのモードの音が徐々に鳴る様になってくる。

全ての音が鳴る事を確認した上でキャッシュの容量を見てみると・・・・・

ユーザーデータ、キャッシュと共にダウンロード時に比べて150MB以上をバックグラウンドでダウンロードしている事が判明。

という事は「SuperZoomが使えない」という時にキャッシュ&データクリア、再インストールは「初期化を繰り返すだけで意味がない」というこっちゃね。

やり方のコツとしては、例えば「ビート」ならシャッターボタンを押しっぱなしにして15秒撮りきる→左上の×で消すを3度くらい繰り返すとだんだん音が鳴るようになってきます。
これを4つの各モードで繰り返していく、という感じ。
ただし、これはアプリを終了させるとどうやらまた戻ってしまう現象も確認したのでこの辺は改善してほしいですな。
通信を切ったローカル環境でも使える様な仕様にしてほしいもんやけど、アプリサイズの問題とかもあるんかね。

それにしてもバックグラウンドで150MBも追加機能をダウンロードしてるって、なんか時代を感じますね。
ISDNの時でもけっこう時間かかりまっせこれは(笑)

なのでAndroidでよく見る「再インストール」や「キャッシュクリア」ってのは、最近のアプリだとあんまり意味がないのかもね。
Android8からは「アプリキャッシュの一括削除」が出来なくなったのもこういう仕様のアプリが増えたからなのかなあ。

AndroidでInstagramのSuperZoomの音が鳴らない、という場合は参考までに。

| Posted in Android・iPhone関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2018 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31