ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

ダイハツタント(L350S)のO2センサーを交換する

September 18 2019

現在我が家には借り物のセカンドカーとしてタントがあります。
借りてる物とは言え、故障など起こればもちろん対応せねばなりません。

で、先日ですがオレンジのエンジン警告灯が点灯しまして。

エンジン警告灯が点灯した場合、たいていはセンサー類の異常ってのが大半。
アクセル踏み込んだ時のレスポンスが鈍いので燃焼系やろなーと思いつつ。
とりあえずはディーラーに持ち込んで、OBDでチェックしてもらうとやはりO2センサー異常との事。

見積出してもらったらコミコミで15000円弱だったので一旦持ち帰る(笑)
L350SはO2センサーは1つしか付いてないみたいなので、自分で交換する事にしました。

部品代は送料込みで2700円。

部品が届いたのでさっそく交換するんですが、バンパー外さないとスパナが入らないので
知人が働いてるガソリンスタンドのピットを使わせてもらう事にする。

バンパーは15個ぐらいのピンで留まってるんですが、この車、過去にバンパーを取り外した事があるのかかなりピンが欠落しておりました(笑)

バンパーを外すとO2センサーには簡単にアクセス出来ます。

22のスパナで取り外して付け替えるだけ。
Amazonで購入したO2センサーは社外品でしたが、ネジの所にはちゃんとグリスが塗ってあり交換も容易でした。

左側が今回購入したO2センサー。右側の物は白く焼けてしまっています。
センサー交換後、エンジンをかけて警告灯が消灯したのを確認して再度バンパーを付け直し。

気合入れたら自宅の駐車場でも出来ん事はない作業ですが、バンパーの取り外しの際は寝転ばないとダメなので、やはりリフトがある方が楽ですね。

ついでにエンジンオイルも交換して2時間ぐらいで作業完了。
帰り道、まるで別の車の様な加速度合いに、今回の作業の達成感をしみじみと噛みしめておりました(笑)

| Posted in 車関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Sep 2019 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31