ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 日々雑記

何男 ― 平成ライダー最後の劇場作品で仮面ノリダーに出会った日

このクソ暑い夏、もともと今日は日本海に海水浴でも行くべえかと言う予定だったのだけど、ちょいと皆さんバテ気味で100km以上往復ドライブ、プラス泳ぐという行為はしんどいんちゃうか、と。 まさに抜けるような夏の青空。 いつも人がいない海、海の家のない海で泳いでるのがデフォな我が家。 個人的に海水浴場に行くと水着のお姉ちゃん達が見れる、という楽しみもあったりするのですがそれらをさっ引いても「しんどいわ」という決断をしまして。 本日は月曜日。そっかイオンシネマは映画が安いぜ。 エアコンがバリバリ効いてる所で映画でも見るか、と出かけました。 我が家としては初の男女組に分かれて映画鑑賞という事になりました。 もはや小学校3年生になり、「12歳。」の漫画を読んでカレカノとかほざきだしている長女は「俺は魔王……(続きを読む)

夏休み ― 尾道上空をブルーインパルスが飛んだ日

子供達がそれぞれ小学校に入って初めての夏休み。 さすがに保育園時代と違ってか子供らが家にずっといる、という事は「メシの用意をしなければならぬ」という事。 自分が子供の頃だった頃には絶対にわからなかったこの感覚は、いかに自分の親がちゃんとしてくれてたかを教えてくれる。 毎年夏には瀬戸内海の海で泳ぐ、というのが我が家の定番ですが今年も7月25日から広島入り。 佐木島、大野浦海水浴場は例の如く誰もいない海。 きっとここはお盆のシーズンしか賑わう事はないのだろう。 ここから見える風景はまさに日本の海やなあ、といつ来てもそう思う。 例年は8月に入ってからここに来る事が多いのだけど、今年はなぜこんなに早く広島入りしたのか? それは尾道港開港記念式典でブルーインパルスが飛ぶ、という情報を入手したからなのだ……(続きを読む)

回想 ― 大分出張の際のホバークラフトの想い出

先日のライブの時に過去の仕事仲間が集まって昔話をしたからか色んな事を思い出す。 あの時もWeb日記は付けていたのだけれども、その時はCGIツール(ブログはまだなかった)で公開していたのでこのブログにインポートすることも出来ない。 しかし、ファイルは全て手元には置いてある。 その中でも強烈に思い出したのが大分出張の際に乗ったホバークラフトの事。 小さい頃から図鑑なんかで見ていてそういう乗り物があるとは知ってたけれど、実際に見る事はなかったんですな。 大分に出張した時は伊丹空港から大分空港に飛んだのだけど、その時にはまだ空港から大分市内まで移動用のホバークラフト路線があった。 国内唯一だったその路線は2009年を持って廃止されてしまい、今では国内に稼働しているホバークラフト路線はない。 確か1回……(続きを読む)

編集 ― ジャニーズのこれからとトシちゃんのこれから

巷の話題と言えば「You,やっちゃいなよ!」のジャニーさんが亡くなったお話。 87歳といえば大往生ですし、一代でいわば「帝国」を築き上げた功績はすごいなあと思います。 が、やはり自分の様な団塊ジュニア世代からすると、自分が子供の頃のジャニーズアイドルしか知らんわけで。 たのきんトリオから始まって、少年隊、光GENJI、そして一瞬だけ姿を見た覚えのある忍者とかも含めて、ギリギリSMAPぐらいまではなんとか把握している感じではあります。 きっと、嵐もV6も全員の名前は言えないでしょうし、まだ新しいグループが出てきているなんぞ驚き。 キンプリでしたっけね。キンクリ(キング・クリムゾン)じゃなくて。 たのきんのマッチはとっくに独立して車のレースばっかりやってるもんだと思ってました。 もちろん元々興味……(続きを読む)

観戦 ― ようやくパナソニックスタジアムでガンバ戦を見た日

サッカーとの接点といえば今やウイイレのみ(しかも最新データではない)という日常。 子供らもサッカー教室に行ってた時期がありましたが、ケツ割りましてね(笑) パナスタの横にあるEXPOCITYにはしょっちゅう買い物に行ってるんですが、未だに行けないまま。 しかし、本日は市民デーって事で子供は無料招待。 子供らもウイイレやってるしサッカーを90分見るのは退屈ではなかろう、と行ってきました。 本日は清水エスパルス戦です。 天気はあいにくの雨。しかしパナスタは全ての座席に屋根がある、との事。 駐車場のチケットは前売り制という事で入手出来ず、近場の駅まで車で行ってそこからモノレールで。 そういえば前にガンバ戦見に来たのいつだったっけ、と検索すると2015年のリーベル戦の時。 最後になりそうな万博記念競……(続きを読む)

9歳 ― 9年目の誕生日に手にするカメラ

本日は娘の9歳の誕生日。 ああ、あれからもう9年も経つのかって感慨、そして自分はこの9年何をしていた?という落胆。 そんな気持ちが入り乱れてのちょいと複雑な娘の誕生日。 でも目の前の娘は本当に大きくなったな、と思う。 わがままなわけでもなく、弟の事もたまに「もう嫌い!!」って癇癪を起こしながらも宿題を見てやったりなかなか面倒見が良い様子だ。 危惧するのは「自分さえガマンすれば」みたいな考え方を基本に持ってしまう事かな。 前もってリサーチしていたプレゼントはさすがにもうおもちゃという感じではなく「カメラが欲しい」とのこと。 確かに携帯電話は持っているもののマモリーノなので写真を撮影する事が出来ない。 かといってチェキみたいなポラロイドカメラだとフィルムや現像などなどコストがかさむしなあ、と。 ……(続きを読む)

 

« Sep 2020 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31