ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 日々雑記

青空 ― 保育園最後の運動会

昨夜から降り続いてた雨で、本当は体育館で行われるはずだった保育園の運動会。 保護者達の申し出とお手伝いでいつも通り小学校の校庭で行われる事になりました。 仕事に行ってたのでお手伝いは出来なかったのですが、我が家にとっては最後の保育園の運動会。 雨上がりのせいか少し寒かったけれども、こうして青空の下で開催されたのでよかったです。 年長さんという事で、恒例のバルーンによるお遊戯、そして下級生を引率しての競技などなど、家では甘えまくってる長男には「ほんまに出来んのかいね」と心から思ってたんですが、親の心配を他所に全然問題なくこなしててびっくりしました。 いわゆる外ヅラが良い、という事なんでしょうけどもちょっと感動。 来年はもう小学校の運動会で長女と一緒、って事か。 長男は年少組の時から保育参加には……(続きを読む)

47回目の誕生日

ダウンタウンの浜ちゃんもそして泉谷しげるさんも本日はお誕生日。 僕もいよいよ47歳になりました。 すごいですね。よんじゅうななさい、というその響きが。 47っていわゆるリアルアラフィフですよね。 アラウンドなんちゃら、という例のアレの正しい計算方法に照らし合わせてもリアルアラフィフ。 いろんな所に白い物が目立つようになってきたのも苦笑いするしかありません。 自分が子供の頃に見てた47歳、そして成人した時になんとなく想像した47歳、 そして40を超えた時に想像した50代。 その全てがどれもこれも今47歳になった実感としてはどれもアテにならんかったのうと。 還暦まであと13年。たった13年やからね。 ギター弾くようになって30年以上経ってるからきっとそんなのはあっという間なんでしょうな。 その割……(続きを読む)

万博 ― 太陽の塔にようやく潜入した日

1971年生まれの自分にとってEXPO’70は憧れでありました。 そびえ立つ太陽の塔は自分にとってはエキスポランドに行った時に初めて目にしたもの。 そのエキスポランドも今はなく、万博記念公園に遊びにいった時に当時に思いを馳せながら妄想するだけ。 そういえば万博の映画みたいなんがあったんですよ。だいぶ前にCS放送で見ましたけども。 これがまたわけわからん内容でしてね(笑) 途中で見るのをくじけましたわ。 でもやっぱり憧れるわけですよ。人類の進歩と調和! 20世紀少年でも熱く語られてましたねそういえば。 その「太陽の塔」が3月からなんと、内部を一般公開するとの情報を入手。 3月に予約してようやく本日、太陽の塔に入れる日がやってきました! しかーし!!内部は撮影禁止って事でした。著作権の問題でしょ……(続きを読む)

注射 ― 荒ぶる5歳児とコマなしの自転車

5歳になった長男。本日は予防接種の日。 「絶対に行かない」と最初は口だけだったものの、いざ病院前に連れて行くと座り込んで抗議。 こうなるとわかっていたので予め一緒に行くことにしておいてよかった。 いざ病院の中に入ると靴を飛ばし、泣きわめき暴れてどうしようもない。 男手の自分が無理矢理羽交い締めにしてやっと注射を終わらせる。 注射自体はそんなに痛くなかったろうけども、「無理矢理連れてこられた」という事実そのものがどうやら大問題のようで。 帰りの車中からは飛び降りようとするわ、「もう死んでいなくなる」と叫びまくるわ大変。 こういうのを宥めながら「叱らない教育」ってのは出来ないタチなんですわね私。 アザ作るほど殴ったりとかはもちろんしませんけども、圧倒的な力の差と怖さってのはやっぱり示しておかない……(続きを読む)

時計 ― 小学2年、かけ算、5の倍数、一回りは60

小学2年に進級した長女。どうやら時計の読み方に戸惑っている様子。 30分後、とかの問題に首をかしげてしまってる様子。 時計ってそんな早くに習うもんやったかいね?と親は回想する。 5の倍数って感覚がないと時計の針は読めないのではないだろうかと。 てっきりかけ算を泣きながら覚えきった後での時計の登場やと思ってたので、そりゃ実物が手元にないと想像は出来んよなあ、と。 で、今はAmazonでなんでもありそうじゃないですか学習用時計ってのが。 手元の目覚まし時計とかでもいいんだけど、それでは直接手で針に触れる事が出来ないし裏の調整つまみでいちいち回してられない。 大事なのは、連動して動く関係上無理矢理短い針が動かせたら困る、という点。 長針との連動は何があってもきっちりと守られなければ意味がない。 子……(続きを読む)

余韻 ― 歯医者にて神経をゴリゴリと抜く

左下の親不知を抜いた、という記事を書いたのが3年前の夏。 そのすぐ前にあった歯にも穴が開いていて、その神経を抜かなきゃならないという事も知ってました。 が、その「神経を抜く」という治療が実はトラウマでしてね・・・ 過去、そのチマチマと何度も通うのがイヤになったのと毎回それなりに痛いのが面倒くさくて。 ラストバトル ― 最後に残った横向き親知らずを抜いた日 結局、この親不知を抜いた後も通院する事はしてなかったんですが、この歯がいよいよ痛み出しまして。 しかも、昨夜のライブ途中に。 歯が痛いってのはもうあきませんね。なんも考えれないという状況になりますし。 Vo,LISA嬢がたまたま持っていたロキソニンをもらってこの日は乗り切ったのですが、早速歯医者に予約を入れました。 受付の人に「えらい久しぶ……(続きを読む)

 

« Mar 2019 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30