ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 日々雑記

幼児とデジタルデバイスの付き合い方を考える。

娘もあっという間に1歳3ヶ月になりまして、ヨタヨタと家の中を走り回ってます。 「これはいやー!」などの自己主張もするようになり、 耳をつかんで「みんみー」、目を指さして「みんみー」と「め」と「み」の中間音を発するなど なかなか楽しませてくれております(笑) さて、彼女の最近のお気に入りは 僕のスマートフォン(Casio G’z One IS11CA)と妻のiPod Touch。 特に僕のスマートフォンで撮影した自分の動画を見るのが大好きで アンパンマンなんぞには目もくれません。常に自分大好き。 ギタリストとキーボーディストから産まれたもんですから 自分大好きナルシストな部分はあっても仕方ないとは思いますが これは多分に僕に似てしまったせいでしょう(泣) 動画の好みはさておいて、まず驚くのは ……(続きを読む)

愛猫が天に召されました。

僕が20歳の頃からずっと家族の一員だった愛猫が天に召されました。 気がつけば僕は40歳に、ヤツは20歳になってました。 ちょうど僕の人生の半分をヤツと費やした事になります。 猫にしては大往生だったと思います。 ただ、仕事で家を空けていた際に息を引き取ってたみたいで 長い間一緒に暮らした相棒の死に目に会えなかったのは残念です。 ヤツなりに気を遣ってくれたのかも知れませんが。 思えばヤツとの出会いは20歳の頃。 あこがれだけで1年住んだ神戸から大阪に引っ越してきたその夜、 当時、同棲していた彼女とご飯を食べに行こうと外に出た時に 家の前の線路沿いでミーミー鳴いていたのを見つけたのです。 片手に乗るぐらいの小さな子猫で、目やにで両目がふさがってた状態。 賃貸マンションに引っ越したその日だし、猫を飼……(続きを読む)

進化するバンドエイド。その名は「キズパワーパッド」

この間、夜中に自分のギターアンプを車に積み込もうと えっさほいさと暗闇の中を両手にアンプを抱えて歩いていた。 「あ、もうすぐ後部ハッチだ」と気を抜いた刹那、車止めに躓いてしまう。 アンプを地面に激突させるわけにはいかない。 左側に傾いていく自分の体を意識しながらそう考えていたのだが 左手の親指を車の後部にあるコンクリート壁に強打。 ちっぽけな音楽家魂で機材を守りきったものの・・・・ 左手親指からは鮮血がしたたり落ちていました。 見事に皮はえぐれ、なんか白いものも見えてました。 しかし今は夜中、病院も薬局も開いていない。 えらいこっちゃ、と家に飛び帰りネットで「切り傷 処置」と検索して見つけたのはこのページ。 擦り傷切り傷の治療方法、絆創膏の選び方 そこには今までの僕の常識にはない事が書かれて……(続きを読む)

80億円もの借金が何に使われたのだろう。

大王製紙といえば誰もが知ってる製紙メーカー。 ガソリンスタンドに勤務してた時代は「ズタボロの営業車」というので 個人的に強烈に覚えているこの会社。 なんとまあ、会長さんが80億円もの借金を子会社から吸い上げてたとか。 大王製紙会長が辞任 子会社から借金80億円、使途不明 大王製紙(愛媛県四国中央市)は16日、創業者の孫である井川意高(もとたか)会長(47)が7社以上の連結子会社から、総額約80億円を個人的に借り入れていたことが発覚し、経営トップとしての責任を取って同日付で辞任した、と発表した。井川氏は約30億円を返済したが、使途は「今は言えない」と話している。同社は今後、弁護士らでつくる特別調査委員会で実態解明を急ぐ。 個人的に「47で会長ってわけえな」とまず思いました。 僕自身、唯一のサラ……(続きを読む)

育児関連グッズまとめ(~1歳まで)

手探りとはいえ、いわゆる「人の親」となっている昨今なのであるが 最近、周りにおめでたニュースが相次いでいるので、たった1年ではありますが 「こいつあ、役に立ったぜ」と思えるグッズをここにまとめておこうかと。 誰かの役に立てば幸いであります。 最初にまず断っておきたいのが、僕は育児関連のサイトはほとんど見ません。 これはなぜかというと「相手は人間」という大前提があるから。 相手がWindows XPなら少なくとも各家庭での環境は同一なので 検索して出てくるトラブル解決はとても役に立つのですが 相手が人間である以上、どっかに書いてある事を色々鵜呑みにしてしまうと 非常に危険ではないか?という想いがあるからです。 ワクチン一つとってみても、積極派と慎重派が常にケンカに近い状態になっているので これ……(続きを読む)

吐き出される言葉の独自性

はてブされてたこの文章を読んだ。感想をざっと書いてみる。 博報堂を辞めました。 http://shimpe1.com/?p=84 23歳のブログ主がいわゆる「人生のターニングポイント」を迎えて 感情の赴くまま(と僕は感じた)に吐き出した文章でそれなりに読み応えがありました。 僕は広告物制作請負という仕事を生業としている以上、 「広告代理店」という所に所属する人間とはそれなりにやりとりはあったりするわけですが、 まあ本音を言うと「何を言いたいのかわからない人」がたまにいるなあ、と 漠然と感じていたりするわけです。 もちろん、仕事を受け持つフィールドが違うんでそれは仕方ない部分もありますけども。 実際のところ、代理店に入ってからは、相手のことをちゃんと見つめたコミュニケーションを忘れかけていまし……(続きを読む)

 

« Jul 2020 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31