ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 日々雑記

ゆっくりと暮れていく2017年

仕事からの帰り道、10時開店のケーキショップの前で開店を待つ。 大晦日ではあるけれど、今日は嫁さんの誕生日でもある。 いつも思う事だが、こんなバタバタした日に生まれたってどんな状況だったのだろう。 子供の頃から大晦日から正月三が日は家業の手伝いがデフォだった自分にとって、年末から大晦日がゆっくりと進行するってのはなんだか性に合わない。 かといって、どこかに演奏しにいくかって気ももう起きないけども(笑) 昼頃から眠りについて、16時前に目覚める。 子供達の夕食の希望はクリスマスと同じ手巻き寿司。 もうパーティーメニューとしては完全に定着してしまった感があるけども、用意するのが比較的楽なのでさっさと作ってしまう事にする。 汁物の替わりに年越しそばを。 そして、ささやかではあるけれどもバースデーケ……(続きを読む)

報酬 ― おてつだいとおこづかい

上の娘が小学校に入学してから「おこづかい」という物をどうしようか、という事がありまして。 小学校でやってた「おこづかいセミナー」なんてのにも参加したりもしました。 ジブラルタ生命さんの「おこづかい教育出前教室」に参加してきました そこで色々とお話を聞いた上で我が家が導入したのは 「お手伝いによる報酬のみの完全歩合制」というシステム。 もちろん賛否両論あるとは思いますが、天から降ってくるわけやないで、というのを叩き込んでおくのは決して悪くないって事かなというのもありましてね。 各おてつだいに単価設定して、それぞれ紙に貼りだしておいてお手伝い完了するとハンコを押す。 そして金曜の夜(いわゆる休み前)に精算するという週払い制。 全てをコンプリートした場合、毎週1000円が手に入る設定にしてあります……(続きを読む)

2017年弾き納めは姫路でした

本来は今日、高校の同級生達との忘年会に参加した後、Bar UNCHAINに移動してアコギで弾き納め、というスケジュールやったものの、1週間前に飛び込みでダブルキングカフェ姫路での仕事が舞い込んできました。 一般非公開の貸切パーティー内での演奏ですがキーボードレスの井関アニキとのツインギターて事らしく、この機会は逃してはならぬ、とそれぞれに連絡を入れて今回はこっちに参加する事にしました。 前回のこの編成はめっちゃ楽しかったもんですからw 10年以上ぶり、しかし初めての共演が叶った日 アニキを迎えに行って「今日のギターはどっち?」から始まる会話。 前回と違い「今日は赤い方(リアがシングルサイズハム)です」と告げると 「おっ、前とは逆やなw」という答えが。 前もってセットリストは決まってたので、割……(続きを読む)

寒空の下、芝生の上でサッカーを

長女が小学校に入学して初めての冬休みって事なので、23日以降はもうずっと家に子供らがいます。 嫁さんが午後イチまでは仕事に行ってるので、基本的にその時間の子守担当。 もちろんPC部屋で仕事しながらって事になりますが、ある程度ほっといても勝手に遊んでくれるのでだいぶ楽。 「なんかあったら呼びにおいで」と言うてはありますが、呼びに来たなと思ったら 「お父さん~(ゲームの)最後のボスだけ倒せないから倒して~」と友達レベルの頼られ方w 本日はサッカー教室の開催日。 いつもは学校から帰ってからの夕方からなのだが、今日はお昼から。 そして、いつもの公園とは違い芝生のフットサルコートで行われるらしい。 最初はよく泣いていた長男も最近ではだいぶと慣れてきたらしく、率先してボールを追っかけるようになりました。……(続きを読む)

散策 ― はじめてのミナミ散策と再上陸したTaco Bell

昨晩、整体に行く際に夕食を作って出て「帰って来てから食べるから先食べといて」と告げたものの、あっという間になくなってしまったらしく、帰って来てからうどんを食べるしかなかったという状況でして。 起きてみると、ああ、無性に肉などのおかずが食べたい。 冷蔵庫を見るとひき肉があったので、まだ暗い内からミートローフなんぞを作り出してしまう。 朝からなんとも濃いメニューではありますが、美味しかったのでヨシ。 今日は土曜日、そして先週の土日はインフルエンザ真っ最中でどこもお出かけ出来なかったチビ達。 これはどこかに行くしかない、との事で行く先はミナミの街を選びました。 そこには9月にオープンしたばかりのTaco Bellの道頓堀店があるから、というのと「龍が如く」で慣れ親しんだ道頓堀の街で買い食いするのも……(続きを読む)

夢想 ― 大阪で姉がいる生活とは?

熱で寝込んでる最中、ガバッと大人買いしたマンガをずっと読んでいました。 「大阪豆ゴハン」の時から大好きだったサラ・イネス(当時はサラ・イイネス)先生の「誰も寝てはならぬ」。 この先生の描く漫画は世に溢れる漫画の中で最も「大阪的ネイティブ」を表現している漫画と個人的には思っております。 セリフの間、応酬、おっさんおばはんの描写などなど他府県の方には「ホンマカイナ」と思われるかもですが、大阪に生まれ育った人にとっては、あまりにも日常に寄り添い過ぎてて違和感を抱くヒマもありません(笑) 「大阪豆ゴハン」ももちろん全巻保持したままですし、この「誰も寝てはならぬ」いつか読みたいと思ってましたが、お家にポンと届くお気軽さに釣られて買ってしまいました。 この「誰も寝てはならぬ」は東京の赤坂にあるデザイン事……(続きを読む)

 

« Feb 2019 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31