ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 日々雑記

解熱 ― 間に合うか間に合わないかの瀬戸際に初のコンビニおでん

微熱のまま夜中に仕事に出て、朝帰るとまだ微熱が。 本日中に熱が下がってくれないと明日の姫路へのドライブ、そして演奏に支障が。 今までのキャリアの中で急病でステージに穴を開けた事はないのでそれをなんとか守りたい。 と言う事でまた水飲んで風呂の繰り返しの1日を過ごす事に。 家族全員の体温アベレージが38℃という状況で家の中はめちゃめちゃである(笑) そりゃまともに機能してないからしゃーないけどね。 とりあえずまだ熱が下がらないし咳が止まらない長女を大きい病院に連れて行く。 百日咳やマイコプラズマ肺炎などを併発していたらエラい事。 診察の結果、特に異常はないって事で一安心でした。 ただ、食欲が戻らない長女は体力も戻らないからそれが心配。 回復のためにはとりあえず食べないと、って事で食べたい物を聞い……(続きを読む)

ただの風邪だった ― インフル・パンデミック

もう病院開いたらすぐに行こうと思ってたら長男も発熱という。 あらら、もうこれで全員ですやん。 どうせならと長男も一緒に診察を受ける事に。 病院について早速インフルエンザのチェックをしてもらうと意外にも二人とも陰性。 なんじゃいタダの風邪かいな。それなら食って寝たら治る!と少しは気が楽に。 でも、相変わらず寒気がするので風呂には入りまくる。 おかげで顔がスベスベになってます(笑) 処方してもらった薬にはあのピーエイ錠が。 この薬、副作用で音程が半音近く下がって聞こえたりするし過去めっちゃ気持ち悪かったので飲まない事にする。 こんな音程じゃねえよ! – 感冒薬の恐るべき副作用 土曜日には姫路でのライブもありますしね。 頓服でもらったアセトアミノフェンと抗生剤のマイシンだけを飲む事にしました。 昔……(続きを読む)

そして発熱する ― インフル・パンデミック

大丈夫や、思っててもカラダは正直なもんで。 なんとなく肌の感覚おかしいぞ?と思ってたら微熱が出てきてまして。 嫁さんも「状況証拠」って事でイナビルを吸入して寝込んでしまうという。 長女のクラスは見事に学級閉鎖に。 我が家はもうこれで監禁病棟みたいな状況になりつつある。 ただ、長男だけは一人元気。 もちろん保育園を休んでいるので家に閉じこもっているのは退屈な様子。 メディアサーバにため込んである様々なアニメを見せながらなんとか宥める。 悪寒がするので、何度も何度も熱い風呂につかる。 風呂の中にいる時が一番身体が楽。 こりゃあオレも医者に行った方が良いよなあ、と思ったので買い物がてら出かけてみると 水曜日は休診でした。 一気にこれで折れる心。 大量のゼリーとポカリスエット、そして雪見だいふくを買……(続きを読む)

インフル・パンデミック再び

昨日、熱があった長女は結局学校をお休み。 そのまま病院に連れて行くと、インフルエンザB型という事が判明。 イナビルを吸入して後は安静に。 さて、こうなるとこのまま次々に倒れていくのかなという不安がありつつも 案の定、嫁さんが「若干、肌感覚がおかしい」という予兆。 ああ、これはいかん。 寝る場所を色々考慮しなければならぬ。 結局、娘をリビングで布団を敷いて寝かし、嫁さんは寝室で1人。 今のところ感染の予兆はない僕と長男は仕事部屋で布団を敷いて寝るという事に。 今回、長男と一緒に寝るというのは実は初めて。 今までなら頑なに「お母さんと一緒じゃないとダメ」と言い張ってた長男は、今回の事情を飲み込んですんなりと「じゃあお父さんと一緒に寝る」という事に。 成長したもんだね、本当に。 絵本を持ってきて「……(続きを読む)

新道 ― 太秦映画村再訪問と新名神高速道路開通

この間めでたく結婚した義妹夫婦は現在大阪滞在中。 元々夜からは予定が入ってたのだけれども、せっかくやしみんなでどっか行こぜとの事。 オーストラリア生まれで初海外、しかも戦国時代ガチ勢(すでに刀を数本買ったらしい)の義弟のたっての希望で太秦映画村へ朝から遊びに行くことになりました。 昨年の9月にプリキュアショーを見に行って以来の訪問になります。 幸いによい天気に恵まれて散策には持ってこい。 義弟は映画関係の仕事(特殊効果などを担当)をしてるので、そりゃもうテンション高かった様子。 忍者ショーやチャンバラ指南なども見て古き時代の日本を心から楽しんでおりました。 長女はどうしても忍者のカッコをしたいらしく早速変身。 まったく隠密性もクソもないカラーリングのピンクの忍者。 どっからでも認識可能なこの……(続きを読む)

ボタン電池にまみれる日常の開始

ここ最近、家にやたらとボタン電池の備蓄が増えていく。 始まりといえば、友人に借りたエレアコの電池がCR2032だった事。 CR2032には意外と縁があるみたいで、我が家のクリップチューナーもそうだしよく考えればメインのエフェクターであるGT-8のメモリー保持用もそれ。 なので、これは大量にあっても別に良いかなと。 次は「腕時計の電池交換」 時よ再び動け ― 腕時計の電池交換にチャレンジしてみたの巻 この腕時計電池交換に費やした工具代は、自分でもアホかと思うぐらいの追加投資でした・・・ 時計 ― ハマらない裏蓋がようやくハマった日 こじあけ用の工具から、それこそ裏蓋閉め器などなど。 もう腕時計の電池交換を業務として開始出来るぐらいの品揃えになりました。 友人から「これも交換出来る?」との問い合……(続きを読む)

 

« Jun 2020 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31