ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 日々雑記

朝顔

久しぶりにこの夏は朝顔を植えた。 8年ほど前に植えたのだけど、間引きを怠ったせいか ベランダを覆い尽くすぐらいに伸びてしまって、枯れてからエラい目にあったので 今回は「プランター用につるがあまり伸びない」と書かれた種を入手。 チビらはそれなりにちゃんと水をやっていたのだけど 土を替えなかったせいなのか、それともそういう種類なのか・・・ 全くつるが伸びずに咲きました。 これには驚いた。 あまり伸びないどころか「つるなし朝顔」という種類だったみたいだ。 逆にちょっと寂しいなあ。 やっぱりつるが伸びてくれないと朝顔って感じがしない。 来年は普通の朝顔を植えよう。 朝顔の花言葉は「Love in Vain(はかない恋)」 なるほどね(笑) ロバート・ジョンソンのあの名曲を思い出すし この曲つながりで……(続きを読む)

水の中で君の名前を叫ぼう

またも市民プールに出かけた本日。 平日月曜日なれど夏休みに突入しているので家族連れは少ないが 小学生~中学生あたりのグループの比率が高い。 6年生前後の男子グループともなると、パワーが有り余っているせいか 監視員がピーピーと笛を吹いて怒鳴り散らしてもどこ吹く風で ビーチボールを友人に当てるべくプール外から放り込んだり 宙返りして飛び込むなどもうやりたい放題だ。 もちろん流れ弾がこちらに飛んでくる事もある。 その際はガッシリとボールをつかんで、しばらくそのボールを じっと見つめたまま動きを止めてみる。 まず120%の確立でグループ単位で沈黙する。 「う・・・・やべえぞあのおっさん・・・・」そんな空気が瞬時に流れ出す。 そして向こうからこちらを避けるようになる。 夏のプールで使えるちょっとしたT……(続きを読む)

五月山公園~猪名川ふるさと館へ

土曜日、少し早めに起きるとすでに「どっかに連れてけ」というオーラが。 「またカラオケ?」と聞いてみるとさすがにそうではないらしく 「どっか公園」という答えが返ってきたので、前から噂に聞いてた五月山公園へ。 昭和51年に作られたという野外ステージ。 あまり使われてなさそうな雰囲気ではあるけれど、大きさとしてはちょうど良い。 そういえば今年は1回だけ野外での演奏が入っているので楽しみ。 小さな動物園や遊具などなかなか設備が揃っているものの、水っ気がないもんで 昼過ぎにはすでにバテた感じのチビら。 なので「いこーよ」で近場の水遊びが出来る所を調べてみたら ここから11kmほど先に猪名川で水遊びが出来る所があるとの事。 車に乗りこんで移動を開始した瞬間、すぐに眠りに落ちるチビら二人。 猪名川町に行く……(続きを読む)

夏の日差し

梅雨も明け、セミの声が聞こえ始めると若干憂鬱になるのは毎年の事。 なんせ夏は苦手、だった。 しかし去年あたりからそれが少しずつ変化してきてるように思う。 今までは究極のインドア生活を満喫していた我が人生でありますが さすがに子供が生まれると、それを貫き通せるわけもなく 半ば渋々と出かけなければ、という気持ちで色々とトライしてきたわけです。 https://blog.g-fellows.com/days/2547/ 恐らくこの辺りからその意識は変化してきているように感じますな。 この時のいわば「ひとりプール」をきっかけに自分が少しだけ変われたのかも。 ああ、もう少しこれに気づくのが早ければ違った風景が見れたのかも知れない。 アニソン、そしてLISA&The Five Caratsの相棒……(続きを読む)

連休最終日 ― メニューの減った鳥貴族へ

本日は連休最終日。 参加しているバンドのライブ、しかも同級生テル氏の誕生日イベント。 夕方に京都入りしたのだけども、いつもの休日とは違って 歩いている人もかなり少ない。 京都ケントス前の風景。この人通りの少なさよ。 「今日のライブ、集客やばいんちゃうん」とテル氏と二人で言いながら機材を降ろし リハーサル、そして開演。 ところがテル氏の人望の厚さといいますか、お店はほぼ満席という状況で とても楽しく演奏が出来たのでした。 ライブ詳細はバンドブログにて。 さて、ライブが終わってからは久々に打ち上げに行こう、という事に。 以前はそれこそ月1度くらいはライブ後朝まで飲む、とかあったんだけども 子持ちメンバー(しかも大阪からの)がメンバーの半数を越えてしまった今、 さすがにそのペースではしんどいよね、……(続きを読む)

距離感と話題 ― 流れるプールにて

昨夜、姫路でのライブから帰ったのが午前4時過ぎ。 風呂に入る気力もなくそのまま寝てしまい、起きたのが昼過ぎ。 さて、本日は日曜日。チビらは遊びに行く気満々だ。 浮き輪をすでに装着した娘は「プール!」とすでに行く先を決定している。 水がまだ少し怖い息子はすでに行かない事をコミットしており この時点で娘と自分の二人行動が決定してしまった。 まあ、夕方までの3時間ほどプールで遊ぶのもよかろうと近所の市民プールへ向かう。 幸い直射日光もそんなになく、過ごしやすい天気だったので 滑り台やらなんやらで遊びまくる娘を監視目的でぼーっと眺めるという そんな午後の一時だったわけですが。 「あ!○○ちゃん!!」 遭遇する娘と同じクラスの仲良しの女の子。 もちろん一人で来ているはずもなく、向こうの親御さんもご一緒……(続きを読む)

 

« Nov 2019 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31