ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 音楽

12弦ギターのボディが盛り上がる、というのを初めて見た

この間、アコギのブリッジサドルを交換した、という記事を書きましたが 我が家にはもう1本アコギがあります。 Cat’s Eyesというブランドのもので調べてみると Tokaiが1980年頃に出したCE-350TWというモデルとの事。 このギターは結婚前、嫁さんの家に転がっていたもので 「気づけば家にあった。恐らく誰かが持ってきたのであろう。」との事。 まあ、せっかくの12弦だしあっても楽しかろう、と結婚後もそのまま家にあり 仕事部屋の片隅に放置しておったのですけれども、 前回のブリッジサドル交換に味をしめたせいか、こいつもリペアしてやろうと まずは色々とチェックしてみました。 まあ予想通り、弦高はめっちゃ高く普通に弾けるシロモノではありません。 ネックのトラスロッドが回るのならそれで修正すれば……(続きを読む)

8年ぶりに電車移動で楽しむ京都の夜、そして朝。

本日から二日間は祇園にあるライブハウス、「シュガーズ」のレギュラーバンド、 「パーム・スプリングス」にヘルプとして出演。 先日ここのギタリストがやめてしまったので、後任が見つかるまで 週に1,2回ほどしばらく出演する事になりました。 連日出演、という事は「荷物を置いて帰れるし翌日はセッティングいらず」って事。 なので久しぶりに電車移動して始発待ちしようじゃないか、と。 こうしてギター背負って荷物引きずって電車に乗るのは何年ぶりだろうと ぼんやりと考えてみると8年ぶりって事になるみたい。まだ独身でした。 (結婚するまでは車を所持していなかったので、電車しか選択肢がなかった。) 河原町に着いて、地下から地上にあがる時に思わずエレベーターを探してしまった事に 自分の加齢を感じずにいられませんでした……(続きを読む)

長男が無事に1歳に!そしてフラミンゴ・ジ・アルーシャに初出演

長男が無事に1歳を迎えたこの日。 大阪は桜川にあるライブハウス「フラミンゴ・ジ・アルーシャ」に出演でした。 ここは過去、ライブを見に来た事があったり、 友人の結婚パーティーで演奏したりした事があったんだけれども ちゃんとした「出演者」としてステージに立つのは初めてでした。 結婚パーティーで演奏した時は、ほんの数曲しか演奏しなかったので 正直、よくわからないままあっという間に終わってしまってたのですよね(笑) 今回は「出演者」なのでちゃんとサウンドチェックもあり。 ホーンセクションがいる関係上、ギターアンプは真横に置いてモニター代わりに。 そこにVT-1を置けるのでオペレーションは逆にやりやすかったです。 ライブハウスに据置のJC-120は大抵ズタボロでどうしようもない状態だったりしますが こ……(続きを読む)

今回のポールのライブを見に行けなかった理由

世間はポール・マッカートニーの来日で盛り上がっておりますね。 僕はもう死ぬほどビートルズが好きです。 中学の頃はビートルズしか聴いてなかったぐらいのハマリっぷりで 海賊盤や文献を買いあさってたぐらいの暗さ。 その時の総決算としてこんなサイトまで作ってたりするのですが そのビートルズの1/4であるポールのライブ。 散々迷ったのですが今回は見送りました。 理由は会場が京セラドームという音響の悪さには定評のある場所だった、 そしてビートルズ多めのセットリスト予想、の2つが理由です。 京セラドームでは何度かライブを見た事があるのですが どれもこれもよく考えてみると「そこに確かにいた」という記憶だけで 何が目の前で行われていたかなんてほぼ覚えてないのですよね。 あのステージの遠さ、そしてあのモワンモワ……(続きを読む)

ロックスミス2014が我が家に届きました。

先月にこのゲームの事を書いたのですけども、 Amazonのクーポンがけっこうあったので、ついポチってしまいました。 昨日、発売日だったのですけどもAmazonさんは今日届けてくれました。 どんなもんかいね、と早速PS3を起動してみることに。 リアルトーンケーブル、と名の付いた接続ケーブルは普通のシールドの先が USB端子になっている物で、これをプレステ3に接続。 とりあえず最初のコンフィグ画面では無事にギターを認識した様子。 最初にギターのヘッドの形状(片側にペグが3つか6つか)を聞いてきたのに「?」と 思いましたけども、チューナー画面に移行してから納得。 初心者用にペグを回す方向を指示するためなんですね。 そしてやはりレイテンシーはけっこうあるようで、 感覚的にはダブリング設定したディレイ……(続きを読む)

布袋モデル(TE-115HT)+EMG-SA、リハスタデビューする

先日、布袋モデルのリアのみをEMG-SAに積み替えた、というエントリーを書きましたが 本日ようやくスタジオで大音量で鳴らす事が出来ました。 もちろん利用する場面がとっても限られるギターではありますが 今回はBOØWYのコピバンなので堂々と持って行けるって事で(笑) ちなみに僕は俗に言う「ドンズバ」エフェクト機材には全く興味はありません。 あのMUS-Dのプログラムボードの音やせのすごさは使っていた当時から 知っておりましたし、今更あれを探してコンパクト揃える気力もないので 普段使っているGT-8にBOØWY専用のバンクを用意しております。 追加機材としてはGT-8にはSPX-90に入っているReverse Gateがないので、 YAMAHA EMP100をGT-8の後に繋いでいるのみです。 ……(続きを読む)

 

« May 2020 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30