ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 音楽

友人がCDをリリースしました。

もう長い事一緒にバンドをやっている光井さくら嬢がこの度CDを作りました。 (光井さくらのWebサイトはこちら) 今回レコーディングした曲は4曲で、いずれも彼女のライブではお馴染みの曲達。 とはいえ、今回は録音には一切参加はしておりませんが(笑) その代わりと言ってはなんですが、ジャケットデザインおよび業者とのやりとりを 主に担当させていただきました。 まあ、電脳販促物制作が主業務とはいえCDのデザインなんて初めてで 彼女と顔をつきあわせてあーでもないこーでもないと制作し そして業者さんに電話口で色々と教えていただき 請け負っといてなんですが、ええ勉強をさせてもらったと思います。 今回は1枚物の見開きなんですが、次回はブックレットとかにも挑戦したいですねえ。

The Fab Fourにエンターテイメントの極意を見た。

僕は1984年頃に急にビートルズにハマりだしまして、 お年玉握りしめて海賊版を買いあさってた様な暗い少年だったのですが 楽器を始めてからも「ビートルズはとてつもなく難しいものだ!」と思い込んで コピーしだしたのは実は30超えてからだったりします。 どの曲がどのアルバムに入ってるかなんて余裕。 自分が買った靴下をどこにしまったのかは忘れても オリジナルアルバムの曲順は忘れない。 公式録音曲213曲(アンソロジー時のリリース曲は除く)それぞれに想い出があるので それをヘタなコピー(もちろん自分の演奏も含む)で壊されてはたまりません。 昨日、Youtubeで何気なく見つけたこの動画。 海外のビートルズコピーバンド「The Fab Four」のライブ動画ですが ジョンやポールのMCのイントネーション……(続きを読む)

夜更けに今井美樹を語ってみる

僕は今井美樹というヴォーカリストが大好きである。 いや、大好き「だった」と言うべきか。 彼女のデビュー曲である「黄昏のモノローグ」を聞いた高校1年の時から すべての曲を追ってきたいわば「おっかけ」みたいなもんなのだ。 彼女の透明感あふれる声は日本女性の中では類い希なるものだと思うし 色んな物語を歌っても、どこか無感情というか 「語り部」としての立ち位置をキープしているために 泥臭さが全くなく、作家陣の良質な曲とミックスされた時に なんとも聞き心地の良いポップスに昇華するのである。 彼女が1988年に出したクリスマス企画アルバム「fiesta」は 1曲以外、全て洋楽のカバーという隠れた名盤なのだけど 「Feel Like Makin’ Love」とか「Superstar」などを完全……(続きを読む)

 

« Dec 2019 January 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31