ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 音楽

搾取されつづけるのは我々オジサン達~EMI!EMI!

先日、BOØWYの30周年という事で、 映像作品のBlu-rayボックスとCDの発売というニュースが発表されました。 BOØWYの未発表映像・音源含むBlu-ray BOXとBlu-spec CDが12/24発売決定 http://www.musicman-net.com/artist/20636.html 映像、音源どちらにも未発表音源が収録されているというこの小出しっぷり。 どちらもライブ音源なんですけども、やっぱり気になるのは 最初のライブアルバムである「GIGS – Just a Hero Tour」の完全版である 「“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986 NAKED」の発売でしょう。 まー、この「ネイキッド」という言い回しも今更・・・と思いますけども。 もともと「G……(続きを読む)

「ロック」という言葉の魔力の被害者

おととい、TogetterにてまとめられていたこのTweet。 「ロック人生とは?」〜ある中年バンドマンの苦渋の選択〜 http://togetter.com/li/375792 つぶやいた本人さんによるまとめで、あの「黄色い人」のキュレーションにも 目に止まったようでけっこう読んだ人も多いだろうと思います。 個人的にはこの方と同年代で、バンドを続ける難しさもよくわかるし 身体を壊す事でバンド活動に暗雲が立ち込めるさまもよくわかる。 しかし僕と根本的に違うのは 「ロック」という言葉に幻想を抱いてしまっていた、という事なのかも知れません。 まとめのタイトルや終盤のツイートに出てくる 「ロックとは生き様」という そういう捉え方はもはや僕はしていないのです。 僕は昔から何度もブログやツイートでも発……(続きを読む)

クライオ処理とかDCTとかをぼんやりと考える

仕事で愛用しているギターは主にストラトキャスター。 両方共フェンダージャパンの70000円ほどのモデルで、 ブリッジをチタン材質のものに換えたり、フレット打ち替え以外は大抵自分でやってます。 最近、トーンポット(買った時以来オリジナルのまま)がガリってきたので CTS製のものに交換してみたんですが、明らかに音がブライトになりました。 普段の演奏中、ほとんど触ることもないトーンポットですが、 フルテンの状態にもかかわらず音が変わる事を知ってしまいました。 そういえば、セレクタースイッチを交換する際に 配線材がなかったので、そこらへんに転がってたリード線で代用したりしたので もうこの際、配線も全部なんぞで統一してしまおうと思って ネットの海を漂ってみるとベルデンというメーカーのものがいいらしい。……(続きを読む)

1975年に想いをはせる。

iTunes上でビルボードの過去チャートを参考にして 1955年から1985年まで年代ごとのプレイリストを作って管理しているのだけど 今日、なんとなく選んだのは1975年のプレイリスト。 iPodをシャッフル再生にして、流れてくる曲を聞きながら 「ああ、これって1975年なのか」と再認識したりとか 取り込んだのに聴いた覚えのない曲があったりとかなかなか楽しい。 ブルース・スプリングスティーンの「Born to Run」や オーリアンズの「Dance with me」、10ccの「I’m not in Love」 ディスコ系ではシルバー・コンベンションの「Fly Robin Fly」など 普段よく聞いているナンバーが時系列で流れてくるのもなかなかおもしろい。 さて、この日本では一体どんな事が起……(続きを読む)

やりたい事、やらされる事。~シド・ヴィシャスの肖像

昨日、Youtubeでセックス・ピストルズのラストライヴを見つけた。 これは売り物として出ている物を丸ごとアップしてあるものだろうけど 僕は初めてこのライブを目にした。 1978年1月14日のサンフランシスコ、ウィンターランドでのライブ。 このライブを最後にVoのジョニー・ロットンはピストルズ脱退をつげ たった1年弱の活動でセックス・ピストルズは空中分解してしまう。 ドラムのポール・クックが懸命にバンドのビートを支えているが ギターのスティーヴ・ジョーンズのプレイは投げやりもいいとこで ベースのシド・ヴィシャスに至っては、ベースという楽器の役割すら果たしていない。 アンコールの「No Fun」を歌い終えた際のジョニーの寂しげな表情、 そして「Ha,Ha,Ha Ever Get the Fee……(続きを読む)

空の色で思い出したロンドン・コーリング

演奏の仕事で姫路に行った帰り、深夜という事もあって眠気が襲ってきた。 誰かを乗せて帰らないといけない場合とかはガムとかいっぱい噛んで ちょっと頑張って走ることも多いのだけど、 一人の場合、僕はすぐに脇に止めたりパーキングで眠るようにしている。 山陽自動車道の上り、三木サービスエリアに車を止め、シートを倒して目を閉じた。 あっという間に眠りに包まれて意識が遠のく。 一時間ほど眠った後、目が覚めた。 タバコ吸って、トイレに行って、さあ走ろうと思ったその時に空を見上げると なんともきれいなブルー。時計を見ると4時23分。 おそらくこの時間帯でしか見れないであろう特別な色。 ・・・・・・・なんとなくどっかで見た事があるなあと ぼんやりと考えてたら思い出した。 The Clashの「London Ca……(続きを読む)

 

« Jun 2019 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31