ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

1 / 212

Monthly Archives: July 2017

2017年のハーフタイム

ドアを開けると力尽きたセミが転がっている、そんな季節になりました。 ああ、死んじまったかと思いドアのカギを閉めていると急に蘇ってバタバタしだすセミにビビりながら家を出る。 明日から8月。ああ、今年も半分が過ぎて下半期に突入していく。 2017年は開始早々、様々な状況の変化を見せて自分の心の中のバランスが崩れつつある。 それをどこか他人の様な視点で眺めながら、黙々とやるべき事をこなしている感覚が続いている。 崩れたバランスはきっと自己を見つめ直すきっかけなのであろう。 やりたい事、やりたくない事、よかれと思ってやってた事が実は迷惑甚だしい事だったり、そんな事が頭を巡りながらもこうして半年が過ぎてしまったわけである。 これ以上なんもない、と思いながらもきっと今年はまだ何かある予感はしている。 そ……(続きを読む)

おいしいフォカッチャ ― サイゼリヤと婚活の関係とはいかに

バジルがベランダに生えているここ最近。 日常ではどうしてもイタリアンを作る事が増えます。 そんな時に降ってわいた「初デートでサイゼリヤはNGなのか」という議論。 そもそもはこのツイートが発端なんである。 婚活コンサル始めた頃に女性との初ランチデートは気軽なイタリアンが良いですよってアドバイスしたらサイゼリヤデート男子が大量発生したので、ファミレスはダメですよって言ったらカプリチョーザを判を押したように選び初めてぐぬぬ…ってなったのは苦い思い出。 — ひかりん@婚活コンサル (@hikarin22) July 22, 2017 イタリアン、という言葉から派生するものとしてサイゼリヤとカプリチョーザは「女性との初ランチ」にはNGと。 たしかにどっちも「ランチタイム」と考えたらごった返……(続きを読む)

心斎橋 ― 変わった風景、そして変わらない風景

本日は出来たばかりのお店、心斎橋ロックンルージュ(サイトはこちら)でライブでした。 ライブの模様はFAUN TIMEのサイトにて。 初・心斎橋!「Oldies Live」 at 心斎橋ロックンルージュ さて、心斎橋というかミナミの地をギター持って歩く、なんてどれぐらいだろう。 メインで使っている赤ストラトは今は亡き半地下の三木楽器で買ったので、こいつにとってはそれ以来の「凱旋帰国」みたいな感じなのかも知れない。 心斎橋ミューズホール、アメ村のAtrantiQs、サンホール、ネストサルーン、もう少し南に下った難波ロケッツや難波ベアーズなどなど色んなとこで演奏しましたがここ10年以上はミナミで演奏する事なんてなかったんじゃなかろうか。 リハーサルを終えて、本番までに時間があるので少しその辺りをフ……(続きを読む)

プチトマトが色づいてきましたよ

今年、がっつり取り組んでいるのがベランダでのプチ菜園。 ベランダでの家庭菜園、初の収穫 いつぞやの大雨でボッキリと枝が折れてしまったプチトマト。 ネットで調べたら「折れたとこをテープで巻くと再生する事もある」との事なんで、一生懸命テープで巻いて添え木をして・・・・ すると。 見事に復活してくれました! いやあ、生命力ってほんますごいなあ、と感動ですな。 日に日に赤くなってくるプチトマト。食べるのが楽しみです。 種を蒔いたり、苗木を買ってきたり、そして雨風や害虫を気にしながらの毎日。 鉄腕!DASH!!を見る目が変わりました(笑) もはや毎週録画して見ている勢いです。 日々の見えない積み重ねが形になって収穫に至る、ってこういう事やねんなあ。

エッケフェスティバルファイナルを見に行ってきました

家を出た瞬間、雨雲を引き連れて京都に入るみたいな形になりましたが、 京都シルバーウィングスに「エッケフェスティバルファイナル」を見に行ってきました。 過去所属していたアニソンバンド、Dynamite Explosionでエッケフェスティバルに参加した事がありまして、主催者のエッケ君とはその時から数回ライブで一緒になりました。 2回目のアニソンライブ、そして20数年ぶりの地元でのイベント出演 そして、今回のライブに参加していたコドモロジックさんのGt,Voののせさんはアニソンバンドで初めてライブをやったイベント「二次子二次雄」の元主催者! 初アニソンライブ無事に終了しました – 二次子二次雄 第十二話 そして、何度もご一緒させて頂いたマッスルランズオーケストラさんも出演、そして今回……(続きを読む)

夏、深夜、エアコンの作動音で思い出す日本の恐竜映画

ちょいと初めての案件に四苦八苦しながら夜中に作業をし続けているここ最近。 慣れているせいなのかやっぱり静かな深夜に作業時間は移っていく。 集中したいが為にBGMも全て切っているとエアコンのブーンという作動音だけが耳に残る。 そうすると、記憶がふっと過去に戻っていく。 自分の部屋、という物が手に入ったのは中学に入ったばかりの頃。 最近では自分の部屋にテレビ、なんてもう当たり前の事かもしれないし、それこそタブレットなどの端末でテレビなんて普通に見れるから珍しくも何ともないのかもだけど、当時はなかなか限られてた環境だったかも知れぬ。 その頃、シャープが出していたパソコン、X1(初代)を中古で手に入れていた僕は部屋でテレビを見れる環境にあった。 X1はテレビ画面とのスーパーインポーズがひとつのウリだ……(続きを読む)

造形授業28時間目 ― ズゴック完成してミッション全て一旦完了する

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も28時間目。 前回までの経緯はこちら。 造形授業27時間目 ― ズゴックと風呂に入るの巻 ズゴックと風呂に入る、という愚行をやらかした前回でありますが、陰干しして乾いたら後はモールディング処理をするのみ! スミ入れペンと消しペン、そしてティッシュを片手にじっくりと。 こんな感じでざっと黒のエナメル系塗料でスミ入れしていく。 ザクに比べて濃いめの赤が多いので今回は黒色をチョイスしてみました。 背中のランドセルはあえて薄汚れた感を演出しつつw 前面もわざと汚した感じで粗めに塗料を残すとこんな感じに。 そして、最後にモノアイとコックピット部分のデカールを貼って・・・ シャア専用ズゴックが完成しました。 そして、プレゼントで頂いた……(続きを読む)

造形授業27時間目 ― ズゴックと風呂に入るの巻

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も27時間目。 前回までの経緯はこちら。 造形授業26時間目 ― 地道な作業開始、ズゴックシャコシャコタイム 前回は400番のペーパーをかけて合わせ目を消す作業を1時間やって終わりました。 なので、600番から1200番までを順番にシャコシャコと。 そして、ある程度まで仕上がったらコンパウンドで磨きつつ、全体を激落ちくんでこすっていく。 これで全体的にマットな仕上がりになっていくのだけども、なんせ色が濃いパーツが多いのでコンパウンドもモールドの中に残って目立ってしまうんですわね。 こういう時には塗装前にやっておくと楽な作業があります。 そう、パーツ洗浄。 なんの事はない、古い歯ブラシかなんかでゴシゴシしながら水で洗い流すとい……(続きを読む)

バジルを収穫、そしてジェノベーゼへと

庭のプランターに植えてたバジルがかなり茂ってきたので、ここらで収穫。 全部収穫してまうとなんか寂しいので、少しだけ置いといて・・と。 子供らが収穫してくれたのはこちら。 これをとりあえずジェノベーゼにしてしまおうと材料を買いに出かけるも 松の実とかクルミが入手出来なくてですね。 なので、ニンニクとケッパー、粉チーズ、そしてオリーブオイルだけでやってみようと。 というか本物食べた記憶が抜け落ちてるので果たしてこれでいいのかどうかもわからんのだけども、とりあえず味を見て「塩気がいるなこれは」と思って足しておきました。 しかし、子供らには圧倒的不評だったこのソースの香り。 晩飯のメニューに出せるはずもなく、そのまま冷蔵庫に行くハメに。 やっぱり本物をどっかで食べた方が良いわねきっと。 それか市販の……(続きを読む)

嵐が去ったその後で、僕はプチトマトの枝を補修する

降り続いていた雨もあがり、いかにも夏!って感じの気温になった。 雨は降ってもらわなきゃいかん。とはいえやっぱり度が過ぎるとあきませんね。 九州の方ではとてもひどい事になっていて胸が痛みます。 帰る場所がなくなる、というのがどれだけしんどいのかは今はとてもよくわかる。 ベランダに出てみると、無残に折れてしまったプチトマトが。 この春から毎日一生懸命育ててきただけにかなりショック。 しかし、このまま諦めてしまってはなんとなくダメな気がするので検索開始。 見つけたのがこのページ。 ほほう・・・・・ トマトの枝が折れていると、もうそこで諦めてしまいがちですが、 トマトの枝は、補修すると意外と機能を取り戻すことができます。 完全にボッキリと折れてしまった枝でも、 折れた箇所の汚れをとってから補修すれば……(続きを読む)

 
1 / 212

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 Aug »