ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Daily Archives: 2018年4月11日

月亭可朝師匠が永眠 ― 色んな想い出

月亭可朝師匠(あえて師匠と書く)が80歳で永眠。 そのニュースに落語家・漫談家とあちこちが書いてる通り、かの米朝師匠の一番弟子だったという実績がありつつも、やっぱり世間は「嘆きのボイン」だったりするんだなあ、という印象を受けました。 「嘆きのボイン」のリリースは1969年。 自分が生まれる2年前の話なんですが、なんでこの曲を幼い頃から知ってたのかが思い出せない。 月亭可朝という存在をはっきり知ったのはきっと嘉門達夫氏のアルバム「天賦の才能(1992年)」かも知れません。 20歳ぐらいの時、嘉門達夫氏のアルバムを色々買ってた時期がありまして。 この「天賦の才能」の1曲目に「アカペラな夜」という曲が収録されてるんですが、その曲には色々な芸人さんの本物のネタが収録されていました。 なぜかこの曲を地……(続きを読む)

 

« Mar 2018 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 May »