ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Monthly Archives: June 2018

侍 ― 「サムライ」について抱く人々のイメージとは

ワールドカップがいつの間にか始まってた、というレベルの関わり方でしかない私です。 リアルよりはウイイレの中の方が重要だったりするので。 2014年に出たPSPのウイイレ「蒼きサムライの挑戦」を未だにやっております。 人とはままならぬもの – ウイイレ「ビカム・ア・レジェンド」 これは4年前の記事ですが、この「ビカム・ア・レジェンド」未だにコツコツやってますw 18歳でデビューした選手は今はもう27歳。 最近、ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍しまして、ようやく念願のOMFに定着。 日本代表に招集されるようになっており、ゲーム内でもワールドカップイヤーを迎えております。 さて、この前のポーランド戦。手持ちのサイトをSSL化しながら見ておりました。 最後の10分のあのバ……(続きを読む)

保険 ― 余震も落ち着いて色々な後始末を

余震も落ち着き、色々ガチャガチャになってる色んな事を片づける日々。 きれいな夕焼けにちょいと感動。やっぱり平和な日々が一番である。 さて、今回の地震で初の経験になるのが「地震保険」というヤツを利用してみる事。 どうせ色々難癖つけられて「今回は残念ですが・・・」って事になるんやろなと思いながらの査定。 二人組の人が我が家にやってきたんです。 幸い、地震直後の色々な所を写真に撮影していたし破損した物も全てまとめて置いておいたので 査定するのもスムースに行くかな、と思ってたんですがその写真は別にいらないそうで(笑) ヒアリングのみでポンポン進んで行くのがびっくりでした。 「食器類は壊れましたか?」 「スマホに写真と、それとここに割れた現物が」 「はいはい。では冷蔵庫の中身などは?」 「冷蔵庫の中身……(続きを読む)

傍観 ― 問われているのは本当の意味での冷静ではなかろうか

深夜に何度か震度3レベルの余震がありましたが、子供らは気付かなかった様子。 家に残る方も不安でしょうが、こちらも仕事で外に出てるとめっさ不安であります・・・ さて、朝9時頃に帰宅する途中「そういえばカレールーの備蓄がないな」と思い近くのイオンに立ち寄る。 案の定というべきかものすごい人でごった返しており、この時間帯では珍しくレジに全ての人員が配置されていてフル稼働状態。 自分が住んでいる地域は幸いにライフラインは一度も停止する事なく正常。 もしかしたら、って場合に備えて水は我が家にある一番大きな鍋、そして風呂に常に満タン。 ガスはカセットコンロがあるからOK、電気はランタンの電池も交換、そしてモバイルバッテリーもある。 というわけで、普通の食材さえあれば何とでも出来るなという認識でおりました……(続きを読む)

地震 ― 阪神大震災の経験で生きた対策とは

いやしかし、ほんまにびっくりしました。 大阪で震度6弱というのは1923年から地震観測を始めてから初めてだったそうで。 ちょうど家族を送り出して、さてそろそろ自分も出かける準備を・・とPC内のファイルを探していた時にゆさっと揺れが。 「え?」と思ってるうちに「ユサユサ・・・・!!」と。 反射的に立ち上がって「おおおおおお!なんやこれええええ!」って叫んでおりました。 真後ろにあった本棚からは根こそぎ本が落ちてきて、隣のリビングではパリンパリンと食器の割れる音。 机から振り返った場所にある本棚の午前8時2分の写真がこちら。 2段に並べてあった奥の本が前に出てきているのが確認出来ます。 この本棚、買った時から毎度しっかりと壁に固定してあったのが本当に良かったです。 それも阪神大震災の時にタンスが……(続きを読む)

夜会 ― 真面目にやってきた一つの区切り

本日のジョニーエンジェル京都。 元はと言えば別のイベントの為に押さえてましたが様々な事でイベント自体がポシャる。 じゃあこの日、Five Caratsでどうでしょと声かけてみたらメンバーの日程が合わず。 さて、どうすっかな。せっかく日曜日押さえたのに。 という所から始まったのが真相でしてね(笑) で、たまたまダブルキングカフェ姫路で久しぶりにご一緒したしんさんに 「こうこうこうでライブハウス押さえてるんですがなんかせなあきませんねん。」と。 そして自らの「弾き語り修行」が同時進行中という事もあり 「アコギと歌でなんかしませんか。もう好きなんばっかりで」とメインの形が決定。 そこにタイミング良く3月にこのライブが。 お初 ― 京都Bonds Rosary(ボンズロザリー)に出演しました ここで……(続きを読む)

サンバースト君、久しぶりに復活する

本日はダブルキングカフェでのライブ。 ベースにShinさんにドラムにはHirota君と懐かしのy-subユニットというなんとも偶然なメンツ。 だからというわけではないけど、ちょいと最近放置気味(というかお家用ギターになってた)だった、サンバーストのストラトの弦を張り替えて持って行くことに。 赤い方のストラトはリアをシングルサイズハムにしてからはほぼメインギターと化してたのだけど、ここに来てリアのシングルもちょいと懐かしくなりましてね。 いざ、本番で久しぶりに弾いてみたら「こんなにレンジ狭かったっけ」というぐらいに戸惑いましたが、しばらくすると慣れてきました。 若干ヌケが悪いけども、単音での粘りみたいなものがこっちのギターは強い。 ここはやっぱりメイプル指板かローズ指板かの差、なんでしょね。 ……(続きを読む)

溶連菌 ― 「ちゃんとしなければいけない」という呪縛

長女が発熱、そして吐き気が止まらないとの事でとりあえず病院に連れて行った。 食欲もなくほとんど何も食べてなかったので、こりゃ風邪とは違うっぽい。 しかし、朝まで仕事してそのまま向かったのでけっこう眠いのである。 診察してもらった結果は溶連菌。 なんじゃそら、と思ったけれども便利なのはインターネッツ。 すぐに検索してみる。 http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/contagion/streptococcal.html 症状の代表的なものは、発熱(38〜39℃)と“のど”の痛みです。しかし、3歳未満ではあまり熱があがらないと言われています。そして、体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします(イチゴ舌)。そのほか……(続きを読む)

年長 ― 我が家ラストの保育参加に参戦!

長男も気付けばもう年長組。 来年は小学校!そろそろランドセルやなあ、という話題が家の中を駆け巡る。 あの「オカンがおらんとどうにもならん」かった長男が最近ではもう自分と二人でも普通にお出かけ出来るという事実にちょいと驚いてます。 (それでも2時間おきぐらいには『お母さんは?』という問い合わせが入る) そんな長男のラストの保育参加に行ってきました。 思えば、長男のクラスは年少組からずっと参加してるのでもう出場3度目。 保育参加1日目 ― 意外に味が濃かった給食 そして次が年中の時。 長男のクラスの保育参加(出場2回目) 改めて読み返してみると、去年の段階でもまだエグエグ泣いてたんやな(笑) 今年はとてもスムースに「はよいこう!」とやる気満々でした。 保育園の校庭に到着するとワラワラと走り寄って……(続きを読む)

 

« May 2018 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 Jul »