ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Monthly Archives: November 2018

夜会 ― 3回目の「夜会」、バイオリンとのコラボは最高でした

穴を埋めなきゃ、というなんともな動機で始まったこの「京ノ夜会」ですが、今回で3回目。 今回は前回のアンサンブルからの発展で、Vo:Shinさんにベースを数曲で弾いてもらい、そしてFive Caratsで何度もコラボ経験があるバイオリンのイッシーさんに数曲参加してもらう事に。 一度だけスタジオリハーサルを経ての本日本番。 新しいエレアコ、DR-500MCEにとっては初のステージという事になります。 貼付ピエゾをボディに追加したのが果たして会場で吉と出るのか、という怖さはありましたがこれが何とも良い感じになってくれまして。 これは今回のイベントのオープニングでエレアコとVoだけの演奏なんですが、きれいにネイルアタックもボディヒットも鳴っていますし、低音も回るか回らんかぐらいのギリギリのところ(笑……(続きを読む)

六弦 ― エピフォンのエレアコ「DR-500MCE」を買いました

たまにはプロギタリストとしてステージに立つこともあったりするわけですが、いつまでも友達のエレアコを借りっぱなしというわけにもいかんなあ、と思い始めまして。 アコギ5度目 ― LISA&The Five Caratsライブ このライブの時から借りっぱなしだったエピフォンのEJ-200SCE。 プリアンプの使い勝手の良さ、そして2ピックアップなのでサウンドキャラクターも豊富に出せるというのが値段の割に気に入ってまして、もう同じ物を買おうかなとも思ったんですが さすがにちょいとサイズがデカい デカいせいで持ち運ぶケースもない という事が懸念材料としてありました。 それならば「同じプリアンプとピックアップが付いてるサイズが小さいのないんかな」と。 それに見事に合致するギターがエピフォンから……(続きを読む)

長男が6歳になりました

6年という月日は長い様であっという間だったな、というのが実感。 お食い初めでまるで虫みたいに口を開けてヘラヘラしてた長男もいつの間にか6歳に。 なんと来年からもう小学生というのが自分でもなんか他人事の様な気が致します(笑) 思えば出産前から「首の所に盛り上がりがある」と言われたり NTという言葉の別の意味を知る 出産後も「心臓に雑音がある」とか言われたり 三日遅れの誕生日パーティー 1歳8ヶ月健診での困った結果とか こいつは二人目ならではなのか – 長男1歳8ヶ月検診 このブログにはけっこう詳細が記録されておるのでたまに読み返したりしますが、それなりに順調ではなかったのは確かみたいですな。 男の子はやっぱりお母さんが一番、というのがあるのか実際一緒に風呂に入ったり出来たのはほんの……(続きを読む)

土管 ― ようやく丹波自然運動公園再び

珍しく土日の仕事が何もない、という日。 近くのイベント会場で「気球」に乗れるという物があったのだけれど朝6時から行列でソールドアウトしてたらしい。 なもんで、目的を見失った感がありましたが思い出すのは「マリオ公園」 北上 ― 丹波自然運動公園へ遊びに行ってきました 時期的にはちょうど1年前にここに訪れていた様子。 半年程前に行こうとしてたけれど途中で長男が嘔吐してしまって断念したんですわね確か。 幸い天気は良い天気。 今回はダブルキングカフェの帰りに走っている国道372号線を途中まで抜けるルートで。 昨夜、初めて乳歯が抜けた長男は明日で6歳になる。 まだまだ甘えん坊ではあるけれど、言う事が「最近お父さん、ギター持って出かける日減ってない?」みたいになかなか高度なツッコミが入る様になってまいり……(続きを読む)

繁殖 ― 繁殖力には定評のある2種がやってまいりました

ネオンテトラが来てだいぶと華やかになった我が家の水槽。 趣味の沼にハマるとありがちなのがそれらが扱われているお店を新規開拓してしまう事。 家族で遊びに行っても、ついついそういう所に寄ってしまう。 で、寄った先で子供達が「これ欲しい!」と新しいお魚ちゃんを購入してしまう、と。 と、子供らが欲しがったのが定番の「グッピー」のつがい。 ハデな色はオスで地味なのはメス。 ギラギラの旦那に地味な奥さん、というのはユニコーンの「スターな男」を彷彿とさせる世界ですな。 そして同時にいなくなってしまったオトシンクルスも2匹導入。 (しかしこのオトシンクルスも片方は二日後に死亡) 昨日立ち寄ったホームセンターで長男がどうしても!と食い下がったのがこちら。 ミッキーマウス・プラティ。しっぽ部分にあの著作権モンス……(続きを読む)

連戦 ― ジャンル切り替え2デイズ

土曜日、そして月曜・火曜とライブが連続で続いておりましたが、GT-8は全くのトラブルなし。 結局、基板の交換で完全に治ったっちゅう事ですね。 機材的には何の憂いもなく3日間の演奏ラッシュを終えました。 FAUN TIMEは月曜オールディーズ、そして火曜ディスコと全く演奏曲が被らない2日間という これまた貴重な体験やったような気がします。 それこそもう加入して20年以上は経つので、そんな事もあったのかもしれませんがどうなんやろか。 年末 ― 2018/11/12「Oldies Live」 at 心斎橋ロックンルージュ 徳利 ― 2018/11/13「Disco Soul Live」at ジョニーエンジェル京都 そしてみんな年末年始は忙しいって事で今年も11月でFAUNのライブは終了(笑) クリ……(続きを読む)

新顔 ― ネオンテトラさんが団体でやってまいりました

白点病ウォーをただ一匹勝ち抜いて生き残った黒デメさん。 ヒレはズタボロで満身創痍、しかし白い点も抜けてなにやら貫禄が出てきた様子です。 「昔、ひどい戦争があってのう・・・」とCV:永井一郎(故人)で語り出しそうです。 なんだか水槽の中のフィルターが「ラプラスの箱」に見えて・・・もういいかこのネタは。 というわけで、我が家の水槽は底にコリドラス(今回の白点病騒ぎとは無縁の様子)が3匹。 そして、中層部分はこの黒デメが優雅に1匹泳いでおる状態。 10匹居たときはフンの量がそれこそ半端なかったのでそれが1/10にまで減れば水質改善も進むはず。 しかしやっぱりね。寂しいわけですよ。 今回の白点病騒ぎでヒーターも購入した事だし、ここはもう熱帯魚をお迎えするのがよかろうと思いましてね。 高校生以来のこや……(続きを読む)

Themifyのテーマを使っている場合に内部リンクの書換をする際に注意する事

WordPressのテーマをカスタマイズする事が多い昨今。 よく使うのが海外の有料テーマ「Themify」のテーマ群です。 ここのテーマには「Themify Builder」という独自のビルダーが内蔵されており更新管理もとても楽なのです。 ただし、ソースは入れ子ラッシュになりますけども(笑) で、本番環境で旧サイトが稼働している段階でWordpressを格納するディレクトリを作って作業している場合。 本公開の際に旧サイトを削除して、Wordpressの設定画面でディレクトリを削って公開という流れはよくあるんですけども、こういう場合一番困るのは「内部リンクを書き換えなければ404エラーになってしまう」という事です。 フルパスでリンクが生成されるWordpressの宿命ではあるんですけども、かと……(続きを読む)

Contact Form 7でoptionsの値を引き渡す方法

WordPressでのお問い合わせフォーム設置といえばやはりContact form7が定番です。 さまざまな派生アドオン的なプラグインも出回っており色々と便利。 今回、やりたかったのはフォームが設置してあるページに様々な所からリンクされる場合、 例えば1ページにずらりと各商品説明が並んでいて、それぞれに「問い合わせはこちら」というボタンを設置、みたいな。 その場合、フォームにはずらりと商品名が入ったセレクトボックスが並んでいるという状態ですが 「飛んで来たボタンの商品名のセレクトボックスの色を変えておきたい」というケースです。 単純に考えるとそのセレクトボックスにIDを割り当ててCSSで着色すれば良いのですが、これがなかなか手間取りましてね。 Contact form7の値を取得して引き渡……(続きを読む)

白点 ― 次々に倒れていく金魚達に僕はメビウスの宇宙を越える

アクアリウム試行錯誤真っ最中の初心者に立ちはだかったのはこの時期特有の病気でした。 先日、茶苔対策に投入したオトシンクルス2匹はあっという間に死亡してしまいまして・・ 現在赤金魚3匹、黒デメ2匹、コリドラス3匹という状況。 しかし、その金魚達に何やら白い小さな点がたくさん付着していました。 ネットで調べて見ると「白点病」というこの時期特有の病気らしい。 https://kingyo.papa77.com/byouki-1 白点病の初期には体やヒレに白いポツポツとした点が現れますがこの状態を放置してしまうと急速に症状は進行してしまい体全体が白い粘膜に覆われたようになり金魚は衰弱して死んでしまいます。 白いポツポツとした点が見られるのが初期症状と書きましたがこれは飼育者が白点病と認識できる初期状……(続きを読む)

 

« Oct 2018 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 Dec »