ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

戦略SLGはもう遊べないのか? - PSP「三国志」をプレイして思う

January 11 2015

昨年12月にマンガ「三国志」を読破した、というエントリーを書きましたが
読み返せば読み返すほど(現在3周目)だいぶとキャラと名前が一致してきており
そうか「レッドクリフ」って映画は赤壁の戦いの事なのだな、見てみよう的な
興味が出てきているのですが、ゲーマーな自分としてはどうしても先に
そっちに手が出てしまうようで・・・・

PSP版の「三國志IX with パワーアップキット」。買っちまいましたよ。
子供の頃、ファミコンの「武田信玄」以来の歴史物戦略SLG。
あ、違う。「提督の決断」とか「アドバンスド大戦略」はやってたから
正確に言うと「戦国物SLG」はファミコンの武田信玄以来、って事で。

あの時、子供だったからなんのこっちゃか全然わからなくて
そのまま放置してしまった経験があるのですよ。
そもそも戦国時代そのものに全く興味がなかったので当然といえば当然なんですが。

そこそこ成長して太平洋戦争に興味が出てきてから「アドバンスド大戦略」や
「提督の決断」をプレイしていた時は「もともとの対象に興味があった」という
状況だったので、ゲーム自体の難しさはそんなに気にもならなかったんですが・・・

この三国志、もうチュートリアルの時点で出来る事が多すぎてわけわかりません。
普通、チュートリアルで負けたりせんじゃないですか。普通は。
ところがチュートリアルの時点で死んだりする始末。

で、武将を選べとか言われて漢字二文字の人名でズラーッと出てきても
全60巻3周目読んでる知識レベルではどれもこれも同じに見えてしまうわけですよ。
その上、「兵隊の士気が下がってます」「食いもんがなくなりそうです」とか
次々言われたら「知るかー!根性で乗り切るんや!」と
ただのパラメーターを相手にわけのわからない事を叫びそうになります。

ま、国を治めるっちゅうのんはそういう事にも気を配らんとあかんのでしょうな。。

というわけで今は積みゲー確定。
まずは自分の「三国志」に対するヲタレベルを上げないとなりません。

| Posted in ゲーム | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31