ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

吐き出される言葉の独自性

September 14 2011

はてブされてたこの文章を読んだ。感想をざっと書いてみる。

博報堂を辞めました。
http://shimpe1.com/?p=84

23歳のブログ主がいわゆる「人生のターニングポイント」を迎えて
感情の赴くまま(と僕は感じた)に吐き出した文章でそれなりに読み応えがありました。

僕は広告物制作請負という仕事を生業としている以上、
「広告代理店」という所に所属する人間とはそれなりにやりとりはあったりするわけですが、
まあ本音を言うと「何を言いたいのかわからない人」がたまにいるなあ、と
漠然と感じていたりするわけです。

もちろん、仕事を受け持つフィールドが違うんでそれは仕方ない部分もありますけども。

実際のところ、代理店に入ってからは、相手のことをちゃんと見つめたコミュニケーションを忘れかけていました。もちろん、クライアントやユーザーのことを考えるのは上手になったけれど、一緒につくる人たち(ここでは主に制作会社やフリーランサーの方々)のことは正直考えなくなっていた。思い切った言い方をするならば、つくるために必要な手足としてしか捉えていなかったのです。

と、彼もおっしゃってますしw

40にもなると23歳の人の想いがこめられた文章というのを見る際に
自分のかつての姿を重ね合わせる事ができるようになります。
あの頃に発した言葉がいかに痛すぎたのかをフラッシュバックさせてしまい
「うああああ」と声が出ることもあったりするんですわね。

でも、自分が23の時、ここまで小難しい事考えてなかったかな。
もちろん通って来た道も違うし、やってきた事へのプライドも違うんだろうし
彼は自分の行動に関して「エリート街道から自ら降りた」って言っちゃうぐらいだから
セックスしてるかバンドしてるかみたいなハナクソヤングだった自分とは違いすぎか。

しかし、ここまでポンポンと横文字カタカナが出てくるのに違和感を感じるのは
多分ジェネレーションギャップと言ってもいいかも知れませんね。

製品を「プロダクツ」とか、目標を設定を「コミット」とか
わざわざわかりにくくしてるような作業に脳みそを割くのは
自分からすると「無駄な作業」としか思えないのが本音です。
はっきり言うと、薄っぺらく思われそうで自分では絶対にしたくありません。
たとえそれが業界標準(スタンダードって言うんスか?w)になっていく流れであろうと
自分のセンスを信じて仕事をしていきたいし、それを買ってもらいたいと思いますね。

他人の言葉をそのまま鵜呑みにして、それにすがるような生き方をする人もいますが
ああいう人達は、平気で手のひらを返しますからね。
「あんな人だとは思わなかった」「昔はあんな人じゃなかった」
だってそういう風に生きて行けば楽だもんね。
責任を全部その人に押しつければいいんだから。
自分の行動は棚に放り上げてね。

「心にしみる言葉」「ドラッカー」「名言集」その他よく見る自己啓発キーワード!
ああなるほど。どれも確かにすばらしいでしょう。
それを自分のセンスでかみ砕かずに
そのまま人に言うのがセンスねえなあと思ってしまうのです。

「○○○○って××という人が言ってるから」とか小学生かお前はと
言いたくなるようなオトナの人もいたりするからね。

23の彼が40になった時、自分が若い頃書いた文章を読んでどう思うのだろう。
そしてその時に自分より17歳年下の23の人の文章を読んでどう思うのだろう。
そんな時間の流れと隔たりを考える夜明けなのでした。

アジアンタイヤに交換。そしてWebが紡ぎ出す出会い。

September 10 2011

そろそろ車検が近いという事もありましたが
何より愛車RVRの前タイヤがそろそろやばい状況になっておりまして
急ぎタイヤを交換せねばならぬ、という事態に。
(というか、元来の自分の性格で後回しになってたのですが汗)

もともと車に関しては無茶な乗り方はしない性格でして
グリップ感がとか転がりが~とかさっぱりわかりません。
わかっていたらスリップサイン通り越してワイヤー出るまでタイヤは使わんでしょうw
なのでメーカーにもそーんなにこだわりはありませんでした。
前回はイエローハットにて「一番安いの何?」「○○ですね~」「んじゃそれ」で終了。

高速道路では追い越し車線でも110km以上は出さないが故に
十分な街乗りの範囲であろう、と判断してとりあえず安いタイヤを物色。
今回はよく耳にする「アジアンタイヤ」にしようと思っていたのでそれを中心に。

すると、福岡にあるタイヤショップ「Autoway」さんにて1本5000円の破格タイヤを発見。

台湾のメーカーであるNANKANGのRX-615というモデルでした。
http://www.nankang.com.tw/home.php?fn=jap/product_1&no=22&pno=7
ヘタすると国産タイヤの1/3の価格帯です。

ところが調べて見ると、自分で買ったタイヤを持ち込んで取付してくれる所が少ない。
イエローハットなどの量販店ではまず受け付けてくれない。
「どうしてもというなら・・・」と莫大な手数料を取る所もありました。
過去、ガソリンスタンドでの勤務経験がありますので
いかにこういう所とタイヤメーカーが親密に結びついているかも知っております。

しかもネット通販、という事なので一度自宅でタイヤ4本を受け取らなくてはならない。
これもなかなかめんどくさい。というか、できる限りこれは避けたい。

なもんで以下の条件を満たすお店を探すことに。
1.近場である。
2.買ったタイヤを持ち込んでも常識的価格の範囲内で作業を引き受けてくれる。
3.ネットで買ったタイヤを配送先指定で直接受け取ってくれる。
4.願わくば廃タイヤも引きとって欲しい。

「そんな都合のええとこあるかあ!」って怒られそうなのですが、実はあるんですよダンナ。
しかも尼崎市という近場に。

タイヤ交換.com
http://www.tire-kokan.com/

前もって電話して、「ネットで買うタイヤの配送先をそちらにしたいんですけど」と問い合わせたら
「あ、いいですよー。作業の2、3日前からなら!」と快い返事を頂き、
さっそくAutowayにタイヤを注文。
ところが注文フォームに配送日指定の項目がなく、注文完了のメールに「明日到着」の文字が。
そして「配送日については運送会社に直接問い合わせて下さい」と。
しかも、そこには「荷物番号問い合わせフォーム」へのリンクしか張ってやがらねえ。
あわてて運送会社の支店の電話番号を調べて電話しまくり配送日の指定をしました。
ここがちょっと不親切だわねえ。

さて本日が指定された作業日。
カーナビに住所を放り込んで尼崎市へ向かいました。
車はどんどん住宅街に・・・・・・・
「ん~~?こんな所にホンマにタイヤ交換するような所が・・・・」

ありました。


普通の軒先のガレージを改造して営業してはりました。


このインパクトとノボリのおかげでまず見失うことはありません。

さっそくタイヤ交換作業を開始。

必要な工具と機械(チェンジャー、バランサーなど)も完璧に揃っていました。

生業が電脳販促物製作請負のワタクシ、やはり気になる事を
色々と店主の川崎さんに聞いてみました。(作業中にすんません・・・)

「僕、Webサイトを見て来たんですけど、お客さんはほとんどWeb経由ですか?」
「Googleアドワーズとかの広告は出しているんですか?」

お客さんのほとんどはWeb経由で、しかも広告は一切出してないそうだ。
それにも関わらず土日は予約で埋まるそうである。
「駅前でチラシ配ってもねえ・・・やっぱりWebのチカラはすごいですよ!」と川崎さん。
自分自身、Webを通してここに来てるのでなんとも言えない感動がありました。

考えてみれば、僕の小さな頃はこういうお店が近所にいっぱいあった気がする。
作業場の奥にそのまま食卓があった自転車屋の友人もいた。
文房具屋、木工作業の工場などなど。
お家と仕事場がそのまま一緒になってる懐かしい風景だ。

大型量販店のいわば無機質なサービスになれてしまって忘れていたけど
これこそが「商い」の本来の姿かも知れませんね。
それにWebサイトでの宣伝という手段が加わって、
近所でもなんでもない自分がここに立っているっていう事実。
その「縁」にとても感動してしまったのですよ。

作業はとても手慣れた感じで進み、
ナットを締める順番、そして車をジャッキから下ろしての増締めもばっちり。
しかもトルクレンチを使っての増締めという納得の作業。
(いちおう僕、三級整備士持ってますんでこういう所は見てしまうw)

21565R15のタイヤを4本交換(バランス込み)、そしてゴムバルブ交換
古いタイヤを引き取りも加えてなんと6600円という破格の作業金額!
これはすごいですぜ。

仮にイエローハットさんでタイヤを変えたとしよう。
http://www.yellowhat.jp/store_service/pitservice/pitmenu/tire.html
作業工賃タイヤ一本交換(バランス込み)で2100円、
古タイヤ引き取りは別金額なので、これだけでも激安なのがわかる。
しかもイエローハットさんでタイヤを買う、という場合のみなので
タイヤ交換.comさんでの作業はタイヤを選ぶ自由度もかなり高いのがいいですね。

結局、今回タイヤ4本交換にかかった金額は
AutowayにてNANKANGタイヤ4本購入(+送料)=21700円
交換工賃+引き取り=6600円
の28300円ぽっきりでした。
正直、前回の4本交換にかかった金額より半額以下でした。

さて、最後に乗り心地。
前のタイヤよりもかなり音が静かになりました。
高速道路も走ってみましたけど特になにも問題はありません。

極端な走りをしない限り、アジアンタイヤ、大変よろしいんじゃないでしょうか。

そして最後にタイヤ交換.comの川崎さん、本日は本当にありがとうございました。

1歳2ヶ月になりました。

September 09 2011

毎月9日はアニバーサリー、とかそんなガラではないのですが
娘も今日で1歳2ヶ月になります。
もう靴を履いてスタスタと歩くようになりましたし、
カラスの鳴き真似や、ベネッセDVDの策略にハマり「あーー!」と口を開けるように。
アーは言えるけど、イーはちょっと難しい、そんな昨今です。

極力昼間は育児に協力するようにしているのですが
最近、娘は母親にベッタリ、という状況になっておりまして
さすがの妻も「うー、一人でぼーっとしたいー」というシグナルを発するようになりました。

なので、買い出しとかは極力娘を連れて出かけるようにしています。
幸い、父親と二人になると泣き止まないという感じではないので
ショッピングモールに行ったりとかします。
なぜかエスカレーターが大好きな愛娘、手を引っ張って乗降する事5往復とか
2時間ばかりのデートを楽しんだり。

昨日は妻を大型銭湯に放り込んでから、街にドライブに出かけました。
チャイルドシートも嫌がることなく、おとなしくニコニコと座っているのですが
赤信号をみると「あーあー!」と抗議し、渋滞だと機嫌がすこぶる悪くなるという
なんとも将来が不安になる言動ですが、まあ今の所は大丈夫でしょう(笑)

妻も「いやー、この世の天国だったわ!」とご満悦でして
そんな安いものでごめんネー、とこちらもなんか申し訳ない気がしたり。

ライフスタイル、ってカタカナには何となく照れがあるのですけれど
こうして協力しあってお互いのストレスを解消しつつ
家族平和に年月を重ねて行ければなあ、と思いますね。

« Dec 2019 January 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31