ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Facebookページが3/30でタイムライン形式に

March 01 2012

Facebookページが2012/3/30に全てタイムライン形式に移行するそうです。
昨日から国内でも導入が始まっておりまして、さっきまで色々と試してました。

「デフォルトで表示するタブ」の設定項目がなくなった

Facebookページ自体はログインした状態で「Facebookページを作成」に
https://www.facebook.com/pages/create.php
アクセスしてウィザードを続けるだけで簡単に作成できるのですが、
カスタマイズするのが実はけっこうめんどくさかったのです。

アプリとして登録した中にインラインフレームでファイルを表示させるのですが

  • 別途HTMLやPHPファイルを置くWebサーバが必要
  • しかもそこがSSLの利用できないとダメ
  • アプリ登録がけっこうめんどくさい

という敷居の高さと手間を乗り越えて作成したページをやっぱりまずは見てもらいたい!

なので、Facebookページには「デフォルトで表示するタブ」という設定項目がありました。
ユーザーがアクセスしてきた際に、最初に表示する物を選べたのです。
診断系のアプリで誘導してページを見てもらうという場合などはとても有効でしたが
タイムライン導入に従い、この設定項目自体がなくなっています
Facebookページに飛ぶと有無を言わさず全員一緒のタイムラインページになるのですよ。

今回の表示変更に伴い、左側に縦に並んでいたメニューバーが
画像アイコン(登録されている中からサムネイルで表示される)として
カバー画像の下に横に並ぶようになりました。

必死こいてカスタマイズして登録したアプリもここに登録されているのですが
左側のメニューバーがなくなるタイムライン形式の場合、横幅ピクセルが変わります。

今まではページ幅に合わせて520ピクセル内で作成していたのが
今回のタイムライン導入で810ピクセルになっているので、作った登録アプリに
アクセスしてみると、ものすごく寂しい感じで真ん中にページが浮いてます(笑)

インラインフレームでカスタマイズしてトップページにアクセスさせる、という技が
使えなくなったという事は、根本的な見せ方、そして誘導方法が変わってしまいます。

さて、これをどう捉えていいものかは正直わかっていません。
とりあえず思ったのはアプリをユーザーに提供している所はてんやわんやですよ、って事。

いいね!してくれたユーザーとのメッセージのやりとりが可能に

今まではFacebookページの名前ではメッセージのやりとりができませんでしたが
今回のタイムライン導入にしたがって、メッセージ機能が追加されています。

結局これでどないなんねん

僕自身は「カスタマイズされたページ」をトップに持ってくるやり方が使えなくなった今、
Facebookページへの参入が容易になったんではないか、と思っています。
最初の表示ページが選べなくなったら、わざわざSSL使えるサーバー用意して
トップページをオリジナルに!って意味も半減する気がするんよねえ。

それこそ誘導から見せ方から全て変わってくるだろうし、
「おんどれら小手先やなくて毎日発信するモンで勝負せんかいや。おお?」
というザッカーバーグのメッセージかも知れません(笑)

タイムラインは前から個人アカウントでは使っていますけども
時系列で記事や写真を登録していくのってすごくおもしろいんですよね。

たとえば、会社沿革なんぞをタイムラインに載せるのも歴史の長い会社なら重みがあるでしょう。
新聞社ニューヨーク・タイムズのFBタイムラインはなんと設立の1851年まできっちりありますw

これからどうなって行くのか引き続き情報を追ってみたいと思ってます!

鼻茸 -Two Months Later-

February 28 2012

去年末の手術以来、意外にもきっちり病院に通ってるんです。
大量の薬を飲む際に「昔(新大阪のインディアン時代)はこんなもの・・・」と
大々的に凹みながらも食後に薬を(たまに忘れてた)飲んでるにも関わらず!

今日2週間ぶりに経過を見てもらいに耳鼻科に行ったら

「あー、もう鼻茸できてますねー(苦笑)」

相変わらずCOOLな先生のこの"苦笑"に多少ひっかかりながらも
鼻茸の急成長ぶりに思わずでっかいため息出ました。
右肩上がりにもほどがある。
どうせなら我の収入もこれぐらいアップするか、せめてチ●コが大きくなって欲しいもんだが
肝心な物は何一つ大きくならないのは世の常なのかも知れない。

20年以上ガマンしてようやく切除したこのポリープ。
・・・・・たった二ヶ月でもう育ってきやがりますか!

「まあねーまた切ったらしまいですしー(苦笑)」

いやそりゃそうやけども!
もう少し、なんて言うのかな・・・「大変ですねー」みたいな共感を・・・

「じゃあ薬出しときますねー」

・・・・・いつだって先生はCOOLだ。

そういえば左側(もともとこっちは骨の関係で鼻孔が狭い)に
多少引っかかりはあるなあ、と思ってはいたけども
あの手術の際、麻酔が効かずに根っ子切除をあきらめたヤツが育ったのかも知れない。

もしかしたら1年、いや半年後にはもう一回あの手術をしなけりゃならんのかなあ。

でも逆に考えたらたった2日、しかも日帰りでこいつを切除できるのであれば
楽になったのかも知れません。

思ったより早く診察が終わったので、評判だけ聞いてて行けてなかったラーメン屋に向かった。
駐車場に車を止めて、テクテク歩いて行くと

定休日でした。

踏んだり蹴ったり。

その後、大好きなホカ弁「かまどや」を見つけたので
車の中でお弁当を食べるという、運送屋時代に戻ったような食事タイム。
久しぶりにトラックで配達したくなったなあ。
スポットで1日だけで来てくれー、とかあったら嬉しいのにw

そしてその後、仕事の打ち合わせに行ったスタジオ・パレットにて
初めてジャズ・マスターに触れる。

前から弾いてみたいと思ってたのだけど、このブリッジ形状では弦が落ちまくりで
自分のスタイルでは使えない事が判明しました。

それにしてもまたあの手術をしなければならないとは・・・・・・・

マットレスのボックスシーツを探して

February 27 2012

結婚した時に買ったベッド。
子供が生まれてからは「段差があるのはまずかろう」と
引っ越しの際に分解して嫁さんの実家に預かってもらってます(笑)

しかし、マットレスだけは置いてあります。
これをリビングに敷いて、子供の遊ぶスペースにしているのですが
飛んだり跳ねたりなどのダメージでシーツがすり切れてまいりました(泣)

ベッド周りって昔からそうなんですけども
サイズとかシーツの種類とかほとんどおぼえてないんですわね。
「これだろう」と思って買って帰ったら、全然形が違った、とか
しかも袋から出してるのでもう返品できねえ、って想い出がいくつか・・・

今回は家から出る際にきっちりサイズと形を把握していきました。
マットレスを4隅で引っ掛けるボックスシーツってやつでサイズはダブル。

意気揚々と近所のニトリに行ってきました。
昔、ボックスシーツ買った時に4000円(シングル)ぐらい払った記憶があるので
ダブルだと高いんだろうなあ・・・とぼんやり思ってたらなんと1780円。
しかもけっこう柄の種類も豊富。

いかんせん今回は寝具ではなく、リビングの一部として露出するので
別に無地じゃなくてもよかろう、と思ってましたが悩んだのはベースの色。

うちはリビングは白熱灯色の蛍光灯を使用しているので
オレンジ系の色を選んだ方が部屋が明るくなるのではないか、と
横向きのストライプを買って帰りました。

この値段ですから別に複数買って帰ってもよかったんですが
自分のセンスのなさを嫁さんにつっこまれるのも怖かったもんでとりあえず一つw

結構気に入ってくれたみたいでよかったです。

それにしてもどんどん物が安くなってる気がしますねえ。
こんな事が続くと、結局資本力のある所しか商品を出せなくなる気がします。
消費者としては嬉しいのだけど、大人としては複雑ですね。

« Aug 2019 September 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30