ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

薄さという記憶、想い出、経験

December 05 2011

「咳が出てきたのでマスクを帰りに買ってきて欲しい」

というメールを受け取り、よっしゃ了解と車を走らせる仕事帰りの午後11時。
もうこの時間空いてる薬局はない。
夜道に浮かび上がる灯りはガソリンスタンドかコンビニエンスストアだ。

ちょうどのども渇いてたし手持ちのタバコも切れてた。
たぶん、コンビニならマスクもあろう、この時期だしな、と
車を駐車場に入れて、店内に向かう。

「マスク、マスク・・・・・」
普段、コンビニで買わないからどこにあるかわからない。
女性用化粧品の陳列棚・・・・・・ない。
隣、男性用化粧品の陳列棚・・・・ない。

ぐるりと裏に回って、目に入ったのはバンドエイド。
「ああ、ここだな多分」と目線を上に上げると・・・・あった。
色んなマスクがあるねえ、どれにすっかなと物色している時に
視界の端に入る文字。

「うすさ0.02」

ずらりと並ぶ0.02の文字。
0.02。
思い出すのは昔、プラモデルにハマっていた時によく買ったプラ板。
あの透明なプラスチック板の薄さがいったい何ミリだったのかは
もう忘却のかなたで思い出せない。

0.02。
縦長の箱にデカデカと書かれたその数字は
いったい何を主張し、掲げるのか。
行儀良く真面目なんてクソクラエという感覚なのだろうか。

もうすでに携帯する必要のなくなったコイツが主張する0.02。
じゃああの頃、常に財布に忍ばせていたのはどれだけのものだったんだ。
0.05だったのか?それとも0.08だったのか?それとも0.1だったのか?
シェリー、いつになればオレはたどり着けるのか。

記憶も想い出も経験もすでに脳みそのシワのどこかに置き忘れた。
「じゃあ買ってみるか」という勇気もその必要もない。
それが必要となるシーンをすでに頭の中にイメージできない。

0.02。ゼロゼロニ。
薄いのか、薄いんだろうなあ。うんうん。そうかそうか。

マスクとコーヒーとタバコを買った。

自動ドアをすり抜けて外に出た。
ただ12月というだけの夜。
吐く息はすでに白くなっている。

リンク先が拡張子や外部サイトの時にそれぞれアイコンを表示

December 04 2011

Webを見ていてリンクをクリックするといきなり立ち上がるAdobe Reader。
「PDFならそう書いとけや!」とほんのり殺意がわく瞬間ですね。
非力なサブマシンならOS毎巻き込んで石地蔵状態になる可能性もあり
なかなかこいつは無視できない事例。

自分が制作する場合にはこういう事はかなり気をつけてますが
昔はそれこそテキストリンクの横にimgタグで
ひとつひとつ画像を貼りつけていたもんです。

しかし、このご時世、もっと簡単な方法ないんかいと世間に問えば
それがあるんですよ奥さんっ!
CSS3なら以下の書き方が可能です。

参考サイト:コリス様

外部リンクでアイコンを変更する場合
a[href^="http://"]{
background:transparent url(../images/external.png) center right no-repeat;
display:inline-block;
padding-right:15px;
}

判別する箇所のサンプル -mailto
a[href^="mailto:"]

判別する箇所のサンプル -PDF
a[href$='.pdf']

判別する箇所のサンプル -圧縮ファイル
a[href$='.zip'], a[href$='.rar'], a[href$='.gzip']

判別する箇所のサンプル -画像
a[href$='.gif'], a[href$='.jpg'], a[href$='.jpeg'], a[href$='.png']

判別する箇所のサンプル -ドキュメント
a[href$='.xls'], a[href$='.csv'], a[href$='.doc'], a[href$='.txt']

もちろんこれはIE6では動作しないので、IE6対応の場合
behaviorを使って以下の記述もプラス。

* html a{
behavior: expression(
this.className += this.getAttribute("href").match(/^http.*/) && (!this.getAttribute("href").match("自サイトドメイン")) ? " external" : "",
this.className += this.getAttribute("href").match(/\.pdf$/) ? " pdf" : "",
this.className += this.getAttribute("href").match(/\.doc$/) ? " doc" : "",
this.className += this.getAttribute("href").match(/\.xls$/) ? " xls" : "",
this.className += this.getAttribute("href").match(/\.zip$/) ? " zip" : "",
this.className += this.getAttribute("href").match(/^mailto.*/) ? " mailto" : "",
this.style.behavior = "none"
);
} 

それでも、めんどくせえという人はJQueryを使いましょう。
もちろんJavascriptをオフにされると動作しません。

以下のサイトで紹介されてるやり方が一番簡単です。
Lost Technology様の「リンクしているファイルのアイコンを表示
http://www.losttechnology.jp/WebDesign/2010/linkicon.html

アイコン画像は・・・・・それぐらい作ろうね、と言いたいけども
ICON WANTEDって便利なサイトもあったり。
http://iconwanted.com/

一度、この設定をしておけば使い回しも利くし
うっかり間違いもなくなるので便利には違いないですね。

「深く眠る」ためのアイマスク、そして耳栓を試す。

December 03 2011

Twitterで家入一真氏がつぶやいていたこのツイート。
http://twitter.com/#!/hbkr/status/127299994364559360
二つの画像は眠りの深さを表すグラフ。

Sleep CycleというのはiPhoneアプリで
睡眠サイクルに合わせてやさしく起こしてくれるのだそうだが
それよりもこのグラフの違いに驚きました。
耳栓とアイマスクをして眠ればこんなに深く眠れるのか、と。

僕は朝6時頃寝て、11時ぐらいに起きる生活なので
できればこの間は「死んだ様に深く深く眠りたい」と常々思ってたわけですが
こんな画像を見てしまうと、善は急げで早速アイマスクと耳栓を買ってきました。

 

アイマスクは使った事あるんですが、耳栓は生まれて初めて使います。
なんか硬質スポンジみたいな形状で、コヨリみたいに細くして耳に入れると
あら不思議、じわじわ膨らんで耳の穴にぴったりとフィットするんですね。
なんと言いますか、「シーン」という音が聞こえるような遮断具合。

そして、アイマスクをして布団の中に。

・・・・・・・あっという間に眠ってましたww

今までは本読んだり、スマートフォン触ったり、PSP触ったりと
寝る事に対して集中できてなかったのですが、目と耳を塞がれちゃあ
もう正直寝るしかやる事がないんですね。
脳と体があきらめたかの如く、すーっと眠りに落ちてたみたいです。

実際これを使ってみてどうだったか、というとお昼ご飯の後に眠くなることがなくなりました。
たぶん今までと同じような睡眠時間でもしっかりと眠れてるのかも知れません。

人生の半分近くは寝てるんですよ!ってキャッチコピーで
布団売りに来た兄ちゃんとか、枕に数万かける知人とか
めっさ高価なマットレスを数年ローンで買っちゃう友人とか
それぞれ「眠り」というのは立派なビジネスになりうるほど関心が高いのでしょうけども
このアイマスクと耳栓なら、2000円弱の投資で効果が実感できるので
とってもコストパフォーマンスが高いですよね。

ただ・・・・・・

目覚まし時計使って起きなきゃならない場合はバクチですけど(笑)

« May 2019 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30