ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

「深く眠る」ためのアイマスク、そして耳栓を試す。

December 03 2011

Twitterで家入一真氏がつぶやいていたこのツイート。
http://twitter.com/#!/hbkr/status/127299994364559360
二つの画像は眠りの深さを表すグラフ。

Sleep CycleというのはiPhoneアプリで
睡眠サイクルに合わせてやさしく起こしてくれるのだそうだが
それよりもこのグラフの違いに驚きました。
耳栓とアイマスクをして眠ればこんなに深く眠れるのか、と。

僕は朝6時頃寝て、11時ぐらいに起きる生活なので
できればこの間は「死んだ様に深く深く眠りたい」と常々思ってたわけですが
こんな画像を見てしまうと、善は急げで早速アイマスクと耳栓を買ってきました。

 

アイマスクは使った事あるんですが、耳栓は生まれて初めて使います。
なんか硬質スポンジみたいな形状で、コヨリみたいに細くして耳に入れると
あら不思議、じわじわ膨らんで耳の穴にぴったりとフィットするんですね。
なんと言いますか、「シーン」という音が聞こえるような遮断具合。

そして、アイマスクをして布団の中に。

・・・・・・・あっという間に眠ってましたww

今までは本読んだり、スマートフォン触ったり、PSP触ったりと
寝る事に対して集中できてなかったのですが、目と耳を塞がれちゃあ
もう正直寝るしかやる事がないんですね。
脳と体があきらめたかの如く、すーっと眠りに落ちてたみたいです。

実際これを使ってみてどうだったか、というとお昼ご飯の後に眠くなることがなくなりました。
たぶん今までと同じような睡眠時間でもしっかりと眠れてるのかも知れません。

人生の半分近くは寝てるんですよ!ってキャッチコピーで
布団売りに来た兄ちゃんとか、枕に数万かける知人とか
めっさ高価なマットレスを数年ローンで買っちゃう友人とか
それぞれ「眠り」というのは立派なビジネスになりうるほど関心が高いのでしょうけども
このアイマスクと耳栓なら、2000円弱の投資で効果が実感できるので
とってもコストパフォーマンスが高いですよね。

ただ・・・・・・

目覚まし時計使って起きなきゃならない場合はバクチですけど(笑)

紅葉を見に箕面の滝に行ってきました。

December 02 2011

近場で「紅葉」を楽しめる所、と言えばやっぱり箕面の滝。
以前はドライブがてらよく行ってたんですが、最近はご無沙汰でした。
娘もてくてくと歩けるようになったので久しぶりに行ってきました。

確かにきれいでしたが、昔ほどの鮮烈さはないような・・・?
最近は赤く染まる時期がすこし遅くなってる気がします。
それこそ小さい頃は11月にはもう真っ赤だった、みたいな記憶しかないですが。

山の上の駐車場前にあった茶屋がきれいさっぱりと更地になってたのはショック。
いつ行っても閉まってたここが営業してるのをぜひ見たかったのですが
まさか根こそぎ無くなっているとは・・・(笑)

自動販売機もなくなったので、駐車場周辺でドリンクを買うことができなくなっています。
(滝の前まで行くとまさにお祭り価格ですからね・・・・)

さすがに12月にはいったばかりだったのでとても風が冷たい!
体もどんどん冷えてくるので、滝から少し駅に戻った茶屋でおうどんを食べました。
嫁さんはぜんざいを食べたのですが、800円というすばらしくリーズナブルな値段(泣)
うどんより高いってのもなんとなく納得いかないような。

まあ、場所代も入ってると考えたらそれなりなのかも知れません。
娘は初めて見る大滝に大興奮の様子で
「あーあー!」と「あそこ(滝壺)に連れて行け!」となんとも無茶な要求をしてました。
さすがにまだ・・・・いや一生行きたくないです・・・滝壺には(笑)

箕面の滝と言えば、野生のニホンザルも楽しみの一つなのですが
さすがに寒すぎるのか、滝周辺では全く見かけませんでした。
でも、やっぱり猿を見ないと箕面に来た気がしない。
行きは勝尾寺側から来たので、帰りは箕面駅方面に走ってみると・・・
やはりいました。道路の上を傍若無人に走り回るモンキー達が(笑)

時期的に小猿はいないんでしょうかね。。
一匹も見かけませんでした。
今度は夏前ぐらいの風が気持ちよい時期に家族と行きたいもんです。

auレピータ3度目の設置。そして知るインジケータの意味。

November 29 2011

IS11CAを買う前はW62CAを使っていたんですが
その頃から仕事部屋での通話品質が非常に不安定でした。
いや、これは機種のせいではなくて去年引っ越したこの家のせい。

高台にある見晴らしの良い南向きの部屋なのですが
なぜか部屋の中の電波状態が悪い。
アンテナは圏外にはならないんですが0本→4本(IS11CAは4段階表示)を
行ったり来たり。
「もしもし?」って電話に出たときは無音がしばらく続く、などなど。
ちょっとPC前で作業しながらはきつい状態。

過去に電波調査をしてもらってレピータを置いてもらったが
ほとんど改善されぬままレピータを返却しました。
調査に来た人も「うーん、置いてもあまり変わらないですね・・・」と
なぜか「あきらめてもらえませんかね・・・・」的な空気。

でもやっぱり納得いかない。
なんとかなるんちゃうんか、と3度目の電波調査依頼。
そしてレピータを抱えて訪問してくれるauの下請けのお兄ちゃん。

ちなみにレピータとはこういう代物。
http://www.au.kddi.com/service_area/repeater/index.html
家のネット回線がメタルプラスとDIONならば、これよりもっと強力な
auフェムトセルが使えるのだけど、フレッツな我が家はこれは使用できない。

今回の調査のお兄さんはどうやら完全に下請けのお兄ちゃんっぽい。
前回2回の調査は3人体制で来たのだけど、さすがにクレーマー扱いされているのか
今回は一人でやってきた。連絡なしで1時間も遅れてだけど。

このレピータ、確かにマニュアルをもらえるのだけど
本体正面のインジケータ部分の説明が全く書かれていないのですな。


この部分は「業者用表示部分」としか書かれてないのです。

で、1時間も連絡なしで遅れてきよったお兄ちゃんに
「まさか、遅れてきてタダで帰るわけやないよな?」的な質問ラッシュ。

今回初めて得た情報は
■左上の目盛りは本体後ろから電波を拾っている量。
■その下のLEVELは「部屋内の電波の質を表す数字」※最大Level 9
■右上の目盛りは増幅された電波が本体前面に出ている量。

なのだそうです。

我が家のレピータaをいろいろな場所に置いてみてグラフの変化をみると
最大でLevel6に上がるのが精一杯っぽい。
やはり効果はあるみたいで、今まではアンテナ1本レベルの仕事部屋が
あっという間にアンテナ3本がデフォ状態。

にしても、前面のインジケータ部分の意味がわかっただけでも収穫です。

これで少しはマシになってくれればいいんですがねえ。。

« Aug 2019 September 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30