ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

UstreamでDVカメラを使う(Windows編)

July 20 2009

Webカメラとブラウザさえあれば誰でもストリーミング配信が可能な「Ustream」。
http://www.ustream.tv/

ストリーミング配信っちゃあ、ちょい前までは個人には敷居が高いもんでしたが
このサービスのおかげで誰もが配信可能になりました。

別にとりたてて配信するモンなんてないんですが
いざ、という時(?)の為に使い方だけでも・・・と
アカウント取得してみました。
詳しいことはこちらに書いてあります。
http://usy.jp/ustream/index.php?FrontPage

なるほど。確かにUSBのWebカメラさえあれば
誰でも配信ができますな。
しかし自分の環境では、サウンドカードがAudiophile2496なので
音声配信しようと思うと、ミキサー経由のマイクをオンしなければならない。
(BIOSでオンボードのサウンド機能はオフにしている為です)
これはめんどくさい。

ふと手元を見ると、VictorのGR-D650というDVカメラが。
じゃあ、IEEE1394経由でこいつの高画質の映像と音声を使おう、と。

意気揚々とUstreamの設定画面を見ても、IEEE経由のカメラが出てこない。
しかしWindowsXPには認識されている。

「もしかしてIEEE1394経由では使えないのか?」と思って色々調べると
どうやらAdobeが無料提供しているFlash Media Live Encorderを経由させると
DVカメラ経由で配信可能になるそうです。

さっそくFlash Media Live Encorderを入手して起動。
DVカメラは前もってWindowsに認識させておきます。

おお、VideoとAudioのデバイスの所に
「Microsoft DV Camera and VCR」が選択可能になってます。
VideoとAudioデバイスを「Microsoft DV Camera and VCR」に設定。
その他、パラメーターをいじれるところがたくさんありますが、まずはそのままで。

次に、Ustream管理画面の「Your Show」の「Advanced」タブに移動します。
その下の方にXMLファイルのダウンロードリンクがあります。

そこからXMLファイルをデスクトップにでもダウンロードします。

※この時点でUstreamの「Broadcast Now」をクリックしてはいけません。そのままで。

で、そのXMLファイルをFlash Media Live Encorderで開いてあげると
右側のFMS URLとStreamに自動的に文字列が入ります。
そして、下側の緑色の「START」ボタンをクリックしてあげると
エンコードが開始されます。

この時点で、Ustream側の「Broadcast Now」をクリックしてみると・・・・

見事にDVカメラの映像がUstreamに出力されています。
そしてUstream側の「Start Broadcast」をクリックするとストリーミング配信開始です。

なんといってもDVカメラのズームも使えるのが魅力!

とりあえず配信できる状態になったものの、最適な設定までは
見つけていませんが、それはまた実験してから、という事で。

faviconをPhotoshopで作る。

July 10 2009

ブックマークした時に表示されるfaviconですが
けっこう作るのめんどくさいんです。
特に背景を透過させようと思うと、フリーソフトでポチポチやったりとか。。
そりゃ、ドット絵作るみたいにやればクオリティも上がるのでしょうけど

めんどくさい。

で、使い慣れてるPhotoshopで作れりゃあなあ、と思って
色々とググってみたらいいのがあるじゃないですか。

ICO (Windows Icon) Format
http://www.telegraphics.com.au/sw/#icoformat

これは、Photoshopの保存形式に*.icoを追加するプラグイン。
もちろん背景を透明にして保存すれば、それをそのまま保持できます。

上記リンクから自分の環境に適した物をダウンロードして、プラグインフォルダにコピーすればOK。
僕はWindows XP Pro環境なので
右側一番上の「Windows (standard ICO/favicon)」をダウンロード→解凍。

で、

C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS3\プラグイン\ファイル形式

にICOFormat.8biをコピーしました。

Photoshopを起動して、64×64ピクセルで新規ファイルを作成し
お好みのアイコンを制作。
そして32×32ピクセルにサイズダウンするのですが、
この際に「バイキュービック(シャープ)」を使うと劣化が少ない様です。

さて、保存・・・・・と思ったらICO形式がない。。
「あれ?あれ?」と焦ってたら新規作成する時に16ビットを選択してました(笑)
RGB、8ビットでもう一度作り直したら、ちゃんと保存形式に*.icoが出てきました。

いやー、これは楽になりました。すばらしいです。
作者の方に感謝!

VirtuaWinのWindowルール設定1

April 15 2009

前回のエントリーで書いた「Photoshopのパネルだけが残ってしまう問題」。
デスクトップを切り替えても延々とパネルだけが付いてきてしまって困る。

VirtuaWinの本家フォーラムを頭ウニになりながら、一生懸命読んでたら何となく解決法発見。

とりあえず、タスクバーのVirtuaWinのアイコンを右クリックして「Setup」を起動。
そこの「Modules」タブの中に「WinList」というのがあります。
そいつの設定画面を出してやると、現在アクティブで動いているウィンドウの一覧が表示されます。

ためしに、Photoshopを起動してからこのWinlistの一覧を出してやると

こんな感じでPhotoshop CS3の名前が見えます。

このクラス名をWindowルール設定に追加してやればいいのでは?と思い、
以下の様に設定してみました。

中段あたりの「追加」を押して、クラス名の所にWinlistで表示されているPhotoshopのクラス名
「Photoshop」を追加。
そして「このタイプのウィンドウを管理する」にチェックを入れて
「自動的にこのタイプのウィンドウをデスクトップに移動」の横に数字を「2」に設定。
これは、作業用デスクトップを「2」に固定するための物です。

そしてウィンドウを隠す方法を「Hide by move window」に設定して
下の「適用」を押せば設定完了。

これでパネルだけ残ることもなくなり、Photoshopが2番デスクトップに固定されました。

この設定画面、「ウィンドウ名」と「プロセス名」の設定項目があるんだけど
プロセス名の「Photoshop.exe」にしても改善されませんでした。

そして、例えばデスクトップ1にいるときにPhotoshopを起動しても
表示デスクトップが2に移動してくれるわけではありません。

まずデスクトップ1でPhotoshopが起動して、デスクトップ2に手動で移動すると
Photoshop全体が一緒にデスクトップ2に付いてきて、
そのままずっとそこに居座る、という挙動です。

Firefoxを登録してみようと、Winlistを見てクラス名「MozillaUlWindowClass」を
Photoshopと同じように設定してみましたが
こちらは思うようには動きませんでした。

うーん、プロセス名で判断してくれたら登録も楽なのになあ。

まだもうちょっと研究が必要な感じですね。

引き続き試行錯誤を続けてみたいと思います。
もし何かわかる方がいらっしゃれば、ぜひコメントお願い致します。

« Feb 2019 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31