ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

造形授業22時間目 ― 数十年ぶりの筆塗りに心折れつつもGM完成

June 22 2017

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も22時間目。
前回までの経緯はこちら。

造形授業21時間目 ― 延々と耐水ペーパーでこする1時間

後はモールディング処理と色塗り、って事ですが足りない物をまず入手。

子供の頃に売ってた「ガンダムカラー」というのは今でも販売が継続されている。
それの「連邦軍グレーカラー・ファントムグレー」というのを入手。
ラッカー系の塗料には塗るにも掃除にも必要って事で薄め液も。
筆もそれなりのサイズのモンがいるやろう、って事でセット追加。
真ん中のアクリジョン黒はつやなしを購入。
(GMのコックピット部分のデカールを紛失したためであるw)

さて、と。部屋の窓を開け放って換気。数十年ぶりの塗装開始。
うーん、これこれ。このシンナーの香りな。(悪用した事はありません)

足パーツの先、そして腕パーツ等の輪っかの中などを塗るわけですが・・

無理。もうこんなん絶対無理。

久しぶりだから出来なかったのか、もしかすると元々出来なかったのを忘れてるのか
筆ムラなどが出まくって塗る度に凹んでいく気持ち(笑)

足の先の塗り分けは断念。
コックピット部分のつや消し黒を塗った後にガンダムマーカースミ入れペンで処理。
で、ひとまず完成(という事にしておきます)

気が向いたら(作り続けているウチに塗装の技量があがったりとか)シールドの裏とかも
塗り分けてみたいと思いまっす。

今回組み上げたキットはこちら。

さあ残りは「シャア専用ズゴック」のみ。

| Posted in プラモデル | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30