ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

スマホ&Bluetoothヘッドセットマイクを試してみた。

December 14 2013

友人が運転中に携帯電話で通話してて警察に止められたらしく
「なんやワイヤレスのヘッドホン?ってあるんやっけ」との事。

僕自身は運転中はカーナビ(HRV02)とBluetooth連動させて、
カーナビの音声入力用マイク、そしてカーナビのディスプレイからモニターしている。
ただし、これだと他の同乗者に通話がまる聞こえになる。
一度、通話相手と同乗者の話になり「あの人はどうせ遅れてくるから」みたいな
とっても微妙な会話内容を聞かれてしまった経緯もある。
相手はまさかスピーカーで会話が流れてるとは思わなかったので仕方ないのだけど
電話切った後、こっちがめっちゃ困りました(笑)

そして、通話をスピーカーから流している以上
どうしてもその音声を再びマイクが拾うので、快適な通話環境にはならない。
人によってはディレイがかかったような音声になるらしいのだ。
一度、このヘッドセットマイクを試してみたいなと思ってたので
「じゃあオレが代わりに買っとくからテストさせてもろてもいい?」って事で
今回、Amazonで購入したのがこちら。

たくさんのレビューがついてたし、値段も手頃だったのでこいつに決めました。
本日家に届いたので早速試してみることに。

まず思ったより小さい事に驚きました。
口からこんなに離れてて音声を拾うのかどうか心配になる。

ベアリング自体はとても簡単に終了。
本体全体がスイッチになっており、カチリと押し込むと
英語のガイダンスで「Connected」と流れてなんかちょっとカッコイイ。
固定電話から携帯の方に電話をかけてみると、独自の着信音が耳に流れる。
そして、本体のスイッチをカチリと押し込むことで電話を取れる。

携帯電話本体を一切触らなくていいのは、運転中というシチュエーションには最適。
今までのカーナビ連動だと発信も着信も電話本体を触らないとダメだったので
なんやかんやと危ないから、こいつはとても便利な機能。

ちなみにカチカチとダブルクリック(?)するとリダイヤルが。
長押しすると音声ガイダンスが流れて
「発信、と発音した後で名前か電話番号を発音してくれ」と
音声検索、そして発信まで出来るというから驚き。

しかし、この音声発信は自分のXperia UL(SOL22)では出来なかったです。
画面は音声検索に切り替わるのだけれど、どうもUS(英語)モードになるらしく
電話側の設定で日本語にしても使えませんでした。

ちょっとした「地球防衛軍」気取りが出来そうなこのアイテム。
持ってても良いかなあ、と思えるようになりました(笑)

ちなみに楽ナビとの同時認識は出来ない様子。
このヘッドセットとベアリングしながら、FoxfiでオンデマンドVICS情報を
取ろうとしたのだれどもダメでした。
なんぞ方法はあるのかも知れませんが、今回はここで諦めモード。

自分がヘッドセットマイクを使うようになったらまた模索しますか。

| Posted in 車関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31