ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 育児

6歳と4歳の風景 ― 個人懇談会において

本日は通っている保育園での懇談会でありました。 いつも事務的なあいさつだけしか交わさない若い女性である保育園の先生とマンツーマンで話すという、自分自身のモードによってはなんとも言えない感があるのだけれど、あくまで保護者としてのスタンスなのだぞと自分に言い聞かせる。 だから変なボケも笑いもいらない、という事を徹底して挑んだ。 よく回るこの口が災いを生む場面だってある事は自分でよくわかっている。 それはもうずっと自分につきまとう「呪い」みたいなもんである。 言いたい事も言えないナントカはポイズン、なんつーのは所詮歌詞の世界にしか過ぎない。 まずは6歳の娘から。 先生曰く 「お友達と遊んでいる時に『自分さえ我慢すれば』って場面がたまに見受けられますね」と。 ああ、イヤな場面に遭遇しても「イヤ!」と……(続きを読む)

子供職業体験「マック・アドベンチャー」に行ってきました

昨夜の姫路から雪中強行軍での帰宅後、寝て起きると一面の銀世界。 年に1度はこういう日が来るんですが、本当に日曜日でよかった。 こんな日に保育園やなんじゃとなるとそれこそ色んな予定が崩れまくるのである。 しかし、今日は前から予約していた大事なイベントが。 マクドナルドが提供しているこども職業体験イベントである「マック・アドベンチャー」の予約日が今日だったからである。 一連の騒動でファミリー層が離れてしまったと言われるマクドナルドですが、2016年からこういうイベントを開始したそうで、いわゆる年中さん以上の子供たちに職場を見学させてくれて、ハンバーガーを作らせてくれるプログラム。 但し、昨今のノロウィルスなどの影響で現在では新規受付はストップしている様子。 入店してその張り紙を見て「マジか!」思……(続きを読む)

はじめての電車移動と梅田散策

本日は祝日、保育園は休み、ワイフは仕事。ミーは夜から仕事。 いわゆるこの間の文化の日と同じパティーンの勤労感謝の日でした。 https://blog.g-fellows.com/days/child/7127/ 朝ご飯を食べた後、しばらくはアンチャーテッドをみんなで遊んでたのだけど やっぱり長男(4)が「どっか行きたいモード」を発動。 この間の梅田でのセミナー時に見かけた阪急百貨店のクリスマスディスプレイを 見せてあげようと思い立って「んじゃ電車でどっか行こか」と提案。 「行く!!!」と即答。はい決定。 しかし、我が家は最寄り駅までバスで40分近い山奥。 チビ二人連れてバス移動は疲れている帰り道がとてもハイリスクと判断。 なので、最寄り駅までは車で移動して、そこから電車に乗る事を思い立つ。 ……(続きを読む)

長男が4歳になりました

ウチのボンが4歳になりました。 ここ最近は一生懸命なにかを伝えようと「えとな、えとな」と喋っておりますが まだいかんせんうまく伝えられないもどかしさが前面に出ています。 とはいえ、本当にここまで無事に来てくれた事に感謝。 ここぞ、という時に緊急入院するというお家芸も今ではすっかり息を潜めましたしw 「何が食べたい?」というリクエストには「手巻き寿司」というシブ目の選択。 手巻き寿司ってけっこう楽なので、茶碗蒸しと赤だしも追加。 そして、プレゼントは「魔法つかいプリキュア」のフラワーエコーワンド・・・・ 上にお姉ちゃんがおる、って事でバリバリ影響を受けているのは仕方ないですが キュアフェリーチェになった気分で楽しそうに遊んでるのを見てると これでよかったんだろうな、とは思います。 まあ、大きく……(続きを読む)

成長の証 ― 保育園での発表会

昨年に引き続き、今年も子供らが通っている保育園での発表会が開催。 8月から今までずっと練習してきた事を披露するってことで チビら二人は朝から張り切っておりました。 しかし昨年、長男(当時2歳)はステージに登場した瞬間に カメラのフラッシュに面食らったのか、ステージ上でフリーズ。 というか、こういう場でフラッシュを使うんじゃない、と思うんやけども 1億総カメラマン時代にそんな事を問うても多分無駄なんでしょうな。 自分もステージに向けてフラッシュ焚かれると違う意味でフリーズ(表情が)するので それは案外、親譲りのとこもあるのかも知れません(笑) たった1年とは言えど子供の性格が変わる、ってのは親ですら驚きでした。 成長してんだなあ、と思ったのは長男の張り切りようというか 去り際に一発ネタかます、……(続きを読む)

文化の日2016

本日は文化の日で祝日、って事らしいけども僕は休み、嫁さんはお仕事、 そして保育園も休み。 「ではよろしく」と仕事に向かう嫁さんを見送って振り返るとそこには 「どこに行く?」とテンションマックスの6才と3才。 とはいえ、ちょっと前に比べて本当に楽になったのは事実。 離乳食やオムツを背中のリュックに背負う重装備プラス、 ベビーカーを「どっちが乗るのか」と取り合って泣き出してそこから動かなくなる、 なんて事はもうなくなったからだ。 「出来れば家に居たい」なんていう大人の都合は通らぬ。 見たいアニメがあった長女はしばらくはおとなしくテレビを見てたものの やはり3歳児な長男には家の中に籠もってる、というのは退屈らしく 「どっか行きたい」とゴネだす。 とりあえず食材の買い出し、という名目でイオンにでも連……(続きを読む)

 
1 / 1912345...10...最後 »

« Jan 2017 February 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28