ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 日々雑記

ジュースの手配に明け暮れる日

いわゆる「学童保育の当番」というのが回ってきまして、80人分のジュースを買いに走る。 しかし、意外な事にこれが難しい事に気付きました。 どこに行ってもないんですよ、80人分の紙パックの在庫が・・! 缶ジュースならいっぱいあるんですけども、やっぱり紙パックてのは日持ちせんからか。 この手配を19日までに済ませてしまわければ予定が狂ってしまう。 焦りながらも近所のスーパーに駆け込んで事情を説明。 すると「配達も出来ます」という返事をもらって、80人分のオーダーをして帰宅。 しかし、電話があって「物は揃えれますが、配達が難しい」との事で。 なんというぬか喜び・・っ! それなら19日までに物を手配してくれれば、取りに行きますと言うたら 「それも今のとこはわからない」と(笑) ああ、この選択は果たして……(続きを読む)

72回目の終戦記念日

少し早めに起きてベランダに出ると娘の持ち帰った朝顔の鉢に花が咲いていました。 だいぶとピークは過ぎて枯れてきてはいますが、ちゃんと毎日水をやってるからかな。 ベランダから街の景色を眺めると若干地面が濡れていたので雨が降ってた模様。 見上げた空は若干曇りがちだけど、セミの鳴き声が聞こえている。 そういえば、72年前の今日を描いた書物や映画ではいつも晴れた描写がされていたなあと想いながらテレビをつける。 全国戦没者追悼式、正午の1分間の黙祷。 今年は早めに家族が広島に帰省しているので、今年は1人での黙祷でした。 我が家も今日で12年目。 様々な転機を迎えつつあるここ最近、色々と整理しなきゃならない事柄が増えております。 生きたくても生きれなかった人達を弔うこの日に、生きる事が若干面倒くさくなりつ……(続きを読む)

NHKスペシャル「原爆死~ヒロシマ 72年目の真実~」を見て

毎年、8月になると太平洋戦争関連の番組が放送される。 NHKはさすがと言うか戦争関連の番組は力を入れており、昨年はCGで広島に原爆投下された直後の様子を再現したりしてましたが、今年はいわゆる「ビッグデータ」を活用して、航空地図に反映させるというプログラムでした。 https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586953/index.html 世界最大級の“戦災ビッグデータ”がある。昭和20年8月6日から今日に至るまで、広島市が蓄積してきた55万人に及ぶ被爆者たちの記録「原爆被爆者動態調査」。NHKは今回、この元データを初めて市から入手、最新のビッグデータ解析技術を駆使し、時系列に並べて地図に落とし込んだ。人々は最悪の兵器によってどのようにして亡くなっ……(続きを読む)

嵐の中の焼きハラス

久々に大阪直撃コースか、と期待された今年の台風5号(ノルーさん)ですが 和歌山~奈良を通って彦根市に達しているようです。 さすが大阪、ATフィールドを持つ街としてネット界隈では一部噂になるだけはある。 なんにせよ大災害になったらかなんので、これは喜ぶべき事なんしょうけども 外側の雲による大雨には引き続き警戒は必要みたいです。 昨夜は夜勤でしたけども、ちょうど朝帰って来た時にベランダのプチトマトが折れてないか確認し、その後洗濯して部屋干しの後で眠りについたんですけども、起きてもそないに嵐って感じではなかったですね。 ちょうどお米の配達を夕方に指定してたので、大変恐縮しながら受け取ったんですけども 今日はちょうど家で仕事をする日だったのでもう家から出ませんでした。 他の家族は夏休みって事ですでに……(続きを読む)

多様性 ― 大きな祈りを妨げる小さな志

昭和20年8月6日、朝8時15分。 広島上空に原子爆弾が炸裂したあの日以来、この時刻には1分間の黙祷が捧げられてきた。 大きな大きな祈り、二度と繰り返さないという決意と共に。 しかし、どうやら70年も経つとそんな儀式を何とも思わない人達が出てくるようで。 しかし、どうなんじゃろう…8時15分になっても太鼓を叩いて叫び続けて黙祷を捧げようともしない輩が本当に居たとはな…せめて1分間だけでも黙ってる事が出来んのか幼子でもやってたぞ、と思ったな#広島原爆の日 pic.twitter.com/FH1IpNVkXQ — 坂本龍馬 (@historical_per) August 5, 2017 原爆ドームの真ん前で「安倍を監獄へ」のノボリを立てて。 戦没関係のイベントで黙祷をせずにこんな小……(続きを読む)

川遊び再び ― 焼き付けておきたい風景達

夕方近くから、また昨日の川に行きたいとのご要望が出まして再度出撃。 今日はコケても大丈夫なように子供達は水着を着ていくことに。 これなら少々ムチャをしても泣かなくて済むしね(笑) 向こうに見える橋の下をゴールに設定して協力して進むチビ達。 こういうのを見ると本当に成長したんだなあ、と感慨深い。 付かず離れずの距離で付いていきながら、それぞれが生まれた時の事を思い返したり。 一生懸命な2人から離れて少し先回りしてももう泣いたりはしない。 大きくなってもこうやって協力しあえるようならばいいな、と思う。 叶わなかった事を子供に託す、というのは親としてはダメなのかもしれませんが。 無事に橋の下にたどり着いてゴール。 ここからまた同じ道程を下る、のはさすがにみんな面倒くさいみたい。 ところがふとその橋……(続きを読む)

 
1 / 13612345...102030...最後 »

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31