ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: ゲーム

懐古 ― 初登校・下校とストリートファイター2

今日は長男が初めての小学校登校。 相変わらずなんやかんやとグズってはいたものの長女と一緒の登校班なのでなんとか登校しよりました。 さて、1年生って事で「慣らし期間」があるのか給食が始まるのは17日から。 それまでは毎日昼前に帰って来よるし、昼食も用意せねばならない。 これはなかなかハード(笑) しばらくは先生に引率されて帰宅って事みたいで、ゴキゲンに帰宅しよりました。 一人で出かけて一人で帰ってくる。 ・・・・これだけでも成長しよったなあと思います。 ピンボールの魔術師 – もうすぐ1歳の長男、後追い真っ最中! こういう過去記事を見たりすると余計にそう思う。 帰宅した長男が「スマホにゲーム入れて!(インストールせよ、の意)」と言い出した。 なんのゲームよ?と問うと 「リュウとケン……(続きを読む)

無双 ― PS3版「仮面ライダー バトライド・ウォー」を遊んでみました

前回の「仮面ライダービルド」放映から我が家には仮面ライダー関連のものが入り込んできております。 自分が子供の頃は「スーパー1」ぐらいまではリアルタイムで見ていましたし、ベルトも「仮面ライダーX」の物があったのをなんとなく覚えていますがそっからぷっつりとライダーとはお別れ。 おっさんになった今も「ガンダム」などのアニメは死ぬほど見てますが「特撮」からは遠ざかったまんまでした。 それはゲームでも同じ事で、ライダー系のゲームは実は何一つやった事なかったんですわね今まで。 この間の台風の際、どうせ家から出れなくなるからなんぞゲームでも買おうかと、近所のリサイクルショップに行った時にPS3版の「仮面ライダー バトライド・ウォー」を購入。 このゲーム、発売は2013年5月なので5年前。定価は7,480円……(続きを読む)

懐古 ― HDMIで出力される粗いドットを眺めて

任天堂は昨年、今年とファミコンとスーファミを小型化、そしてゲームを内蔵して売り出しました。 あの見た目もカワイイし内蔵されてるゲームもなかなかツボをついた選択。 中身はどちらもLinuxベースのエミュレータだそうで。 それを聞いて思いついたのが、名刺サイズのボードコンピュータであるRaspberry Pi。 そしてこのRaspberry PiにRetropieというエミュレータOSを組み込んでみようというお話。 インストールまでは日本語の記事がたくさんありましたが、細かい設定となると海外のフォーラムにしか記事がなくてなかなか苦労しました。 アーケードゲームの中に画面サイズがめいっぱい横に引き延ばされる物があったりとか、未だに解決してない事も多数ありますがご機嫌に動いております。 ファミコン・……(続きを読む)

歴史 ― 大戦略の最新版「大東亜興亡史3」をプレイ中

元から太平洋戦争関連の興味はあったのですが、それを更に後押ししたのが1995年に発売されたセガサターン版の「ワールドアドバンスド大戦略 〜鋼鉄の戦風〜」だった気がします。 ありゃあそれこそ寝食忘れてのめり込んだ想い出が。 あのゲームをやるとヨーロッパや太平洋で戦闘があった地域だけが頭に入るし、兵器の進化も頭に入る(笑) 「スペインって・・・・南米?」とか言うてるくせにブルネイとかポートモレスビーがどこにあるかも言える様になるし、零戦もたくさんの派生型があるってのもわかるようになります。 そんな大戦略シリーズ、現代版はずっとリリースされ続けていたんですが第二次世界大戦物はなぜか2003年の「アドバンスド大戦略IV」から低迷しはじめまして。 開発元のシステムソフトは何を思ったのか、第二次世界大戦……(続きを読む)

PSコントローラーに手の大きさが追いついたら

7歳、そして来月5歳になる我が家のチビ達。 すでにPS3のデュアルショックに手の大きさが追いついたらしい。 さすがに5歳の長男はアナログスティックを操作しながらL1/R1ボタンを握りこむ事はまだ出来ないけど、姉弟仲良く2分割画面でMinecraft内で様々な物を建築しまくってる。 そんな小さい頃からゲームなんて、という声もたまに聞くが我が家は自分が未だにめっさゲームするおっさんな故に「やめろ」とは毛頭言う気がないのである。 (もちろんゲームをあまりせずに育って来た嫁さんは少々否定的ではある) この年まで何者にもなれてないが、ゲームの中では何度も悪者をやっつけて世界を救ったし色んな恋愛もしましたね(笑) 隣同士に住んでる幼なじみの女の子に「一緒に帰るの恥ずかしいし」と言われたりもしたしな。 も……(続きを読む)

迫り来るゾンビ ― 「ZERO LATENCY VR」を体験してきました

VRシステムによるゲームはここ最近、家庭用据置機の世界にまで進出してきてます。 しかしそれはあくまでもヘッドマウントディスプレイだけの世界。 その中を実際に自分で歩き回ったり出来るわけではござんせん。 移動などのコントロールはあくまでも手に持ったコントローラーのみ。 実際に銃を持って歩き回ってゲームをプレイ出来るコーナーが2017年8月、ようやく関西にオープンしました。 あべのキューズモール内のSEGAにオープンした「SEGA VR AREA」がそれです。 そこに「ZERO LATENCY VR」というシステムが設置されたのです。 公式サイトはこちら。 いつもお世話になってるOffice R3のボス、さっきー氏の声かけで集まったのは8名。 ゲーム内容は施設内に入り込んでくるゾンビを銃でなぎ倒……(続きを読む)

 

« Mar 2019 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30