ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 魚飼育

黄色 ― 今までになかった色合いに華やかさが増す水槽の風景とは

さて、アクアリウムですが。 それなりにマメに色々手を入れております。 ヤマトヌマエビ2匹投入によって、茶ごけの心配もだいぶなくなりつつありますが、 ミッキーマウス・プラティが全滅(2匹→繁殖して3匹→全死亡)してしまいまして。 そして、最初はブルーで綺麗だったはずのグッピーオスが最近は色あせてきました。 餌はガシガシ食うてて元気なんですけども、グッピー3匹(メス2,オス1)の色合いがもはやモノトーン。 そしてコリドラス×3、サイアミーズ・フライングフォックス×1、オトシンクルス×1となると、ネオンテトラ以外はもう黒とか茶色ばっかりなんですわね。 これでは「華」がないではないか。 水草も唯一枯れずに残っているアヌビアス・ナナがそれなりに緑色になっているので、ここはちょいと黄色が欲しい所。 仕事……(続きを読む)

水槽 ― ヤマトヌマエビが我が家にやってきた

アクアリウムは意外にも続いております。 まずは近況を。 ネオンテトラが合計13匹に 最初は10匹購入。そしてそれが3匹まで減ってしまったので今回10匹追加しました。 13という諸外国では不吉と呼ばれる数字ではありますが気にしない。 やっぱりネオンテトラはたくさんいる方が良いですね。 50センチ水槽なのでもうちょい増やしてもいいかな、とも思いましたけども今回はこれで様子見。 そうそう。しばらく我が家の水槽の「主」として存在感を放っていた黒デメキンですが死亡しました。 これで純粋な熱帯魚水槽として運営されていく事になります。 コケ対策にいよいよ本命のヤマトヌマエビを導入。 コケ対策としては5月にサイアミーズ・フライング・フォックスを1匹追加しました。 翔狐 ― コケ対策に導入されたサイアミーズ・……(続きを読む)

翔狐 ― コケ対策に導入されたサイアミーズ・フライングフォックス

最初のテンションはどこへやら、アクアリウム関連の記事がないじゃねーかとツッコまれそうではあるここ最近のこのブログ。 てっきりもう放置してんじゃねえのか、と思われてるかもですが生き物の命を扱っている以上、細々とやっております。。 前回の記事はなんと1月。 水槽 ― アクアリウムはサバイバル必須環境になりつつあります あれ以来、水草は結局最初に買ったアヌビアス・ナナが生き残っていて後は全て全滅状態。 そのアヌビアス・ナナもびっしりと茶苔がこびりついている状況が続いております。 水替えの時にはこれを取ろうと指でこすったりするものの全然取れません(´・ω・`) そして、コケ対策の為にいつかオトシンクルスを投入したんですが、我が家のオトちゃんはコケを全然食べてくれない。 いつもヒーターに「ここがぬくい……(続きを読む)

水槽 ― アクアリウムはサバイバル必須環境になりつつあります

昨夜のハードスケジュールの後、下半身はパンツのみという姿で寝落ちしていた様子ですが、その数時間後ふくらはぎではなくスネ側がつる、という激痛で目覚めた朝でした。 スネ側がつるとめちゃめちゃ痛いんですわホンマ。 どの方向に伸ばしてもめっちゃ痛い。 そこで検索して見つけたのがこちらの動画。 ほんまに一発で止まりました。すげえぞツボの世界! で、そっからもう一回寝たらいいものの身体をほぐしに行くべえよと近くのスーパー銭湯へ。 表に出ると雪が降っていましたが、こんな雪の時に露天風呂もええねと。 いつもなら露天風呂は後回しに入るのですが、こんな雪の降る気温の際にいきなり全裸で外気温に触れたらどうなるのか、という中学生の様な好奇心が出てきまして。 まずどのお湯にも入らずにそのまま露天風呂地帯にゴー。 結果……(続きを読む)

細菌 ― まだまだ堕ちていくアクアリウムの沼の前景草とは?

前回「グッピーがやってきた」という記事を投稿したわけですが、あれから6匹も子供産みまして。 余りにもちっさいのでこりゃ隔離したらんと、と買ってきたのがこちら。 浮きドッグ的なメッシュネット。 こいつに生まれたチビ達を隔離する。 ほんまにちっちゃいちっちゃい魚が動いてるんですよ。これはなかなか感動。 しかし5匹までは救い出せたのですが残る1匹がどうしてもすばしっこくて捕まえられない。 どうしようもないので、運を天に任せる。 そして、この隔離した5匹も「ここまで大きくなったからいいか」と放流してみた結果・・・・・ なんと隔離出来なかった1匹だけが生き残り、あとはどこかに消えてしまいまして。 やっぱり過保護はサヴァイブするにはよくねーんだなー、って勝手に納得(オイ そして、入れ替わるようにネオンテ……(続きを読む)

繁殖 ― 繁殖力には定評のある2種がやってまいりました

ネオンテトラが来てだいぶと華やかになった我が家の水槽。 趣味の沼にハマるとありがちなのがそれらが扱われているお店を新規開拓してしまう事。 家族で遊びに行っても、ついついそういう所に寄ってしまう。 で、寄った先で子供達が「これ欲しい!」と新しいお魚ちゃんを購入してしまう、と。 と、子供らが欲しがったのが定番の「グッピー」のつがい。 ハデな色はオスで地味なのはメス。 ギラギラの旦那に地味な奥さん、というのはユニコーンの「スターな男」を彷彿とさせる世界ですな。 そして同時にいなくなってしまったオトシンクルスも2匹導入。 (しかしこのオトシンクルスも片方は二日後に死亡) 昨日立ち寄ったホームセンターで長男がどうしても!と食い下がったのがこちら。 ミッキーマウス・プラティ。しっぽ部分にあの著作権モンス……(続きを読む)

 

« Nov 2019 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31