ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 魚飼育

水槽 ― 縦に伸びるヤツ、横に伸びるヤツ

前回の「魚飼育」のエントリーはいつやったかいね、と調べてみるとなんと今年の1月。 水槽 ― ショートヘアグラスで前景草3度目のトライ ああ、そうね。植えたよショートヘアグラス。 全く育たなかった(引っこ抜かれた)けどね。。 1月以来の魚の増減と言えば、金魚飼育時代からの古株だったコリドラス3匹の内、1匹が死亡。 ネオンテトラも5匹まで減ったので10匹追加。 グッピーも増えたり減ったりして現在は雄1匹、雌2匹。 2匹に増えたオトシンクルスは健在。 1匹だけ愛らしくぼけーっと泳いでるゴールデンハニードワーフグラミーも健在。 ブラッドオレンジライヤーモーリーは一時4匹まで増えたが現在は2匹。 しかし、購入当時の強烈なオレンジ色はどこへやら、すっかり白くなりまして・・・ ヤマトヌマエビは現在8匹で運……(続きを読む)

水槽 ― ショートヘアグラスで前景草3度目のトライ

仕事は夜からだったので朝まで起きて、そこから寝ようという予定でしたが見事に子供らと寝てしまいまして起きたら3時。 あー、こりゃこっからは寝れませんって事でそのまま朝までお仕事。 具たっぷりの味噌汁を作ったものの、サツマイモのアクのせいでめっさ薬臭い味に。 そーかー、アク抜きしたらんとあかんのやな・・・ 本来はみんなを送り出してから寝る予定でしたが、すっかり睡眠サイクルがおかしくなってるので、頼まれてた買い物にさっさと出かける事にする。 やってきたのはEXPOCITY。アクアリウムやハムスター関連はここのペットショップが最も豊富だからである。 開店直後のEXPOCITYはガラガラやし、一人で来てるしとせっかくなので一度全ての店を見て回る事に。 最近、急務となっている「娘の子供服についての調査」……(続きを読む)

実験 ― 砂糖とドライイーストで二酸化炭素とアルコールができます

アクアリウム生活を始めて約1年半。 水草が生い茂る水槽内に色とりどりの熱帯魚が泳ぎ回り、それを僕はゆったりと眺める、みたいなんを想像しておりましたが、現実はそううまくは。 植える水草はアヌビアスナナ以外はすべて枯れる、というのを繰り返し。 白点病やヒーター事故で魚はお星様になったり。 その上、コケばっかり生い茂るというのを繰り返しの歴史でありました。。 先月、重い腰を上げてようやく水槽Co2添加に踏み切ったわけです。 水草 ― CO2(二酸化炭素添加)はじめました 導入から約1ヶ月経って、二酸化炭素が発生しなくなったのでペットボトルの中身を入れ替えを。 砂糖とドライイーストを混ぜると二酸化炭素が発生し、後にはアルコールが残ると聞いてたのですがペットボトル内の液体の臭いをかいでみると、ほんまに……(続きを読む)

温水 ― よりによって元旦から発生する水槽コロニー落としイベント

明けましておめでとうございます。 今年もこの試行錯誤の実験人生「ハナモゲラボ」をよろしくお願いいたします。 このブログもいよいよ12年目に突入しますか。 干支が一回りって事ですね。 まだ年賀状を家のプリンターで作ってた頃は素材CD-ROMなんてのを買ってましたが、いつの間にか一回りしてもう買わなくて良くなった事を思い出します(笑) さすがに12年経ったデザインはものっそ古さを感じますけどもねw さて、そんな元旦。 水槽内の魚ちゃん達にご飯あげようと思って、LEDランプを付けたらいつもと様子が違う。 いつもならマイダーリン(by,ハウンドドッグ「今夜ハートで」)「餌や!餌や!」と色とりどりの魚たちがワサワサ寄ってくるんですが、全然そんな様子が見えぬ。 特に一番多いネオンテトラ(年末の段階で11……(続きを読む)

水草 ― CO2(二酸化炭素添加)はじめました

世の中的にはCO2に関してはヤイヤイと言われてますわね。 高校生の少女が世界を相手に戦っているのが連日報道されております。 CO2は減らさんとアカンねという認識ですが、それをわざわざ人工的に作り出すという悪行に今回手を染めました。 というのも、これはアクアリウムのお話。 この1年近く、ずっと熱帯魚と一緒に水草も育ててきたのですがアヌビアス・ナナ以外は全て全滅。 そして、この間出先で買ってきた水草もすでに葉の色が悪くなってきました。 水草が光合成する為には 光 栄養分(窒素、リン、カリウム) 二酸化炭素(CO2) が必要なのですが、光はLEDライトを設置しているのでOK。 栄養分は茶コケが存分に育ってヤマトヌマエビを5匹投入するハメになってるのでOK。 という事は、あと足りないのは二酸化炭素っ……(続きを読む)

黄色 ― 今までになかった色合いに華やかさが増す水槽の風景とは

さて、アクアリウムですが。 それなりにマメに色々手を入れております。 ヤマトヌマエビ2匹投入によって、茶ごけの心配もだいぶなくなりつつありますが、 ミッキーマウス・プラティが全滅(2匹→繁殖して3匹→全死亡)してしまいまして。 そして、最初はブルーで綺麗だったはずのグッピーオスが最近は色あせてきました。 餌はガシガシ食うてて元気なんですけども、グッピー3匹(メス2,オス1)の色合いがもはやモノトーン。 そしてコリドラス×3、サイアミーズ・フライングフォックス×1、オトシンクルス×1となると、ネオンテトラ以外はもう黒とか茶色ばっかりなんですわね。 これでは「華」がないではないか。 水草も唯一枯れずに残っているアヌビアス・ナナがそれなりに緑色になっているので、ここはちょいと黄色が欲しい所。 仕事……(続きを読む)

 

« Sep 2020 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31