ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

水槽 ― 縦に伸びるヤツ、横に伸びるヤツ

September 24 2020

前回の「魚飼育」のエントリーはいつやったかいね、と調べてみるとなんと今年の1月。

水槽 ― ショートヘアグラスで前景草3度目のトライ

ああ、そうね。植えたよショートヘアグラス。
全く育たなかった(引っこ抜かれた)けどね。。

1月以来の魚の増減と言えば、金魚飼育時代からの古株だったコリドラス3匹の内、1匹が死亡。
ネオンテトラも5匹まで減ったので10匹追加。
グッピーも増えたり減ったりして現在は雄1匹、雌2匹。
2匹に増えたオトシンクルスは健在。
1匹だけ愛らしくぼけーっと泳いでるゴールデンハニードワーフグラミーも健在。
ブラッドオレンジライヤーモーリーは一時4匹まで増えたが現在は2匹。
しかし、購入当時の強烈なオレンジ色はどこへやら、すっかり白くなりまして・・・
ヤマトヌマエビは現在8匹で運用中。
そして、主の様に振る舞うサイアミーズフライングフォックスもまだ元気です。

水草の方と言えば・・・
クリプトコリネ・ウェンティは伸びすぎて全撤去。
金魚時代からのアヌビアス・ナナも伸びすぎて今ではすっかり流木と一体化しています。

やめときゃいいのに憧れるのよ。絨毯の様に生い茂る前景草を・・・

で、パールグラスってのを買って植えたんですわね。

これが8月17日。

なんせ「横に伸びる」草ってざっと読んだので楽しみにしてたわけですよ。
もうCO2の添加もしてるし枯れる事はねえだろう、と。

それが1ヶ月経ったらこう。

お前、めっちゃ縦に伸びてるやん・・・・

というのもパールグラスって水草は「ニューラージパールグラス」やら「キューバパールグラス」など種類がいっぱいあるみたいで、こいつは縦に伸びるやつだったそうで・・・

とはいえ、ほっといたらまたエライ事になるしなあ・・・・と

こういう水草メンテナンスセットを購入しちまいました。
これはAmazonで990円で売られてたやつですが、初心者の自分には必要充分です。
ADAというアクアリウム関連のメーカーがあるんですが、ここのモンが何でも高い。
ハサミなんぞ1本で8000円しよるんですぜ。
なんの材質で出来てるんですか?もしかしてオールチタン製ですか?
そのハサミを持つとなんぞアビリティでもついて、切ると同時に雷でも打てるようになるんですか?
家でしか着ないジャージをわざわざアディダスにするような性格ではありませんが故、ノーブランドでオッケイ!

これらを使って伸びすぎた草を切り、それを集めて束を作って横に植える。

これを繰り返して右側はほどよいジャングルを作るぜ。。

さてその「横に伸びていく」パールグラスのキューバパールグラスも後日購入。

前回のショートヘアグラスの時は寒天で根を固めてるヤツを買いました。
植えるのにバラして植えなきゃならなかったので面倒くさかったし、そのせいで引っこ抜かれて全滅したんだろう、と。

今回は根部分をソイルで固めてあるヤツにしました。
このソイル毎、砂利にそのまま埋めてしまえるのでバラけたり引っこ抜かれたりはせんだろうと。

そうそう、水槽の左側には石なんぞをレイアウトしたりしました。
あっという間に緑のコケが付くので今では後悔しております(笑)
ヤマトヌマエビちゃんは緑のコケ食べてくれねえんだもの。

現在の全体図はこちら。

左側が緑の絨毯で覆われるのを夢見て、現在もアクアリウム道を邁進中であります。

| Posted in 魚飼育 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Sep 2020 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31