ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

終焉 ― さらば、たいこ弁当!自己破産申請で全店閉店へ

February 25 2017

土曜日の深夜、ダブルキングカフェでのライブを終えての帰り道。
いつものように国道372号線を走っておりました。

もちろんライブ後って事でお腹が空いてます。
この曲がり角を抜けたらいつものたいこ弁当の灯りが見えてくる・・・あれ?
向かいのコンビニの灯りは見えるけどなぜにたいこ弁当の灯りが見えないのだ。
ズラリと立ち並ぶジュースの自動販売機の灯りも見えない。
24時間営業なのでこれはおかしいぞ。

イヤな予感がして車を駐車場に乗り入れる。
入口には貼り紙が。

ブログ「絵描きブドウちゃんの姫路の種」からの引用

オーマイガー!!!なんてこった!!
真っ暗なたいこ弁当高岡店の前で立ち尽くす深夜2時。

これで姫路の帰り道、国道372号線に深夜に開いてる飲食店は
もはや「前線基地」と言っても過言では無い松屋亀岡店しかなくなってしまった。

神戸新聞NEXTの記事「たいこ弁当」の本陣、自己破産申請へ」
https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201701/0009875074.shtml

兵庫県姫路市など播磨地域で19店舗を展開する直営弁当店「たいこ弁当」で知られる食品会社の本陣(加西市)が31日、事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが分かった。帝国データバンク神戸支店によると、負債総額は21億円。

本陣は1972年、仕出し料理店として創業。近年はコンビニエンスストアとの競合が激しく、法事向け需要も減少していた。個人客への仕出し、スーパーへの弁当供給、企業への弁当宅配から順次撤退し、「たいこ弁当」に特化。立て直しを図ったが、16年9月期で4年連続赤字となり、事業継続が不可能と判断したという。

ああ、あの昭和の香りバリバリの雰囲気も、男前過ぎる公式サイトももう見れなくなるのか。
もちろん公式サイトもFBページにも今回の事は何も触れられていません。
さすが男前。つか、そういうのがあかん気がするんだけど・・・

それにしても2月ってこういう話が多いんだよなあ。
諸行無常、って言葉を最近やたらこのブログに書いてる気がするけども、
そうやって世界は変わっていくんだね。残酷だけどね。

オレもこのままどこに流れていくんかなあ・・・なんてな。

よい思い出とよい味をありがとう、たいこ弁当。大好きでした。

なんとなくしっくりと来ない感。

February 23 2017

昨日のfaviconの件にしてもそうだが、なにかこう糞詰まりチックな結末が多いのね。
いつの間にかこのブログの内部リンクのembedも効かなくなってやがるしさ。
出来てた頃の記事をビジュアルエディタで見たらちゃんと出来てるのにだよ。
再度張り直すとできねーってなんですかこれは、これはなんですか。
海外のフォーラムで大抵は解決策を拾えて生きながらえて来たというのに、
ここ最近の事例に関しては、検索ワードのひらめきが鈍いのか全くダメ。

それを公衆の前でテキストとして垂れ流す事の是非はともかくとして
なんとなくパッとしねえんですよ、ええ、パッとね。
ただ単に自尊心を守りたいがために過ぎないのか、という自問自答に
ああ平常運転だよねお前の、と返すインサイドのアナザー僕。

出来るなら出来る、出来ないなら出来ない。
そういうわかりやすい結末に至るまでのプロセスを探れなくなっている。
物事の始まりと終わりは本来はとても明瞭で簡潔な物のはずなのに
なんとなくイライラしてる気持ちが存続してるのはこれは加齢なんすかね。
ここ最近の仮面ライダーみたいに「お前が正義ならお前は悪」というシンプルさがない。
ああ、そうだね、これは僕では出来ないねって認めなきゃいけないのでしょうな。

とはいえ、これはお仕事ではなく自分の手持ちツールでの話なので
「しゃーないなー」って済ます事も出来るんだ。
もしこれが仕事としての案件だったら、と考えてしまうと頭抱えてしまいますわな。

こういう時はあれかね。
とことん解決するまでのめり込むのが吉なのか。
それとも気分転換という「逃げ」に転ずるのか。
見たくないものはとりあえず見ないようにしておくのがいいのか。

とりあえずたくさん寝ましょう。まずそっからだ。
このムシャクシャが消えるまで。

1 / 72412345...102030...最後 »

« Jan 2017 February 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28