ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

集合 ― 急遽2日間の京都ケントス出演でした

November 15 2017

前日の心斎橋ロックンルージュでのライブが始まる直前、電話が鳴りまして。
レギュラーギタリストのリュウ君が急病って事で「急で申し訳ないんやけども明日からしばらく来れそう?」との事。
今週たまたま夜の予定が空いてたのが二日間だけでしたので京都ケントスのレギュラーバンド、イエロー・ジャケッツさんにお邪魔してきました。

4月以来の京都ケントスでしたが、周りに新しいホテルが建ち並んでいてびっくり。
インバウンドの波は街並みをもこんなに急に変えてしまうんですなあ。
たくさんの人が来てお金使ってくれるのは良いことですけどね。
ここまで急激に街並みが変わってしまうとちょいと寂しかったりもします。

とか思いながら京都ケントスに到着してみると、女性Voがコニー姐さん、そしてキーボードが同級生Teru氏とほぼブラック・ダイヤモンドなメンツが勢揃いしておりまして、こんな偶然もあるんやなと(笑)
「なんのときめきもありゃせんわ!」とサウンドチェックの段階で姐さんに暴言を吐くワタシ。

言うなれば出会い系サイトで出会ったメールだけしてた子と初めて待ち合わせたら嫁さんが来た、みたいな気持ちです。よう知らんけど。

さらにたまたまの偶然ですが、近隣のライブハウス、ジョニーエンジェル京都で残る1人のベース、huck氏が本日ライブを行っているという(笑)
そっちのライブが終わってすぐに駆けつけてくれまして、4曲だけですが久しぶりに5人での演奏は出来ました。
その時の模様はブラック・ダイヤモンドのブログに追加してあります。

そして、京都ケントスの通常営業は1日6ステージ。
前日の心斎橋ロックンルージュでのステージ回数が3回って事なので完全に倍。
身体が持つかいね?と心配ではありましたが、なんて事はありません。すぐに慣れましたw
まだ自分でも6回やれるだけの集中力があるんだな、とは思いましたがこれが毎日ってなると想像もつきません。
なので、毎日やってるレギュラーバンドの人達はほんますごいなあと思います。

エンディングやサイズの違いを感じながらのスリリングな演奏も楽しいですが、
50’s編成でサックス(Eimyちゃん)がいてるってのも実は久しぶり。
やっぱり「ダイアナ」とかは本物のサックスじゃないといかんなあ、と思いましたね。
アコギ、ウッベになったFive Caratsにサックスが入ってビル・ヘイリーナンバーとか考えただけでも楽しそうではあります。
・・・・・そうか、その前に歌詞覚えないといかんか。

二日目の女性VoはそのFive Caratsで一緒にやってるLISA嬢でした。
いずれ彼女のブログにその日のレポートがあがると思いますのでまた改めてリンク張ります。

何よりリュウ君の病状が気になるとこです。
お互いもう若くはないので、やっぱり身体の事は心配ですわね。

いつ呼ばれても良いように覚えてないレパートリーをコピーしとこう。

今年最後の心斎橋ロックンルージュ出演でした

November 13 2017

7月から毎月定期的にFAUN TIMEで出演している心斎橋ロックンルージュ。
12月はそれぞれのスケジュールが合わなくて今回が今年最後の出演となりました。
ライブの模様はこちら。

2017ラストの6人編成 ― 2017/11/13「Oldies Live」 at 心斎橋ロックンルージュ

相変わらず家ではアコギしか弾いてないここ最近なので、久しぶりにエレキを持つとまあなんと弦が柔らかい事(笑)
そのおかげかわかりませんが、なんともコードがキレイに鳴る様になりました。
なのでバッキングがいつも以上に楽しくなった気がします。

ここ最近は歌う時に「肩の力を極力抜いた方が良いですよ」というのをVo,しゅんちゃんに教えてもらいまして絶賛実践中です。
やっぱりギターを弾きながら歌うのでどうしても肩に力が入りがちなんですね。
なので「力を入れるのは肘から先だけ!」とイメージしながら声のコントロールを心がけています。
あとは「必要以上にガナるのも良くない」っていう事ですかね。
今までとはかなり違って、抑えめの声量でなんとか感じを出せないか試行錯誤中。
曲のラストに向けてガッと行く時にその方がメリハリつくのかなーとか思ったり。

あと、そろそろ各機材のトラブルが目立ち始めております(笑)
ストラトのボリュームポットのガリは交換すればしまいですけども、例のワイヤレストランスミッターのシールド断線が微妙に痛い。
あのTa4fシールドをまーた作らんとあかんのかという面倒くささが・・・・
あ、それといざと言う時に持ってるモガミのシールドも振ったらノイズが出るのでコイツも作り直さないとダメですね(笑)

色んなモンがガタが来るのは機材も身体も同じですが、メンテナンスってのもマメにやらんとダメですね。

断髪 ― 中学生の時以来の短髪になりました

November 12 2017

今ではもう信じられない話になりましたが、僕が通っていた中学生は強制丸刈りでした。
確か30年前ぐらいって全国の30%が強制丸刈りだったらしいですな。
多感な13歳~15歳ぐらいに丸刈りをしなければならないってのはそれなりにキツい。
なんせ頭に手を当てて髪の毛を指で挟んで、指の間から見えたらアウトという基準ですから。
卒業して高校に行く、という事は「髪の毛が伸ばせる!」という悦びが一番大きかったような。
なんといっても坊主頭とロックンロールは当時は直結せんのですよ。
今はそれこそファッションとして認知されとるでしょうけども(笑)

高校に入ってまずびっくりしたのは

「男がブラシを使っている」という事実そのもの。
ムースとか「なんやあれ??」としか思えませんでした。
泡を頭に塗るとか一体どこの部族の風習かなと。

で、ようやく伸びきるのも高校2年になるぐらいなんですわね。
その時の反動なのかわかりませんが、髪を切るというのはそれなりに抵抗がありましてね。
未だに美容院に行ってもなんとオーダーしていいかわからないってのもきっとそのせい。
たぶん、高校以降はそんなに髪型も変わってなかった気がします。

そんな日々を送りながら今まで来たわけですが、
娘を筆頭に色んな人から「短くした方が良い」との助言を言われまくるようになりまして。

いつも一緒のアタマしてるのもなあ、とも思ってましたんでいっちょ切ったれ、と。
俗に言う「ベリーショート」の部類まで短くしてみましたんですわ。
それこそ「メンズヘアカタログ」的なサイトを娘に見せて「どれにするか決めて」と完全に人任せで。

娘が選んだ写真はこちら。

もちろん顔の形から男前度合いから何もかも違いますが、美容師さんは忠実にこの長さにしてくれました。
サイドを流せないレベルまでに短くしたのは、それこそあの「早く伸びないかな」と日々思っていた高校1年の頃以来になりますかね。
前髪も常に眉毛から下は絶対にあったんですが今回はかなり短くしました。

それと同時にものすごい白髪が目立つようになりましたんで、慌てて染めました(笑)

ショートヘアってのもきっと慣れたら楽なんでしょうけどね。
今の所は違和感しかありません。

肝心な娘は「ちょっと切りすぎかな」と辛口な意見でありましたが(笑)

1 / 53312345...102030...最後 »

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30