ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

黄色 ― 今までになかった色合いに華やかさが増す水槽の風景とは

November 18 2019

さて、アクアリウムですが。
それなりにマメに色々手を入れております。

ヤマトヌマエビ2匹投入によって、茶ごけの心配もだいぶなくなりつつありますが、
ミッキーマウス・プラティが全滅(2匹→繁殖して3匹→全死亡)してしまいまして。
そして、最初はブルーで綺麗だったはずのグッピーオスが最近は色あせてきました。
餌はガシガシ食うてて元気なんですけども、グッピー3匹(メス2,オス1)の色合いがもはやモノトーン。
そしてコリドラス×3、サイアミーズ・フライングフォックス×1、オトシンクルス×1となると、ネオンテトラ以外はもう黒とか茶色ばっかりなんですわね。

これでは「華」がないではないか。

水草も唯一枯れずに残っているアヌビアス・ナナがそれなりに緑色になっているので、ここはちょいと黄色が欲しい所。
仕事終わりの朝イチにペットショップに向かいました。

そして、お迎えしたのがゴールデンハニードワーフグラミー。

ネットではもっと強烈な黄色で尾びれの所が赤くなってる個体の写真があるんですが、このペットショップではそこまでの色の個体はいませんでした。

アクアショップイブ様から画像引用)

まあ、うちのグッピーも色が変わった事もあるしここはあまり細かく考えない事にする。
とりあえずオスメスの区別をされずに売られていたので、まずは1匹だけお迎えしました。

もうちょい黄色いのんおらんかいね?と見回してみると強烈なオレンジのお魚発見。
それが、ブラッドオレンジライヤーモーリー。

こいつぁ黄色いぜ。
今までこの魚の事をまったく知らなかったんですが、ブラック・シルバーなど色んな種類がいる様子。
しっぽが広がる形状の種類に「ライヤー」の名前がつくようです。
これもオスメスの区別がされずに売られていたんですが、同じ色を2匹購入。

後は懲りずにまたも水草を購入。
水草に関してはあらゆるモンを植えてきたけれど、アヌビアス・ナナ以外は消え失せまして(笑)
きっとCO2添加をやってないとか、ライトの光量が弱いとかの原因もあるのでしょうけども。

今回はクリプトコリネ・ウェンティを導入。

右側がクリプトコリネ・ウェンティ。
水質が合わないと根が休眠して葉を溶かしてから、再度仕切り直して新芽を出す神秘の水草らしいw

この水草がもし枯れて再生しないんであれば、もうこりゃCO2添加に乗り出さねばなりませんな。

アクアリウム沼、ズブズブハマって行っております。。

祝日 ― 南森町で「GEKO」5回目のライブ、そしてマスターの誕生日でした

November 16 2019

前回、「オヤジバンド選手権」で決勝に行けなかった以来の単独ライブ。
そして今日はライブ会場であるSHOT BAR Tideマスター、SHADY氏の誕生日当日って事でして。

例の如く夕方あたりから南森町に向かうGEKOさん達。

幸い、雨は降りそうもない良い天気。
もう風はかなり冷たくなっていて冬がそこまで来ている予感がします。

会場に着いたのがちょうど17時前ぐらい。
前回のライブでリクエストをもらってた曲や最近追加した譜面の曲を中心にリハーサルを進めていく。

SHADY氏が急に「パラダイス銀河(光GENJI 1988年のシングル)」を口ずさみだしたので
「そういやどんなコードやろ」とスマホで引っ張ってきて、シブアレンジに挑戦するもこれは断念(笑)

19時30分あたりから演奏がスタート。
このTideでのライブはステージ回数が「演奏している本人が飽きるまで」という設定。
今日はマスターの誕生日という事もあり、色んなお客さんがプレゼントを持ってやってきてました。

結局本日は以下の曲を演奏。

1st Stage
1.I'll Follow the Sun(The Beatles)
2.Two of Us(The Beatles)
3.Isn't She Lovely?(Stevie Wonder)
4.時代(中島みゆき)
5.Under The Boardwalk (The Drifters)
6.I Saw Her Standing There(The Beatles)

2nd Stage
1.赤いスイートピー(松田聖子)
2.ワインレッドの心(安全地帯)
3.抱きしめたい(Mr.Children)
4.Bring it on Home to me(Sam Cooke)
5.Just the Way You Are(Bruno Mars)
6.All My Loving(The Beatles)

3rd Stage
1.愛が止まらない(Wink)
2.ロビンソン(スピッツ)
3.Hey Jude(The Beatles)
4.真夏の果実(サザンオールスターズ)
5.Save The Last Dance For me(The Drifters)
6.異邦人(久保田早紀)

4th Stage
1.More Than Words(Extream)
2.Till There was You(The Beatles)
3.空と君のあいだに(中島みゆき)
4.ハナミズキ(一青窈)
5.Mr.Moonlight(The Beatles)
6.銀河鉄道999(ゴダイゴ)

5th Stage
1.Versace on the Floor(Bruno Mars)
2.恋人も濡れる街角(中村雅俊)
3.木蓮の涙(スターダスト・レビュー)
4.リバーサイドホテル(井上陽水)
5.歩いて帰ろう(斉藤和義)
6.優しさにつつまれたなら(荒井由実)

恒例日付変わりのセッションタイム
1.歌うたいのバラッド
2.もうひとりの俺(矢沢永吉)
3.Birthday(The Beatles)

Extra Stage
1.Hotel California (Eagles)
2.カブトムシ(aiko)
3.Can't Buy me Love(The Beatles)

昨年からするとだいぶとレパートリーは増えたな、とは思いますがいかんせんギター1本なので
奏法やアレンジ含めた色々をもっとバリエーションをつけんとあきませんな、というのがテーマ。
それには練習もそうですが、ルーパーなどをもう少し使える様にせねばなりません(笑)

毎回恒例の日付変わる頃のセッションタイムはSHADY氏から前もってリクエストが。
それがこちらの動画。

なるほど(笑)

ほんとにたまたまなんですが、いつも会場を快く提供してくれるマスターにGEKOからのプレゼントって事で、あのE.YAZAWAロゴに似せた「M.Nishimura」タオルを作ってまして。
それがうまい事、この曲にマッチした形になりました。

歌い終わった際のアウトロで「今夜はありがとう」的なMCをちゃんとする辺り、さすがとしか言い様がない(笑)
もちろんこちらもそれに合わせて音量を下げる、ぐらいの事は出来ますわ。

毎月、ほんまに楽しく演らせてもらって感謝です。
来月は12/14(SAT)に開催します。
やっぱりクリスマスソングですなその日程だと。

撤収しての帰り道、腹が減ったのでラーメン丸源へ。

家に帰ったら午前3時でした。

お初 ― 地元の「ファンクジャムセッション」に参加してきました

November 12 2019

この1年は「地元で演奏出来る所を探そう」キャンペーンみたいな感じでの活動が多めなのです。
前から存在は知っていた「JK茨木」というライブバーで、ファンクジャムセッションが開催されているとの情報をゲット。
そして、その主催者は心斎橋ロックンルージュハウスバンドのギタリスト中崎君。

これは1回行ってみるべ、とGEKO1号ことSHINさんと「地元組」Voあやちゃんと3人で出かける。
と、その前に「ファンクジャムセッション」ってどんな曲演奏すんねやろ、というのを色々調べてみた。
どうやら「4C」と言われる定番曲があるみたいで。

  1. Cissy Strut
  2. (The) Chicken
  3. Chameleon
  4. Cantaloupe Island

う、うーむ・・・・チキンしか知らん・・・。
というわけで前もって「Cissy Strut」の動画を色々見まくる。

なるほど。このAメロ、Bメロを2回やってからソロに移行。
そしてソロは1コード。

とりあえずAメロとBメロのメロディーだけ弾けるようにしておいて当日を迎える。

JK茨木には初めて行ったのですが、これがまたええ雰囲気のお店じゃないですか。
地元にもこんなええ感じの店があるんやねえ。

時間が来て、まずホストミュージシャンによる演奏が2曲。
その最初の曲からもう知らんという(笑)

後から中崎君に聞いたんですがクインシー・ジョーンズの「One Hundred Ways」という曲だったそうで。
これがまたいい演奏で・・・・。
しかもみんな若いのに達者なわけですよ。

自分にはこういう曲をサラリと弾ける素養なんてまるでありません。

ぽつぽつと楽器を持って集まってくる人達も増えて、まず最初のセッション曲は練習してきた「Cissy Strut」から!
挙手して早速ステージに上がって参加する事に。

AメロBメロ2回ずつ、ってのはわかってたんですがソロを他の人に回す際にはBメロを1回挟む事を知る。
ソロはペンタトニックで押し切るしかないという技量しかありません(笑)

GEKO1号ことSHINさんはマイケル・ジャクソンの「Rock with You」でVoとしてステージに。
この曲は知ってはいるのですが、だからと言って弾けるとは限りません(笑)
なので普通にステージ下から眺めておりましたが、また腹立つぐらいカッコエエのよ1号が(笑)
この曲を弾けない自分がどれだけ情けなかった事かw

あやちゃんはアリシア・キーズの「If I ain't Got You」でステージに。
この時に若いボーカルの男の子が上がってましたが、即興でハーモニーを決めてたのにびっくり。
なんや、みんなめっちゃ上手いやん・・・

自分は「The Chicken」で再び演奏しましたが、なんかもう・・もうちょっと上手い事弾けんのかワシって気持ちしか出てきませんでした(笑)
いかに引き出しの中が空っぽなのかが露呈した瞬間でございます。

他の方達の演奏もとっても楽しめたし、何より半分ぐらいの曲が知らない曲だったてのも
めっちゃ勉強になりましたね。
帰ってから今日聞いた曲を色々と調べたりしてるとこういう本が。

さっすがリットーミュージック、そしてナイス宮脇さん。
(宮脇氏の教則本はどれもわかりやすくて実は数冊持ってる)

確かに今日聞いた曲ばっかり載ってますわ!

それにしても世界が広がったというか、自分が狭い世界で演奏してたのがようわかったなあ。
とても楽しかったし、なんせ地元って事もあるので予定が合えば積極的に参加しよかなと思いました。

まずは「4C」からや!といい目標が出来て張り合いが出ます(笑)

良い機会を与えてくれた中崎君に大感謝!ですね。

« Oct 2019 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30