ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

語り部 ― 長男、保育園の発表会で語る

November 11 2017

昨年に引き続きまして、保育園での発表会がありました。
すでに小学生になった長女は今回は観客として参加。
家族総出で年中さんになった長男の成長っぷりを見に行ってきたというわけです。

昨年の様子はこちら。

成長の証 ― 保育園での発表会

演目は合奏、そして劇。
合奏でのパートはなんと単独でのスネアドラムという親父としては「暴挙」とも思えるチョイス。
もちろんなんぞ抜擢された意味合いがあるんであろうと、ハラハラして見守ってましたが意外にも(?)ちゃんと拍のアタマが取れており、ちゃんと先生のピアノに合わせて演奏しておりました。

これはきっと最近の「太鼓の達人」ブームで鍛えられた感もあるのかもしれません(笑)
(ちなみにプレイ中は長女も長男も曲のビートに合わせて僕が背中を4つ打ちしてます)
普段からプリキュアのエンディングに合わせて踊るのが大好きな長男ですから、リズム感が皆無って事はないですわね。

さて、劇の演目は「3匹のこぶた」。
一体なんのパートなんだろうと思ってると、なんとナレーション担当
さすがにこれは複数人での担当でしたが、所々詰まりながらもなんとかこなしていました。

全体的にやっぱりグターとする感があるのが年中さんの良い所(笑)
それもとてもカワイイなあ、と思いつつ息子の成長を頼もしく思いました。

来年は恒例の祭り太鼓、そして劇もグレードアップした内容にトライするわけですがこの調子なら大丈夫かな。

お母さんがいないとにっちもさっちもいかなかった頃とは違い、最近は2人でお出かけも出来る様になったしやっぱり日々色々と成長してるんやなあと思いました。

今から来年が楽しみです。

| Posted in 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jan 2018 February 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28