ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

IEEEカードのトラブル発生。

April 20 2011

以前に書いた記事でUstreamでDVカメラを使う、というのがありました。
記事を読み返して見てもばっちりとDVカメラは認識しています。

が。

最近、DVカメラを認識しなくなっちまいまして。
パソコン自体はこの記事の時と全く変わらぬハードウェア構成なのに。
こりゃIEEEカードのトラブルだなあ、とヤフオクで安いのを買ったんですが
なんとカメラは全く認識せず。

自宅には他にIEEEの機材がないので、問題の切り分けが難しく
かといって「はっはっは!仕方ないなあ!」とあきらめれる器もないので
あれやこれやと調べてみました。

するとどうやらIEEEカードのチップのせいではないのか?という問題が。

当初付いていたIEEEカードはBUFFALOのIFC-IL3/DVという製品。
これは日本橋でんでんタウンのどこかで、中古で数百円で入手したシロモノ。
デバイスマネージャ上に認識されるのは
「Texas Instruments OHCI Compliant IEEE 1394 Host Controller」です。
これが最近ではDVカメラ認識→数秒で落ちるという挙動。
(WindowsXPをクリーンインストールしてもダメでした。)

新しく買ったIEEEカードはI/O DATAの「1394-PCI3」というカード。
デバイスマネージャ上では
「VIA OHCI Compliant IEEE 1394 Host Controller 」として認識されます。
しかし、こいつは全くカメラを認識しません。

色々調べてみた結果、どうやらDTM業界では
「Texas社のチップを積んでいる物以外はゴミに等しい」てな評価みたいで
メーカーによってはTexas社以外のチップでは動作保証もしていない所も。

MOTU社の「WindowsマシンでのFireWire(IEEE1394)チップについて

うーん、という事は・・・・・
■当初、使っていたバッファローのIEEEカードがなんらかのトラブル。
■新しいI/O DATAのカードはチップに問題あり。
ということなのかなあ。

しかも、最近ではTexas社のチップを積んだPCIカード自体少なくなってきているとか。

近日中にTexas社のチップを積んだ新品のIEEEカードを入手して
この問題を解決したいと思っています。

| Posted in PC関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30