ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

赤黒 ― 長男のランドセルをようやく購入、そしてランドセル今昔物語

March 21 2019

自分が子供の頃のランドセルのカラーと言えば赤と黒、しかなかったような気がする。
それ以外のカラーを誰かが持っていたという記憶はないんですな。
ランドセルという物に興味もなかったし、アレは「与えられる物」としてのイメージしかなかった。
気がつけばそこにあったし、それの色について「これは嫌だ」などと思うこともありませんでした。
小学校4年ぐらいからは運搬機能プラス「投擲武器」としての機能を持ち出した事もあり、結局6年間使えずに途中からは肩下げカバンになっておりました。

ところが昨今はそれこそどんな色や形でもあるんちゃうか、と思うぐらいのバリエーション。
色々と検索してみると2001年にイオンがトップバリュブランドで24色展開を始めたのがきっかけらしい。
「LIRICO」というメーカーは毎年、子供心というより「オトナコドモ心」をくすぐるラインナップを展開している。
女の子向けのやつがとてもオシャレなのですよ。
https://www.lirico.co.jp/

この中の「BASE CAMP TypeーF」というモデルがまたシブいのよ。

この抜き文字は別になくてもいいかと思うんだが、このグリーン、そして半カブセのデザインがなんとも量産型ザク。

これを昨年の春頃に見た時、長男に「これどうや」って言うたが即拒否w
まあ、5歳から見たらそら何がええんかさっぱりわかりませんやね(笑)

そもそもじゃあ君はどんなんが欲しいねん、と問うたら「普通の形で真っ青!」との事。
お、ランバ・ラルのパーソナルカラーやね、ザクとは違うのだよザクとは。

いや、そうじゃない。

まだまだ成長期。急に好みも変わるかもしれない。
その時にヨシと思ってても、いざ入学の時になったら「これはなんか嫌だ」となるかもしれん。
うちの小学校はきっちり6年間、ランドセルを使わなければならないという決まりらしい。
5年ぐらいになって「真っ青」というのもなんかなあ・・・・
プリキュア好きだった過去もあるし「ピンクがいい!!」と言い出さんかっただけまだええんやけども。

自分の時はただ単に「与えられるモン」としての認識だったランドセルが今や「家族で選ぶ物」になっているんやなと改めて価値観の変化に驚く。

なので、ここはギリギリまで待つ事にしました。
周りの保護者友達からは「まだ買ってへんの???小学校行けるん?」的な事を言われまくりでしたがあえて待つ。

そして、本日。
改めて息子を連れてランドセル売り場へ。
さあ、お前は何を選ぶ?

「これ」と選んだのは漆黒のブラックカラーでした。
黒地で青のバインディングが入ったちょっとカッコイイのもあったけどそれはなんか違うそうで。
いいね。ジェット・ストリーム・アタックの黒い三連星カラーだ(違
6年保障もきっちり付いてる国産のクラリーノ製で、めちゃめちゃ軽いモデルを購入しました。

最近は中国生産の10000円ぐらいのヤツがあるので、色が嫌になったり壊れたりしたらそういうのを買い換えていく、という選択肢もあったりしますわね。
自分は6年生の頃にはもうランドセルを背負ってなかったので、その時どんな気持ちだったかを伝える事が出来ない。
でも、当時の自分だと黒にしとってよかったな、と思うやろし今回の長男のチョイスに心で拍手を送りました。

そういえば長女の時(長女は薄い紫をチョイス)はどれぐらい悩んだんやろか、とこのブログを「ランドセル」で検索してみましたが、ヒットするのはガンプラを作ってた記事ばかり(笑)
子供の親としてはクソとしか言い様がないこのブログ内容だったというオチでございます。

| Posted in 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Aug 2019 September 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30