ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

幼児とデジタルデバイスの付き合い方を考える。

October 16 2011

娘もあっという間に1歳3ヶ月になりまして、ヨタヨタと家の中を走り回ってます。
「これはいやー!」などの自己主張もするようになり、
耳をつかんで「みんみー」、目を指さして「みんみー」と「め」と「み」の中間音を発するなど
なかなか楽しませてくれております(笑)

さて、彼女の最近のお気に入りは

僕のスマートフォン(Casio G’z One IS11CA)と妻のiPod Touch。
特に僕のスマートフォンで撮影した自分の動画を見るのが大好きで
アンパンマンなんぞには目もくれません。常に自分大好き。

ギタリストとキーボーディストから産まれたもんですから
自分大好きナルシストな部分はあっても仕方ないとは思いますが
これは多分に僕に似てしまったせいでしょう(泣)

動画の好みはさておいて、まず驚くのは
ギャラリーで動画のサムネイルを見せると、それをちゃんとタップして
動画再生を始めたり(この時ちゃんと「ピ!」って声を発する)
動画が気に入らなければ、きっちりとスワイプして早送りしよるんです。
「こうするんやで」と教えたわけでもないのに、親がするのを見てるんですね。

最近ではスマホを強奪されたり、動画を見せないと泣き叫ぶなど
どんどん依存度が高くなっている様子。
「こんな小さい時からこんなもん持たせて大丈夫なのかなあ・・」と心配になります。

かくいう自分がこういうデバイスに触れたのは11歳の頃でした。
NECから出ていたPC-6001というパソコン(当時はマイコンと言ってた)が最初。
それからすぐに任天堂のファミリー・コンピュータが出ましたので
もうけっこう大きくなってからこういうモンに触れてた様子。

それにしても1歳少しの幼児が片手でスマホを持って、右手でタップしてる光景は
ある意味恐ろしいものがあったりします(笑)

さて、検索してみるとギズモードにこういう記事が。
「iPhoneやiPadを使わせると幼児の発育には深刻な影響がある? 賛否をめぐって大激論!」
http://www.gizmodo.jp/2010/12/iphoneipad_3.html

やっぱり米国でも同じように思っている人がたくさんいるようで(笑)
これはでも事例がないからどうなるかなんてわかりませんよね。
僕等が子供の頃、ファミコンばっかやってるのを見てオカンが同じように思ってたのかも。

個人的には取り上げるような事はしたくないです。
どうせなら色んなモンをガスガス使いこなして、ある程度大人になったら

「おとうさーん、パスワード変えてないからサクっとroot取ったからね♪」とか
極端な方向に行ってもおもしろい気もしますね。

常に試行錯誤、それもまたたのし。

| Posted in 日々雑記, 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30