ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

人が「それ」に至るまでの心理

October 20 2011

僕が好きなサイトに「無限回廊」というものがあります。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/m.htm
このサイトは1930年から日本、もしくは海外で起こった主な殺人事件を
テキストのみで紹介するサイトなのですが、犯人の生い立ちなどを細かく書いてあるのが
僕の好奇心を満たしてくれます。

事件そのものにも興味がありますが、それよりも
なぜ犯人はそれをするに至ったか」という部分が一番興味あるのですね。

高校生の頃、深夜付けっぱなしのテレビから流れていた映画「丑三つの村(主演:古尾谷雅人)」に
釘付けになってしまった事があるのですが、あの凄惨な映画が
まさか本当に起こった事件を題材にしてるとは思いもよらず、
(1938年の「津山三十人殺し事件」を題材にこの作品は作られている)
犯人がなぜここまでの狂気をためこんだのかに興味がわくのです。

人は100人いれば100通りの考え方があり、絶対に他人にはわからない部分がある。
その部分を知る為には、その人がいかにして過ごしてきたかを知るのが
一番手っ取り早いのではないか、と僕個人は考えています。

自分では絶対理解できない事が、相手にはそれが普通だったりすると
もはや会話もなりたちませんが、相手が生きてきた痕跡を少しでもたどれば
なんとなく対策は立てれるかも知れません。

最近の事件では、ブログなどの文章が残ってたりします。
世間を震撼させた去年の2幼児遺棄事件の母親、下村早苗容疑者のブログは
未だに残ったまま、誰もが閲覧出来る状態になっています。
http://ameblo.jp/sakurakomaman/
(このブログを閉じないサイバーエージェントもある意味すごいな、と思いますが・・・)

最近では「犯罪予告」と称して、前もって掲示板などに書き込む場合もあり
このネットという空間には様々な狂気が潜んでいる気がします。

吐き出された文章というものは、やはりその人の性格が宿ります。
言ってる事が極端にコロコロ変わる人の文章は、やはり支離滅裂な部分もあるし
思い込みが激しい人の文章は得てして攻撃的、かつ詩的な構成が多いです。

色々な所をぼんやりと見て回っていておもしろいな、と思うのが
なぜ人は恋愛、それも「人に言えない」ものをブログに書きたがるのでしょうかね。
こういうのは得てして女性がほとんどなんですが
「ダンナも子供もいるけど恋する女でいたい!」みたいなプロフ文章書いてる人って
不倫相手とデートした事とかを普通に彼氏と~とかつらつら書いてたりします。
これってもしバレたら立派な証拠になると思うんですが、そこまで頭がまわんないんですかね。

そもそも「秘め事」を公開するって思考が全く理解できないんですけども
これに至る心理って一体どんなもんなんでしょうかね。
一番かわいそうなのはこんな脳内お花畑の周りにいる人間全てなのでしょうけど。
またこういう人間に限って、「これが私らしい生き方」とか社会的・道義的責任など
モノともしないド阿呆な開き直りを見せるから本当にいたたまれない。

人が「それ」に至るまでの心理。
こればっかりはやはり他人には計り知れない物なのかも知れません。
しかし、残された文章を読むことである程度は理解できる。
デジタル、そしてクラウド化されていく世の中、
たとえその作者が死んでもずっと残ってしまうので、
ある意味、僕みたいな出歯亀趣味を持つ人間にとって良い時代なのかも知れませんね。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30