ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

中耳炎 ― フィギュアスケートの偉業とパパの色気

February 16 2018

朝、起きてみると娘が「耳が痛い」と涙を溜めていた。
つい三日ほど前まで風邪をひいて、学校を休んでいたのでこれはきっと急性中耳炎だろうと判断。
しかし、今日は仕事で出かける予定があったのでどうしようかと思案する。

先方さんにちょっと約束の時間を遅らせてもらえないか、という事をメールしながら朝の準備。
とりあえずは耳鼻科に連れて行って診てもらうのがよかろうと、まずは診察券を出しに向かう。
予約番号は1番目。
診察券を出し終えて帰宅すると娘は痛みが若干マシになっていたようで少し安心。
学校に行く用意をさせて耳鼻科に向かおうとすると「今日は学校を休みたい」と半泣きに。

うーん・・・熱があるわけでもないし痛みも引いてるしなあ。
と、自分も仕事に出かけなきゃならないしお家には1人でいるのは危ないという事をじっくり説明。
納得出来ない様子でべそをかいてる娘をとりあえずは病院に連れて行った。

診察してもらうとやっぱり中耳炎だったようで、風邪の時に鼻をすすり過ぎたのが原因だと。
薬を噴射、そしてネブライザー吸入をしてもらうと痛みはだいぶマシになった様子。
「学校に行ける?」と確認すると大丈夫、との事。
ふっと頭によぎるのは、なんぞ学校に行きたくない理由でもあるんかなという不安。
普段の様子を見る限り大丈夫だとは思うのだけれど、娘はお姉ちゃんという立場からなのかなんでも我慢する傾向があるので注意しておかなければ。

校門まで娘を送り届けて、校内に向かう娘を見送る。
ちょうど休み時間に入ったのと重なったみたいで、何人かのお友達が「どうしたの、大丈夫?」と駆け寄ってくるのが見えた。
さっき色々と考えた事は杞憂よね、と胸をなで下ろして仕事先に向かう。

幸いに約束の時間を後にずらせてもらう事が出来たので乗り切れました。
仕事終わって帰宅すると、すっかり痛みは取れたみたいで元気になってましたが、月曜日にもう1回診察に行かねばなりません。

CMの「パパ」にモヤるのは舘ひろしの色気のせいなのか

本日はフィギュアスケートで羽生結弦くんが復活の1位通過というのが大ニュース。
個人的にはフィギュアスケートは見ててなんやようわからんので「へえ」ぐらいの感動しかないし、羽生という名前が話題になるとその度にTwitterに復活する「#羽生くんの画像をアップすると近い構図の羽生さんの画像が送られてくる」というタグで飛び交う画像の方に興味がある方です(笑)

平昌オリンピックが始まってからやたら目にするのが「ハズキルーペ」という製品のCM。

あの舘ひろし氏が拡大鏡(ルーペ)のCMに出るようになったかあ・・という感慨もありました(笑)
しかし、このCMがどう見ても普通の親子には見えないのは自分の心がヨゴレてるせいでしょうか。
「パパ」っていうのもどの「パパ」やねん、と。お金くれるパパかいな?と。
翌朝(だろう)に「パパもゴキゲンだったし」とネイルを塗り直す女性に「夕べ飲みすぎたな」とバスローブ姿の舘ひろし氏。
ナニがゴキゲンだったんですかあ?っていう下世話な事しか浮かばないってのも、きっと舘ひろし氏に色気がありすぎるからでしょうな(笑)

現役感(なんの)バリバリの色気が素晴らしいですね。

全く同じシチュエーションを温水洋一氏が演じて、娘が「お父さん」と呼んでいれば誤解もされないでしょうしね。

きっとそういうイマジネーションを呼ぶための戦略なんでしょなあ。

| Posted in 日々雑記, 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Nov 2018 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31