ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

葉巻 ― ラッキーストライクシガリロが発売されたので購入してみました

August 09 2019

タバコに関してはなんやかんやと長いお付き合いです。
長いお付き合い、というよりも「これぞ」というのを探す旅とでも言いましょうか。
最初に吸ってたRJRキャメルがアメリカ本国以外はJT生産になり、トルコ葉のあの香りがなくなってしまった以降、好みの味の銘柄を探す旅が続いているというのが近い感覚。

結局あの時は一番味が近かったラッキーストライクFKに移って今に至ります。
ラッキーストライクに移ってからもナット・シャーマン(廃止)、ポール・モール(廃止)、カズベックオーバル(廃止)などなど気に入ったもんがなくなるという歴史は未だに続いております。

久しぶりの庄内 – カズベックオーバルをようやく試せた

ラッキーストライクも青い箱の新製品がちょっと前に出ましたけどあれもダメですわ。
もしかしたらFKがなくなってアレに統一されたらどないしよ、と思ってたんですがそれは大丈夫だったみたい。

そして、そのラッキーストライクから2019年8月6日に新製品が出ました。
ラッキーストライクシガリロ10,そして6という製品名でいわば「シガー」に分類されるものです。

値段は20本入りで350円。タバコとは税金が違うのでこの価格が実現したそうで。
でもシガーでこの値段ってなるとエライ安いよな・・・って思ってました。

FKと比べてかなり細身。シガーって事なのでタバコの葉で巻いてあるようです。
咥えた時点でかなり濃厚な香りがしてるので期待大・・・!

しかしシガーとしてはやっぱり値段なりと言いますか、ちょいと物足りないなあ。。
これならVAPEでチョコレート系のリキッドの方がまだマシかなと思ったり。
きっとこれはもう買わないと思います。

ラッキーストライクは2003年に1916と1942という1年半で消えていった限定銘柄がありましたが、あれを復活させてくれると一番嬉しいのだけども。
特に1916はめちゃめちゃ好みの味でした。
キャメルもそういえば先月、トルコ葉を使用したJTインターナショナル製の物が発売されてたなあ。

パッケージが・・・・なんだろこのダサさ。

そういえばRJRとBATって合併するんだっけ。
時代は変わっていきますなあ・・

| Posted in 趣味 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Sep 2019 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31