ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

久しぶりにドラマというやつを - エンコード設定を見直す日々

July 23 2014

普段、ドラマという物をあまり見ないのでありますが
なぜかCMカット&エンコードという作業は定期的に発生します。
嫁さんが好きな山下智久君が主演のドラマが始まるとそれを要求されるからです(笑)
それでもあの「SUMMER NUDE」からはきっちり1年経つわけですが
時間というものは早いものですな。
不思議な物でCMをサーチしてカットしているだけである程度のストーリーと
登場人物のキャラが読めるようになりました。

最近はスマートフォンに録画したものを放り込んでおけば
移動中などに途切れ途切れではあるけれどドラマや映画を見ることが出来る、という事に気づき
おっさんが黙々とご飯を食べる「孤独のグルメ SEASON4」とか
別嬪さんは目の保養になるという理由の「HERO」などを、
どこに出ても「キムタク」の主役はそっちのけで北川景子のみを楽しんでいます。
気が強くて知的な美人、ああ、とっても素晴らしいです。
欲を言えばメガネチェーンを装備して欲しいものですが、それは狙い過ぎでしょう。

我が家の録画環境はPC上で動いてるTVTestとTVRock。
なので録画した時にはTSファイルなわけですが、以前も記事に書いたように
エンコードソフトはTMPGEnc Video Mastering Works 5を使用してます。

PS3、そして我が家の各種デバイスのどれで見ても大丈夫な設定を探してた結果、
エンコーダはx264でMPEG4-AVC形式、プロファイル&レベルはMain 3.1。
1280×720の画面サイズにして、VBR(平均ビットレート)を1200前後ぐらいが
ちょうどいいんじゃないかなーと思い始めています。
ファイルサイズが1時間あたり1GB近くなりますけど、テレビで見た時の劣化具合が
これぐらいが下限な気がします。

恐らくもっといい設定があるのかも知れませんけども、
こればっかりは試行錯誤しないとわかりませんし、ファイルサイズと自分の気持ちが
うまく折り合いがつくかどうか、ってのも重要なわけでして(笑)

マイスクラップブック様がこのソフトの設定ファイルを公開されてはります。
http://scrapbook.mintgreen.biz/tmpgenc4xpress

とても参考になるのでいつもありがたく使わせてもらっております。

| Posted in ソフトウェア | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31