ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

自我 ― もうキャラクターが描かれたお弁当箱はよろしいそうで

September 27 2019

小学3年の娘、そして小学1年の息子がそろって「お弁当箱を変えたい」と言い出した。
日曜日に迫った運動会でお弁当を持って行くから、それを目前としたリニューアルのご提案である。
増税前の駆け込み需要とは違うらしく、そろそろ「キャラクターが描かれたのはなんか恥ずかしい」って事なのだろう。

最近の運動会は各自教室に戻って昼食を取る、というのが普通になって来てるらしい。
自分が子供の頃はそれこそ家族総出ででっかい弁当持ってきてみんなで食べた記憶があるのですが、よう考えると家族が誰も運動会に来れない家庭もある、って事が子供だったので見えてなかったのかも知れません。
最近の労働事情だと共働き家庭の方が圧倒的に増えているので、これの方が時代に沿ってるんでしょうね。

労働政策研究・研修機構の提供するデータグラフはこんな感じ。

自分が小学3年だった1980年とは完全に逆転してますね。
ま、でも子供は教室でお弁当食べるからいいとして、親は一旦帰宅せねばならんのか、というのは面倒くさい。
ひっそりと校庭の片隅でHotto Mottoの弁当でも食べたいとこなんですが(笑)
つーかきっと1980年だと、みんな校内でタバコや酒飲んでたような記憶が。。。
やっぱり「時代は変わる」というかモラルが変わったんですかね。

お弁当箱の話に戻ると娘は「アナと雪の女王」、息子は「キュウレンジャー」が描かれた物を現在使用している。
・・・・・・うんまあ、確かにちょいともう恥ずかしいかな、と思うし、育ち盛りの二人にはサイズも小さい気が。

というわけで近くの量販店なんぞに出かけてみても、あんまり良さげなのがない。
もういっそ、男の子には自分が使ってるサーモスの保温弁当箱なんぞどうよ?と見せたら即却下(笑)

THERMOS(サーモス)の保温弁当箱を買ってみた

で、ここは色々と検索してみると良さげなのを発見。

サブヒロモリ社の「ミコノス」シリーズ。
デザインがほんのりオールディーな感じで、容量も500mlと手頃。
何よりこの2つ、同デザインで2段の600mlモデルも用意されててカラーリングも豊富。

今回娘が選んだのは手前の白、息子は奥の赤。二人とも1段モデルの500mlを選びよりました。
電子レンジ対応、自動食洗機対応しているし何よりこのデザインであれば飽きもこず長く使えるんではなかろうか。

何よりカラバリの色もなんとも好みの色なんですわね(笑)

あとは・・・・中に入れるモンがこれに負けてまわんようにせんとな・・・

| Posted in 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Sep 2019 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31