ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

もはや恒例行事?長男再び緊急入院

April 14 2014

前日から高熱が出ていたものの割と元気だった長男(1歳5ヶ月)ですが
病院に連れて行こうとまずは電話で症状を伝えてみると
そりゃ入院でしょう、となって急に入院が決まりました。
前回は徹夜明けに演奏仕事という日に緊急入院したのですけども、
もはやここまでくると春の風景と同じく、桜と共に緊急入院みたいな感じです。

まずは様子見で病院に泊まってもらう、というスタンスなのですが
そうなると嫁さんは付き添い入院って事になるので
必然的に僕と娘の二人暮らしという事になります。
家事などは普通に出来るので構わないのですけども、問題は仕事。
なにぶん、夜に家にいない事が多い職業なので娘だけを家に置いていけないのです。

とりあえず今日の夜は何も予定がないので大丈夫だったのですが
問題は長男の入院が長引いた場合にどうするのか、という事。
まずは広島の義母に連絡を取って、まず予定を確保して来てもらう事にして
明日以降に長引く場合は広島に連れて帰ってもらう予定を立てる。

それにしてもこういう場合、父子家庭や母子家庭の場合どうなるんでしょ。
例のあのベビーシッター事件の事などがやっぱり頭をよぎりますけども
他人の家に預ける、とかそれこそ仕事どころではなくなってしまうと思います。

一度、市役所に電話してこういう場合行政のケアはあるのかどうかを
確認しておかなければなりませんね。
多分、冷たいだろうなとは思うんですが。

娘も三歳半にもなると、さすがに物わかりが良くなっていて
自分の弟、お母さんが今大変だという事は認識している様子。
お風呂に入るのもご飯食べるのも非常に協力的で、
お風呂の後には「ドライヤーで髪を乾かせ」なんていうちょいと生意気な場面も。

「わたしらもがんばろーね」などと親父を泣かせるような事を言ったりする
娘のとてもけなげな一面が見れてなかなか楽しい夜となりました。

| Posted in 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31