ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Nullsoft,Winampの開発、配布を2013/12/20に終了

November 21 2013

昼過ぎに起きて、ぼんやりとTwitterのTLを眺めてたら悲しいお知らせが・・・

Nullsoft、定番メディアプレイヤー「Winamp」の公開終了を宣言
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20131121_624583.html

米Nullsoft, Inc.は20日(現地時間)、マルチメディアプレイヤー「Winamp」の最新版v5.66を公開するとともに、12月20日で「Winamp」の公開 を含む“Winamp.com”の全サービスを終了することを宣言した。v5.66は「Winamp」最後のバージョンとなる予定だという。

「Winamp」は、15年以上の歴史をもつメディアプレイヤーで、プラグインによる機能拡張やスキンによるデザイン変更、インター ネットラジオ“SHOUTcast”対応など、先進的な機能を搭載し、常に定番の地位を維持してきた。現在でも「Winamp」互換のプラグイン機能を搭 載したメディアプレイヤーが数多く公開されているなど、その影響は大きい。初回起動時にラマの鳴き声とともに再生される“Winamp, it really whips the llama’s ass”のセリフに聞き覚えがある人も多いだろう。

Winampは実は未だにメインのプレーヤーとしてお世話になってまして
このいきなりの配布終了宣言には驚きました。
なんせiTunesは正直iPodなどが無ければ使い勝手が悪すぎるので使いたくないし
Windows Media Playerはデザインが気に入らない。

Ver2の頃からずっと使って(3はさすがに避けたけど)きたし
プラグイン拡張でASIO対応カードに直接出力できたりしたので便利なんですよね。
「Winamp日本語化キット」を別に当てなきゃならなかったり、それなりに導入に
手間がかかったりしてたのもよい想い出だったり。
Ver5以降はまた2.x系ベースに戻り、ライブラリ機能の追加や
(部分的ではあるが)日本語にも対応したりして使いやすくなったのですが、
ここ最近は確かにバージョンアップも遅くなってました。
なんとなく「大丈夫かな?」とは思ってましたが・・・・

それにしても「時代」って事なんですかねえ。
AOL社はICQに引き続きこのWinampも手放す事になるって事か。

ただまだ未確認ですが、
Winamp、そしてShoutcastをMicrosoftが買い取るかもというニュースが出てます。

しかし今日(米国時間11/21)、Techcrunchが入手した情報によると、AOLはWinampとこれもNullsoftから買収したスト リーミング・サービスのShoutcastの売却をめぐってMicrosoftと交渉中だという。なおAOLはShoutcastについても来週に終了を 発表する予定だという。

この件についてAOLはコメントを避けた。Microsoftにも問い合わせているがまだ回答はない。情報源によれば、価格をめぐって交渉は継続中だという。サービスが両方共生き残る可能性は低いようだ。

うーむ、これも厳しそうだなあ・・・・

とはいえ、起動しなくなるってわけではないので、
セキュリティホールなどが見つかるまでは使えるっぽいので大丈夫かな。
この際、Foobar2000に乗り換える事も考えてみるか・・・・

| Posted in ソフトウェア | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Nov 2017 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31