ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

長男が生後4ヶ月を迎えました

March 18 2013

長男が生まれて明日でちょうど4ヶ月になります。
まだそれだけしか経ってないのかあ、とも思いますけども
最近は首をぐいと持ち上げて「アー!」と雄叫びを上げたりとか
おむつを替える時に猛烈な連続キックを見せて、大惨事になったりとか
すくすくと育っている様子です。

心配されてた長女の「赤ちゃん返りによる弟への嫉妬」も全くなくて
お母さんと同じ事を私もやりたい!と言わんばかりに世話を焼いております。
弟の手を持ってお遊戯させてあげる際の力加減には
見ててハラハラしますけれども、当のご両人はヘラヘラ笑っているので
まあ、これでいいのではないかなと恐る恐る遠巻きから監視しております。

長女が生まれて半年ぐらい経った時に、ある飲食店に行ったんですけども
そこで他の家族(夫婦+3歳児(女の子)+新生児)を見ました。
その時、その夫婦は新生児を椅子に放り出したまま普通に食事をしてまして
「うわー、あんなんとてもじゃないけど心配で出来へんよなあ」と
夫婦で話していたんですけども、なんのことはなくて
今では全く同じ事が我が家で展開されております(笑)
やっぱり二人目、というのは色んな事が経験で積み重なってるんですね。

長女の時と違って面白いなあ、と思うのは僕がギターを弾いた時の反応です。
長女は新生児時代はギターを弾いても全く無反応で、喋れるようになると
僕のギターのネックを掴んで「ないない!(これを今すぐしまうんだ)」と
ギターを弾くこと自体をとても嫌がっておりました。

「・・・・お父さん、これでおむつとかお菓子とか買ってるんだけどなあ・・」と
しぶしぶスタンドにギターを戻す日々が続いていたんですけども
長男はギャンギャン泣いてる時にギターを弾くとピタッと泣き止みます(笑)
しかも曲を選ぶみたいで、普通にコードストロークやアルペジオだと
引き続き泣き続けているのですれども、いわゆる「リフもの」のロックが大好きな様子w
「Born to be Wild」とか「Jumpin’ Jack Flash」などのロッククラシックのリフが
いたくお気に入りの様子で、最近では足をバタバタさせて反応するようになりました。

それに気分を良くしてあらゆるリフを弾き続けていると
いつの間にか寝てしまう、という毎日が続いております。
アコギで無理矢理弾いている現在ですが、寝かしつけ用にゾウさんギターでも買おうかな(笑)

最近は長女も「ギターアレルギー」が治ってきた様子で、一緒に踊ったりしています。
これは「弟が泣き止むのならば」という判断で許してくれているのかも知れませんw

ま、小さい頃たとえこんなんだったとしても
大人になった時に「ふーん、覚えてへんわ」って反応されるのは重々わかっているので
こうしてブログに記しておこうと思った次第でございます。

| Posted in 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30