ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

液晶 ― あなたのいない右側にACERのK242HLbidがやってまいりました

January 17 2019

さて、今年に入っていよいよダメになったサブ液晶ディスプレイ。
ざっと見て「ああ、これにしとこ」と買ったのがACERのK242HLbid。
最安値がAmazonだったんで届くのも早かったです。

同じ24インチですがメインディスプレイは1920×1200(WUXGA)なのに対して右側が1920×1080(フルHD)。
前回もこの組み合わせでしたが、同じ24インチになったので文字の大きさなどが揃ったのがヨロシ。
やっぱり大きい画面1枚よりもこの横に並ぶダライアス感が好きです(笑)
ダライアスなら左にももう一つ置かなきゃなりませんが、物理的に机に置けませんw

もちろんダライアス筐体を自作してはる人達もたくさんいはります。
https://ameblo.jp/arcade-cabinet/entry-11980101458.html

仕事で使っていくという前提でまずやらなきゃいけない作業があります。
それがカラーマッチングという作業ですが、メインディスプレイは昔けっこうマメにやったのでそれに合わせて右側をほんのりと調整するって事に落ち着きました。
(写真は調整前なので派手に色味が違っております)

単純にスペックだけで見るとメインの液晶ディスプレイのI/O DATA LCD-TV241XBRは応答速度16msで最大消費電力は105W。
なんせ発売が2006年ですからそれなりにレトロ機種なんですな。

それに対して新入りのACER K242HLbidは応答速度5msで最大消費電力は20.9W。
もう新入りをメインにせんかいな、という感じでもあるんですがバックライトの違い(メインは古いのでCCFLバックライト、新しいのは白色LEDバックライト)のせいなのか、はたまた見慣れているせいなのかメインの方が作業してて楽なんですわね。

一番驚くのはやっぱり価格。
このメインの液晶ディスプレイを買った時は確か8万円ぐらい出した気がしますです。
もちろんHDMI端子なんぞまだついてない頃の製品でしたし、それなりに気合入れて買った記憶。

今回のディスプレイはなんと12863円です。

いやはや。最近はホンマに安くなりましたね液晶ディスプレイも。
これでバリバリとお仕事しーましょっと。

| Posted in PC関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jan 2019 February 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28