ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

再度、市民プールへ

August 03 2015

ライブから帰りすぐに睡眠。
朝になるとチビらが僕を起こしにやってきた。
なんでも今日は嫁さんも仕事がお休みという事らしい。

長女が「プールに行きたい!」と言うので「どっちの?」と聞き返すと
「波のあるとこ!」らしい。

恐らく最初に行った鶴見緑地のプールの事を指すのだと思うけど
あの時はまだ夏休み前の平日だったので、ガラ空きだった。
しかし、今はもう夏休み期間中。
ネットの噂によるとあのプールはそれこそ外にまで行列が出るありさまらしい。
車で1時間かけて出向いていってそういう有様だとどうにもならない。
なので、なんとか長女を説得して近場の西河原市民プールに目的地を設定する。

10時前後にプールに入ったら、前に来た日曜日よりかなり空いていた。
ただし、夏休み期間中って事で客層がかなり違っていました。
子供達だけで来てる団体や、いかにも「夏休み期間中だけ金髪にしました」という
ヤンキー予備軍達がうじゃうじゃ。
飛び込んだり走ったりする無法者が増えているせいか、監視員達も声がしんどそう。

2歳の息子は3度目になるこのプールでは水に入る事に対して
泣きわめく事はなくなったものの、まだ水の中で手を離されるのは怖い様子。
流れるプールの途中に設置された落とし水(滝の様になってる設備)の下に差し掛かると
顔にかかる水を拭き取りたいけども、怖くて手を離せないというジレンマに陥って
ただひたすら目をつぶって堪え忍ぶというその表情に笑いがとまりませんでした。
面白いのでそれを数度繰り返していると「あそこ(滝を指さして)いやーーー!」と
思いっきり拒否するようになりました(笑)
一応学習能力はあるようで一安心(違う)

5歳の長女はかなり楽しみ方を覚えてきたみたいで、子供用のスライダーに
一人で挑戦したり、顔を水につける事に挑戦したり
めいっぱいプールを楽しんでおりました。
もう少し大きくなれば一緒にウォータースライダーとかに乗れるけど
やっぱり120cm制限の所が多いので今は仕方ないですな。

夕方4時の休憩時にここを離脱。
長男はかなりグロッキー状態(そりゃそうだ)でかなりぐずってたんですが
長女が帰る事を断固拒否。「まだ疲れてない!まだ遊べる!」とかなりご立腹の様子。

なんとか説得してふくれっ面のまま車に乗せましたが
なんの事はなく5分もしないうちに眠ってしまいました。
やっぱり炎天下の水遊びってかなり疲れる様子です。

もちろん親もかなり疲れました。
晩ご飯を食べて午後9時あたりには眠りに落ちてしまった様子です。

この夏、まだまだ一緒に水遊び出来るかな。
5歳と2歳になってようやく家族みんなで遊べるようになったなあ、と
感慨深い我が家の夏でございます。

| Posted in 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31