ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Fireworksが開発終了・・・ではないのかなこれは

May 08 2013

ついこの間、Fireworksの事を書いた矢先にこの発表。

Adobe、Web画像ツール「Fireworks」終了へ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/07/news030.html

ITMediaさんの記事によりますと(以下引用)

米Adobe Systemsは5月6日(現地時間)、Webページ向けグラフィックスツール「Adobe Fireworks」の開発終了を発表した。同日発表の、6月に予定されているCreative製品のアップデートにFireworksは含まれない。

Creative Cloudへの移行に際しては、Fireworks CS6として提供を続け、バグ修正やセキュリティ関連のアップデートは継続する。

開発終了の理由は、Photoshop、Illustrator、Edge Reflowなどの他のAdobe製品との機能の重複が年々増えていることや、Web向けツールとして、従来よりもモジュール化したツールを提供する方針にシフトしてきていることという。

2005年にMacromediaを買収した際に、いつかこんな日が来るとは思ってたけど
こういう形での終了とは思いませんでしたねえ。

開発終了、とアナウンスされてはいるけれども
各人で捉え方はそれぞれ異なるようで、バグ修正とかセキュリティ関連の
アップデートはそのまま継続するみたいなので、大丈夫なんじゃねえ?って人や
「うちの会社、全部Fireworksなのにー!」と途方にくれてる人などなど
なかなかWeb関連は賑わっていた様子。

この前のエントリーでも書いたけれども、自分は最近ほぼ使ってなかったので
「あ、そーなの。あらー、長いことお疲れさんやったねえ」
って感想しか正直出て来ません。

それよりも今後、Adobeが
「スタンドアローンでのアプリケーション販売はしない」って事の方が
自分には時代の流れを感じずにはいられません。

Creative Cloudは月額5000円で全部のアプリケーションを使えるサービスですが
Adobeもここに来て「確実な月額の定期収入」が欲しいんだな、と(笑)
正直CS4以降のアップデート内容って、そんなに目新しさがなかったですし
「高いねん正直」って気持ちの人もけっこう多かったですしね。
自分もCS5.5の段階で、何が新しくなっとんのか全然把握出来てませんし
普段の仕事も「CS6がなくちゃ困る!」なんて思ったことないですから。

「もうこのままでいいわ。買い替えめんどくさいし」っていう
気まぐれなユーザーを相手にするよりは、月額5000円を確実に狙う方が
このご時世に合ったビジネススタイルなのかもしれませんね。

マイクロソフトもいずれOfficeのパッケージ販売をやめてしまうのかなあ。

自分に取っては「仕事道具」を提供してくれてる所なので
そりゃ潰れてもうたらめっちゃ困るわけですし、がんばってほしいですね。

あ、僕ですか?
しばらくCS5.5を使い続けますよ。
困った時にAdobeのサイトに行って5000円払ったらいいわけですからね(笑)

| Posted in ソフトウェア | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31