ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Windows8.1配信開始!密かに追加されたフォントが話題に。

October 18 2013

10/17からWindows8.1のアップデートプログラムが配信開始されました。
Windows8ユーザーは無償でアップデートできるそうです。

新機能はこちらの記事が一番読みやすくてまとまってます。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/178/178758/

あのめんどくさい電源の切り方、そしていちいちタイル画面を経由しないと
デスクトップが表示されないなどなどが改良されております。
なんといっても(やはりというべきか)スタートボタンの復活が
今までのユーザーには一番納得のいく改良点ではないでしょうか(笑)
(とはいえ、7までのものとは若干使い勝手が違うようですが)

この記事では触れられてませんが、Web制作者である自分が「おっ」と思ったのは
新しい日本語フォントがOSレベルで追加された事でしょうか。

http://www.asahi.com/tech_science/cnet/CNT201310110094.html

日本語フォントとしては、日本語環境に適した現代的なタイポグラフィーの必要性を背景に、Windows 8.1ではモダンフォントを採用した。MSゴシック3書体、MS明朝2書体、メイリオ2書体に游(ゆう)明朝、游ゴシックを新たに追加した。

これは、字游工房からライセンスを受けたもので、それぞれ細字、標準、太字(游明朝では中太)に対応。文字コレクション「Adobe-Japan1-6」に対応するとともに、既存のMSフォントとの互換性を持つという。2つの新たなフォントは、Windows APIにより、Windowsストアアプリから游フォントを指定することが可能だという。

このフォントは字游工房が販売しているフォントで
普通に買うと1セット30000円もするもの。

もともとはWindows Phoneに搭載されていたフォントなので
今回のアップデートでモバイルとの互換性を高めたい意図があったんでしょうね。

このフォントが含まれているだけでもとてもお得な気がしますが、
まだWindows8を使う気がしない自分はまだまだ他人事・・・・・

のはずですが!

これが後々標準フォントとなってくると、制作する時にめんどくさそうではありますね。
どっちにせよWindowsのフォントレンダリングはまだまだMacには及ばないみたいで
逆にあの「ギザギザ」じゃないと気持ち悪い(僕もそうですw)人もいますんで・・・

メイリオにもようやく慣れたかな、って所なのになあ。

Windows 8.1の新日本語書体に関する感想まとめはこちら。(Togetterまとめ)
http://togetter.com/li/578596

| Posted in PC関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31