ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

予定変更ラッシュ ― 京都水族館と梅小路公園

March 26 2016

10時頃目覚めるとすでに「外に遊びに行きたい」というオーラを発しているチビら二人。
土曜日でお休みって事で部屋の掃除をしたい、という嫁さんの意向を汲み
「じゃあちょっと連れて出てくるわ」とチビらを車に乗せてあてどなく出発。

とりあえずコンビニでジュースを買って「どこに行こうかな」と考えてました。

とはいえこの時点ではそんなに遠出する事は考えておらず、
適当にトイザらスでも連れて行くかと思っていたのだけども、
そこに向かって走って行く途中で長女が
「飛行機見たい!飛行機!」と伊丹スカイパーク行きを提案。

まあ、それもよかろうと国道171号線に出る直前に
「やっぱり動物園がいい。動物園!」と。
動物園か・・・・・あ。
朝からなんも食ってないし、ここは伝説のイケメンカフェでメシ食ってから
京都市動物園に移動すればええがな!という判断をする。
すでにこの時点で思いっきり遠出になるのではあるが。

高速に乗って京都に移動。
国道2号線を北上して、東寺にぶち当たり高架を越える為に大宮通を北上。
そしてJRの高架を越える時点で左前方を見た長女は
「あ!!水族館!!やっぱりあそこ!!」とまたも目的地変更を余儀なくされる。
ちなみに家を出てからここまでの間、長男は爆睡しておりました(笑)

前回、京都水族館を訪れたのは2014年1月
さすがに長男はその時の記憶はないだろうし、ほぼ初の体験となるはず。
その時に車を止めた高架下パーキングから梅小路公園内をブラブラと歩いて移動する。

公園内の工事はすっかり終わっていて、遊具を兼ね備えた立派な公園として変貌していた。

2016-03-26 14.11.51

ただ、弁天町の交通科学博物館と合併して誕生する鉄道博物館は
来月のオープンだったのがちょいと残念。
まあ、なんのリサーチもなく気づけばここに来ているわけだしそりゃ仕方ない。

京都水族館は思ってた以上に人が少なくてちょいとびっくりしてしまいました。
さすがに当時の熱狂は冷めてしまったのか、それとも値段と内容のバランスに
みんなが気づいてしまったのか定かではありませんが、春休み期間中の土曜日とは
とても思えない快適さ。

2016-03-26 12.31.33

2016-03-26 12.38.30

入館後、30分ほどでイルカショーが始まるって事でイルカスタジアムに移動。
ここのイルカショーといえば、野生が残るフリーダムイルカとして話題だったのですが
さすがにあれから2年も経つとショーの内容も完全にリニューアルされており
白浜の様に「回転ジャンプでボールタッチ」などという大技はないですが
「お客さんと鳴き声のコールアンドレスポンス」などなど、ライブ的要素を
とてもうまく取り入れてました。

司会のお姉さん二人が腰と足に着けた太鼓を叩いたり、側転を見せたり
サプライズゲストとしてペンギンが登場するなど、2年前のグダグダ感とは大違いw
お姉さんもとても明るく元気で楽しそうなのがよかったです。
人前に出たのなら嫌々な感じは決して出してはなりません(笑)

2016-03-26 13.09.57

このように2匹揃ってジャンプが出来る様になるなんて・・・・・

イルカショーが終わった途端に展示内容に一気に興味が失せたらしく
あとは梅小路公園内に飾ってあった「市電カフェ」でアイスクリームという流れに。

2016-03-26 13.41.50

その後は公園内でボランティアによるこんなイベントに参加したり。

2016-03-26 14.22.44

コマ回しや輪投げ、けん玉に興味を示し暴れ回る長男を尻目に
長女は一心不乱に工作活動をやっておりました(笑)
おかげで長男に集中出来たのでとても楽ではありました。

チンチン電車に乗ったり、市電を見学したりと夕方までガッツリと遊びました。

2016-03-26 15.29.56

2016-03-26 15.36.21

それにしても市電の内装は本当に素晴らしい。残すべき文化財ですね。

なんやかんやと帰宅したのは17時半。
ちょいとそこまでのつもりがエーライ大移動になってしまいましたが
親父だけでも文句言わずに機嫌良く遊んでくれる様になったんだなあ、と
チビらの成長にとても感慨深い1日なのでした。

| Posted in 育児 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Feb 2017 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31