ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

繁殖 ― 繁殖力には定評のある2種がやってまいりました

November 17 2018

ネオンテトラが来てだいぶと華やかになった我が家の水槽。
趣味の沼にハマるとありがちなのがそれらが扱われているお店を新規開拓してしまう事。
家族で遊びに行っても、ついついそういう所に寄ってしまう。

で、寄った先で子供達が「これ欲しい!」と新しいお魚ちゃんを購入してしまう、と。

と、子供らが欲しがったのが定番の「グッピー」のつがい。
ハデな色はオスで地味なのはメス。
ギラギラの旦那に地味な奥さん、というのはユニコーンの「スターな男」を彷彿とさせる世界ですな。

そして同時にいなくなってしまったオトシンクルスも2匹導入。
(しかしこのオトシンクルスも片方は二日後に死亡)

昨日立ち寄ったホームセンターで長男がどうしても!と食い下がったのがこちら。

ミッキーマウス・プラティ。しっぽ部分にあの著作権モンスターのネズ公をもじった模様があるのでこの名前。

と、このプラティはつがいなのかどうかは不明ですが、なんやかんやと増えている状態。

ここで水槽内をリストアップ。導入順。

  1. 黒デメ(歴戦の古株。CVは永井一郎):1匹
  2. コリドラス(相変わらずマイペース):3匹
  3. ネオンテトラ:10匹
  4. グッピー:2匹
  5. オトシンクルス:1匹
  6. ミッキーマウス・プラティ:2匹

水草はこういう状態。昨日、初めて砂利に埋める肥料を投入してみました。
砂利底にいままで肥料を投入してなかった、というのもちょいと無茶な話みたいですが様子見で。

色合い的にはちょいと大きめの黄色い魚がいればなあ、と思うのでゴールデンハニードワーフグラミーを探しに行こうかと思っています。

| Posted in 魚飼育 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Dec 2019 January 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31