ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

PS3 Media ServerとAvel Link Player(AVLP2)の組み合わせを模索

September 05 2014

晴れて自分のPCにPS3 Media Serverをインストールして、DLNA環境が出来上がったのだが
リビングに置いてあるAvel Link Playerからの再生がどうもしっくりこない。

我が家のAvel Link PlayerはAVLP2というそれなりに古い機種。
(I/O DATAの公式サイトはこちら

I/O DATAのAvel Link Player(AVLP2)。2007/8/22 生産終了

I/O DATAのAvel Link Player(AVLP2)。2007/8/22 生産終了

いわゆるDivx全盛期の頃に発売されたものなので、対応するファイル形式が
今となってはなかなか貧弱なのである。
最近の主流であるH264(mp4)なんてのはもちろん再生出来ない。
なので、我が家のファイルはwmv形式が最近では主体になっていた。
(スマホやiPadでのみ見るファイルはmp4形式にはしてある)

しかしこのPS3 Media Server(以下、PMS)。
AVLP2からは簡単に見つかり、今まで見れなかったものも再生出来る様になったのだけど
途中で止まったりとか音ズレが始まったりとか、早送りなどのシークが出来なかったりとか
なかなかすんなりとは動いてくれないのである。

見れなかったファイルが見れるようになった、というのは
サーバー側でトランスコードをしているからだ、とは頭で理解出来たし
実際にAVLP2にもそういうソフトは付いていた。
が、今まではLANDISK経由でしかファイル視聴した事がなかったので使った事がなかったのだ。
AVLP2からPMSを見に行くと、ファイル名の末尾に[MEncorder]という文字が付いている。

そして一番の問題なのは、対応している形式のファイルですら上記の症状が出ている事。
これはちょっと放置するわけにはいかない。
なので、色々と調査をしてみることにした。

AVLP2の電源を立ち上げて、ファイル再生をするとPMS側でログが記録されるのだけど
AVLP2はなぜか「Popcorn Hour」という機種名で認識されている。
Popcorn Hourは株式会社エンティスが販売しているネットワークメディアプレーヤーであるが
正直、現物は一度も見た事がない(笑)

PMSはサーバー起動した際に、インストールディレクトリの/renderers/の中にある
機種名.confファイルを全て読み込んでから配信を開始するようで
じゃあ「このPopcorn Hourという機種の設定ファイルをいじればいいのでは」と思いついた。
そして可能ならばAVLP2に対応しているファイル形式はトランスコードさせずに
そのままAVLP2に渡すように出来れば、PCにも負担がかからなくて済むだろう、という考え。

一旦PMSを終了させて、/renderersフォルダを覗いてみると・・・
PopcornHour.confというファイルを見つけた。
中に書かれている内容はこんな感じ。

#----------------------------------------------------------------------------
# Profile for Popcorn Hour.
# See PS3.conf for a description of all possible configuration options.
#
RendererName=Popcorn Hour
RendererIcon=popcornhour.png
UserAgentSearch=POSIX|SYABAS|SMP8634|Firefox/0\.8\.0|C200
Video=true
Audio=true
Image=true
SeekByTime=false
TranscodeVideo=MPEGPSAC3
TranscodeAudio=LPCM
DefaultVBVBufSize=true
MuxH264ToMpegTS=true
MuxDTSToMpeg=true
WrapDTSIntoPCM=false
MuxLPCMToMpeg=true
MaxVideoBitrateMbps=0
MaxVideoWidth=0
MaxVideoHeight=0
TranscodeExtensions=
StreamExtensions=mkv,hdmov,hdm,flac,fla,dts,ogg,asf,asx,m2v

気になったのは一番下のTranscodeExtensionsとStreamExtensions。
ここでトランスコードさせるかさせないかの判断をしているとみて、
StreamExtensionsにAVLP2が元々対応しているファイルの拡張子の中で
特に不具合のひどかったwmvとaviを足してみた。

StreamExtensions=mkv,hdmov,hdm,flac,fla,dts,ogg,asf,asx,m2v,wmv,avi

confファイルを保存した後でPMSとAVLP2を再起動。
AVLP2からファイルを見に行ってみると・・・・
wmvとaviファイルの末尾にあった[MEncorder]の文字が消えてる!

再生させてみるとトランスコードする事なしに再生が始まり、
音ズレも解消されて、シークも出来る様になりました。

このように、まずログを見て認識されてる機種名を判断してから
confファイルを書き換えてやれば様々な設定が出来るっぽいです。

しかし、TSファイルなどをトランスコードさせて視聴してみましたが
カクカクしてるし、シークも出来ない状況でした。

前のエントリーで書いた様にいずれはPS3に置き換わる予定のAVLP2。
各設定項目を色々といじればもっと細かい設定が出来そうですが
以前までの環境さえ保持出来ればそれでOKなので、今回はここまでという事で。

| Posted in ソフトウェア | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31